何度観ても実に味わい深い作品!
2021-04-11 15:13 この記事だけ表示
 雪組東京宝塚劇場公演千秋楽『f f f−フォルティッシッシモ−〜歓喜に歌え!〜』ライブ配信観ます!
2021-04-11 01:50 この記事だけ表示
 雪組トップスター望海風斗の退団公演『f f f−フォルティッシッシモ−〜歓喜に歌え!〜』の主題歌のタイトルは、「ハイリゲンシュタットの遺書」(作詞:上田久美子、作曲:甲斐正人)である。――退団公演の主題歌が「ハイリゲンシュタットの遺書」。思わず何度もかみしめる。ベートーヴェンその人が書いたその文章を読む――絶望した彼をこの世に引き止めるのは、ただ芸術への思いである。そして、望海扮するベートーヴェンの絶唱を心に思い起こす。
「♪たとえ命/たとえ魂/この体が朽ち果てても」
 魂の叫び。
 ――ベートーヴェンが望海風斗に降りてきたかのようだった。ベートーヴェンが取り憑かれたかのように作曲する様と、望海風斗が取り憑かれたかのようにベートーヴェンを演じる様が、相似形を成す。音楽への愛が、二つの魂をつないでいる。
 文句なしの傑作で、決定的な当たり役を出して、退団していく。歓喜!
 『シルクロード〜盗賊と宝石〜』は、『BLUE・MOON・BLUE−月明かりの赤い花−』の流れにある作品である。ターバンも中国服も実によく似合い、エキゾティックな世界の中に生きる男役・望海風斗を最後に観ることができた。
 望海風斗は芸の人である。真面目な優等生のイメージが強かったけれども、次第にその人となりが舞台でもどんどん出てくるようになった。彼女の有名なエピソードの一つとして、ファン時代、憧れの天海祐希に語りかけるように日記を書いていたという話がある。トップお披露目作品『SUPER VOYAGER!−希望の海へ−』にも取り入れられたこのエピソードが物語るのは、彼女のどこかとぼけたおもしろさである。ベートーヴェン役で“謎の女”と見せたおかしなやりとりにも、そんな個性が表れていた。トップ時代の作品で、『20世紀号に乗って』『NOW! ZOOM ME!!』がとりわけ心に強く残っているのも、同じ理由による。
 そして彼女はフィギュアスケート好きとしても知られている。浅田真央とテレビ番組で対談したこともあるし、雑誌「宝塚GRAPH」に羽生結弦の「SEIMEI」ポーズで登場していたこともあった。――だから、フィギュアスケートを観て、書くとき、いつも望海風斗のことが念頭にあった。芸の人である彼女に恥じることのないような文章を書きたいと思った。2019年の「NHK杯」を真駒内に観に行ったときも、ホテルの部屋に戻って、かつて彼女が天海祐希に語りかけて日記を書いたように、「望海さん、どう思う?」と、心の中で語りかけながら書いていた。そして、かの地で知った。――どう考えても貴方の方が大変でしょうという局面で、人のことをとっさに気遣える、そんな強さと優しさが、望海風斗と羽生結弦の共通点なのだと――そして最近、片岡仁左衛門もまたそのような人であることを知ったけれども。
 男役・望海風斗が宝塚の舞台で観られなくなるのはさみしい。でも、今後、女優として、ミュージカルの舞台を中心に幅広い活躍を見せていく人だと確信しているから。芸を着実に積み重ねて男役トップスターに昇りつめた人なので、女優に転身しても、また着実に芸を積み重ねて開花していくと思うから。トップスターの先輩、柚希礼音もアイスショーに出演している。望海風斗の出演も望む。望海風斗のあの歌声で、スケーターたちが滑る。望海風斗も滑る。観たい!
