日本シリーズの中継が長すぎやねん! それはさておき。

 宇野昌磨。炎のような、刃のような。転んでも、その事実に対する気持ちに引きずられず、自分の演技に邁進していく彼の精神力の強さに私は敬意の念を抱いている。
 友野一希。“ザ・エンターテイナー”の本領発揮が楽しみ。

 ポジティブな気持ちが伝わってきて、今日は樋口新葉のキレのいい演技を楽しむことができた(いいとき、悪いとき、気分が演技にはっきり出がちな人である)。いい方に心を安定させていって、観客にポジティブな気持ちを届ける演技をしていってくれたらと思う。化粧◎!
 山下真瑚は、9月のロンバルディア杯でも思ったのだけれども、素直な、伸びやかな滑りが魅力の人である。観ているこちらも思わず口元がほころんでしまうような、自然体のかわいらしさ。手先の表情等、磨けば光るところはもちろんまだまだ多いけれども、後半にかけてどんどん音と一体となっていく様にはぞくぞくしかけた。音楽性にさらなる可能性を感じる。
 どこかメカニカルな印象があったエフゲニア・メドベージェワは、平昌オリンピックのフリースケーティングからこっち、どんどん人間味が増していっていて…。失敗はあったけれども、この日の彼女の滑りが私は好きである。

 ただいま旅先なので、フリースケーティングは東京に戻ってからゆっくり観ます。
2018-10-28 01:26 この記事だけ表示
 7月にナイロン100℃『睾丸』を観て以来ずっと、結構深く思い悩んでいたので…、祈りが通じてよかったです(「主ダズン様」と「聖女アナコラーダ様」に、じゃありませぬ)。

(10月25日19時の部、本多劇場)
2018-10-26 00:07 この記事だけ表示
 この日の坂本花織の演技を観ていて、…映画『ピアノ・レッスン』の中で一番印象的だった、画面を占めるどこか寒々とした、荒涼たる景色が、記憶の奥底からふわあっと引き出されてきて。四半世紀も前に一度観ただけの映画だから、正直あまりよく覚えていないように思っていたのだけれども、記憶とは実に不思議なものだな…と感じた次第。
 宮原知子は少々緊張感が先行していたかなと…。彼女の几帳面で真面目な性格は美点なのだけれども、そこが前面に押し出されてしまうと、「一生懸命やっています!」というところが観る側に伝わってしまうきらいがあり。ジャンプの修正がとてもうまく行っているようなので、そこが自信になってくれば、緊張感と余裕とが両立できるようになって、この日ただよわせていた清純な色気――「色気は譲歩能力」とは橋本治の名言なり――もさらに増してくるような。
2018-10-22 23:40 この記事だけ表示
 坂本花織。かわいかったぞ〜!(アイメイクはまだまだ行ける!) 元気で、かつ、しなやかな大人の女性。ニュー坂本花織、いいじゃないですか。難しい三拍子の曲だけれど、ところどころ音楽と一体となりつつあって、全体通してそうなっていったときが見物。昨シーズンも思ったけれども、彼女の衣装はいつもセンスよし。
 宮原知子は、先日の「カーニバル・オン・アイス2018」で披露したショートプログラムでも、ところどころ心をふわっとのぞかせていて、…素敵だな…と思っていたのだけれども。今日はもう全編、フィギュアスケートへの愛に貫かれていて、小柄な彼女が、リンク上でとても大きく見えて、…落涙。彼女自身の意思が強く感じられる演技で、…たった一年でこんなにも大人の女性へと成長していっているんだな…と、大いに胸を打つものあり。
2018-10-21 23:14 この記事だけ表示
 熊川哲也芸術監督は、何と光に満ちた道を進んでいるのだろう――。4年ぶりに上演された『ロミオとジュリエット』を観て、そう感じずにはいられなかった(10月12日18時半の部&10月13日12時半の部、東京文化会館大ホール)。
 浅川紫織のジュリエット。宮尾俊太郎のロミオ。二人は、出逢った瞬間から運命付けられている――同じプロコフィエフ作曲の『シンデレラ』にも聞こえるどこか”doomed”の響きが、出逢いの刹那にもある。二人は、互いに愛することを教えるために生まれてきた。そのために出逢った。
 人は、愛することを知って初めて人となる――愛することを知るまでは、子供である。ジュリエットはネンネに過ぎないし、ロミオも恋に恋する少年である。両親から、乳母から、周りの年長の人間から、降り注がれる思い、愛を、ただ空気のように享受して生きているに過ぎない。それが。自分の中にも愛するという能力があることを知ったとき、人は初めて人になる。大人になる。自分の周りに広がる世界が、まるで違って見える。
 愛することによって、人生は、世界は、変わる。そして、自分も、他者も。
 浅川ジュリエットと宮尾ロミオのバルコニー・シーンに、熊川哲也が透徹して視ているのは、あまりに純粋な愛である。互いに、愛しか求めない。愛以外の何物をも求めない。何の打算も駆け引きもない。――そんな、輝かしいまでに純粋な愛は、残念ながら輝かしいまでに純粋とは言えないこの世界にあって、本来、到底成立し得ない。永らえられない。だから”doomed”――運の尽きた、不運な――なのである。この世に本来成立し得ない愛によって結ばれた二人は、当然死すべき運命である。この世にはその愛の呼吸できる場所がない。空気がない。
 ――けれども。私は、宮尾ロミオの亡骸を前に、浅川ジュリエットが自ら死を選ぶシーンで、思ったのである。愛は、生きる――と。
たとえ、人は死んでも、愛は残る。

