2002年の『モーツァルト!』日本初演で、主人公ヴォルフガング役として華麗に競演しながらも、共演の機会はほとんどなかったという二人による、一夜限りのコンサート。演じながら歌うことが心底好きなんだな…と感じさせる井上、音の響きをとことん味わい尽くすような中川、楽曲に対するそれぞれのアプローチの違いが非常に興味深い――そのアプローチの数だけ、ミュージカル界は大きく豊かなものになっていくわけだけれども。共演はなくても、同じ作品を一から作り上げた現場に一緒にいた経験からか、強い信頼感で結ばれていることが確かに伝わってくる。そして、音楽を通じて、共に歌うことを通じて、その信頼はさらに深まっていって。二人を主役に抜擢した『モーツァルト!』演出家の小池修一郎がトークゲストとして椅子に座ってせり上がってキュートに登場し、抜擢秘話も披露、厳しい中に愛あるエールを送り、それを受けての『モーツァルト!』からのナンバー、「僕こそ音楽」と「影を逃れて」がとてもよかった――とりわけ、「影を逃れて」は、『モーツァルト!』を演じていたころの二人が“アマデ”となり、今の二人を見ているような凄みあり。そして、オープニングに歌ったザ・スリー・ディグリースの「When Will I See You Again」(イギリスのボーイズ・バンド、ブラザー・ビヨンドがカバーしたバージョンも好き!)をしめくくりに再び歌ったのだけれども、この一夜で絆を再確認して、歌が深まっていたことに感動! I will see you two again!
2020-09-23 23:59 この記事だけ表示
 「井上芳雄&中川晃教 僕らこそミュージック」ライブ配信観ます!
2020-09-22 23:43 この記事だけ表示
 13時の部観劇(東京芸術劇場プレイハウス)。今のこの状況において、…自分に、他者に、世界に、このように向き合えたら…と、ノゾエ征爾の演出(翻案・脚本も)に深い共感を覚える舞台。宮沢氷魚と大鶴佐助の持ち味もじっくり引き出されている――大鶴は今後に注目したく、そして、いつまでも観ていたい…と思わせるほど、宮沢が役者として魅力的である。公演は明日まで、ライブ映像のアーカイブ配信は24日まで〜。
2020-09-22 23:42 この記事だけ表示
 …ドキドキハラハラした。濃ゆい回だった。しばし噛みしめさせて〜。
2020-09-20 23:28 この記事だけ表示
 諦念にじむ眼差しと声。僧侶の身でありながら、死を恐れる言葉に漂わせる俗っぽさ。覚慶役の滝藤賢一の演技に心惹かれる。
 そして、坂東玉三郎が正親町天皇役で大河ドラマ初出演! でも。御簾越しで顔がよく見えませぬ〜。来週まで待てない〜と思った方は、歌舞伎座にて26日まで上演中の九月大歌舞伎第四部へ是非。玉様による劇場案内、歌舞伎座の舞台機構がわかっておもしろいです。
2020-09-20 23:28 この記事だけ表示