 今、こうして書いていて、…彼女の存在に支えられていた自分に改めて気づいて、ここで道が分かれるとは絶対に思いたくなくて、歯を食いしばって明るい未来を思い描いている私がいる。
2021-04-11 01:43 この記事だけ表示
 あっぱれな退団である。宝塚を愛して、宝塚でやりきって、そして、自分が舞台人として今後歩んでゆく上で何が必要かもわかった上で、雪組トップ娘役真彩希帆は新たな世界へと旅立っていく。これぞ“卒業”である。
 『f f f−フォルティッシッシモ−〜歓喜に歌え!〜』で演じた“謎の女”は、宝塚の代表作の一つである『エリザベート』のトートをも思わせるキャラクターである。常にベートーヴェンとも、すべての人間とも共にあり、これを見守る。ベートーヴェンが“謎の女”を抱きしめ一つになる瞬間は、『エリザベート』のラストでエリザベートが“トート=死”を受け入れ一つになる瞬間とも重なる――その意味で、『f f f−フォルティッシッシモ−』は興味深い『エリザベート』論たりえてもいる。そうしてトートを彷彿とさせるキャラクターを、真彩は娘役ながら演じる。聖から俗へと自由に行き交う歌声を響かせて。彼女が正体を明かすくだりでは、フランク・ヴェーデキントやベルトルト・ブレヒト作品のヒロインが遠く揺れているような思いがした――。『シルクロード〜盗賊と宝石〜』の<大世界(ダスカ)>の場面でも、歌姫の役どころで聴かせるラップが実に魅力的。
 娘役の地平を持てる力で可能な限り押し広げて、そして、女優との境界線に立って、揺れつつ、でも、宝塚にいる限りは、トップ娘役である限りは、娘役として己に課した矜持をあくまで守らんとするその姿を、――見事だと思った。
 まだまだ行ける。もっともっと行ける。貴女はこれからその道を探しに行く。広い世界に探しに行く。その上では、自らの内に封印したものをーー娘役の矜持を守るために封印したものを――解き放っていい。その封印の様が最後まで実にあっぱれだったからこそ、そう強く思う。
 宝塚の娘役は、女性の中の美の要素を抽出して体現する。でも、現実の女は常に美しくなんかない。そんな女たちを演じて魅力を発揮する女優にもなれる人だと思うから。
 ――あのとき、確かに最初はめちゃめちゃムッとしましたが(笑)。でも、あの貴女の仕草、表情、今振り返ってみると、とってもキュートだった!
 芸の火の玉娘、GO!!!
 恋に身を焦がす女を演じる日を楽しみにしている。
2021-04-11 01:40 この記事だけ表示
 テレビで海援隊が「贈る言葉」を歌うのを観ていても、彩凪翔が『NOW! ZOOM ME!!』で演じた“アヤナギ先生”を思い浮かべてしまう自分がいる。「人という字は〜」「先生、それ、『入』!」と、心の中でコントを再現。「贈る言葉」にまつわる私の記憶あれこれが、アヤナギ先生一色に塗りつぶされている。それくらい、強烈な印象。振り返ってみれば、『るろうに剣心』で演じた悪役メガネキャラ、武田観柳役も強烈だった。「♪ガートガトガト」のガトリング砲の歌が忘れられない。――クールな美形なのに、どこかの地点で壮絶に振り切れて凄まじい方向に行ってしまうのだろうか。でも、クールな持ち味もあって、いつでも品があるのが強み。
 昨年3月末、コロナ禍にあって上演された『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』東京宝塚公演千秋楽(生放送視聴)のジミー役の演技も凄まじかった。組合員として志あった男が、次第に悪に手を染め、権力を握っていく。いかにも中身がありそうで実は内容のないことを延々と饒舌に語る――こういう人、現代にもいる!
 『f f f−フォルティッシッシモ−〜歓喜に歌え!〜』で演じたのは、ベートーヴェン、ナポレオンと並び立つ文豪ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ。落ち着きのある演技で、多彩な魅力をもつ作品の重厚な側面のしっかりとした柱となっていた。『シルクロード〜盗賊と宝石〜』では、作品の狂言回し的存在ともいえる“キャラバンの男”を演じて男役の色気をふりまく。
 鋭い観察眼と批判精神、そして、舞台人としてのあの振り切れ方は、宝塚の外の世界でも大いに有用なものだと思う。これが私の、“アヤナギ先生”へ贈る言葉!
2021-04-11 01:36 この記事だけ表示