 日にち変わって。小林美奈のジュリエット。山本雅也のロミオ。共に初役である。可憐に神に祈る小林のジュリエット。初々しく瑞々しい山本のロミオ。まさに初恋、まさに青春である。
 バルコニー・シーン。ここぞとばかりに妙技を繰り出す山本ロミオは――彼は、フィギュアスケート界期待の若手、友野一希に雰囲気がどことなく似ている――、好きになってしまった女の子にいいところを見せたい! と張り切る青年の魅力にあふれている。芸術監督からして、そんなチャーミングな存在だったな…と振り返ってみる。そして、積み重ねられてきた時間の光で照らした今の熊川哲也はといえば、このシーンにおいて、若き二人に、愛すること、その尊さ、その営為を芸術上描き出す尊さについて教えているのだった。
 愛を教える――愛する。この世に、それ以上に大切なことがあるだろうか。
 そして、思うのである。この世に本来成立し得ないはずの純粋な愛も、芸術の名のもとにおいては、見事に成立し得ていることを。そうでなくては、シェイクスピアの手によるこの物語が、何百年もの間人々に愛され続け、作曲家をはじめとする多くの芸術家のインスピレーションとなることはなかっただろう。
 それにしても。同い年で、もう20年以上も芸術監督の携わる舞台を観てきていて、どこか、空気のように当然そこにいて、いつも当然のように美しい舞台を創り続けているように思っていて、私は何だか相当甘えているなと思ったのである。それは決して当然ではないのである。純粋な愛と同じくらい、純粋な美は存在し難い。本来は。そして、音楽が美しければ美しいほど、芸術監督はその美の深淵をますます探求していくのだと、心に深く感じ入ったことだった。

 冷ややかな美を体現した『ジゼル』のミルタ。身体のラインが官能美に満ちていた『ラ・バヤデール』のニキヤ。軽快な音楽と一体となった『海賊』のメドーラ。チェレスタの澄んだ音色を具現化した『くるみ割り人形』のマリー姫。スケートを滑る楽しさをステップのうちに見せた『レ・パティヌール』のホワイトカップル。実在していたとしたらシンデレラはこういう人なのだ! と体感させた『シンデレラ』。そして、彼女自身、その存在が一段と謎めいて見えた、『白鳥の湖』のオデット/オディール。
 そして、ジュリエットを演じる浅川紫織は、愛の化身だった。
 彼女は、熊川哲也芸術監督の意図をよく汲み、凛とした美しさでもってそれを具現化できる、類まれなるダンサーだった。芸術監督のインスピレーションだった。そして無論、私にとっても。
 この舞台の後、股関節の手術を受けるとのこと。私の母もこの夏やっと両股関節の手術に踏み切り――説き伏せるまでがそれは大変だった!――、数年来の痛みから解放されて、今は生き生きとしている。彼女が痛みから解放される日を、切に願う。そして、幸せを。彼女が観客を幸せにした以上の幸せを。浅川紫織の人生の第二章に、幸あれ!
2018-10-14 00:21 この記事だけ表示
 天草四郎は、倭寇だった!――そんな大胆な仮説のもと展開されるのが、原田諒の力作『MESSIAH −異聞・天草四郎−』である。仲間と共に海を舞台に大暴れしていた倭寇の頭目・夜叉王丸(明日海りお)は、嵐に遭い、天草の大矢野島の浜辺に打ち寄せられる。そこに住まう隠れキリシタンの人々は、貧しい暮らしの中にも彼を心優しく受け入れ、“四郎”という名を授けるのだった。その天草近くの無人島の岩窟の中で、洗礼名リノこと山田右衛門作(柚香光)は、美しい娘、流雨(るう)(仙名彩世)をモデルに聖母マリア像をはじめとする聖人画を描いていた。島原の藩主松倉勝家は、幕府に対しては石高を実際より高く申告し、圧政をますます強めて人々にさらに過酷な年貢を課す。四郎は人々に呼びかける。自らの手で“はらいそ―天国―”をこの世に実現しようと。島原の乱の勃発である。それから二十年後、四代将軍徳川家綱が、実際にこの乱で一人生き残った絵師の山田右衛門作(山田祐庵)に対し、真実を教えて欲しいと問い、その問いに対して祐庵が答えるというのが、作品全体の仕掛けとなっている。
 惜しむらくは、四郎が踏み絵をも厭わず、人々に自らの手ではらいそを築こうと呼びかけるシーンで、これまで自らが信じてきたところと違う彼の呼びかけを、人々が一瞬にして受け入れてしまっているように見える点である――四郎の父親代わりとなる益田甚兵衛役の一樹千尋はここを、素晴らしい力技の演技で通していた――。もう一段階、もう一シーンの積み重ねがあれば、説得力がさらに増したことと思う。しかしながら、流雨に心を寄せる四郎とリノ、その三人の関係がドラマティックに描き出されていく様、四郎の呼びかけに対し天草の人々が「♪メサイア、メサイア(救世主)」と歌で答え、声が響き合ううち大合唱となっていく様など、重厚なオペラ作品を思わせる骨太な作りである――岩窟の中でのリノと流雨の場面も、二人の関係こそ違え、どこか『トスカ』の第一幕を連想させる。宝塚“歌劇”の面目躍如である。そして、物語のクライマックス、戦いに敗れた人々が大階段の上、重なり合って次々と倒れ込み、巨大な十字架が描き出されてゆくシーンでは、宝塚の芝居作品において大階段の表象するところについて、新たな視座を拓かれる思いだった。一人生き残って歴史の真実を描き続けていくこととなる絵師祐庵の姿に、演出家の、作り手としての矜持がにじむ。力作である。天草四郎というカリスマ的美少年の役どころも、骨太な中にいつもどこか少年の魅力をたたえたトップスター明日海りおにいかにも適役である。
 私の父は山口県宇部市出身だが、彼の実母はクリスチャンで、少女時代、カナダへと旅立つ私に、聖母マリアが彫られたネックレスをお守りとして渡してくれたことを懐かしく思い出す。晩年、祖父もやはりクリスチャンとなった。見晴らしのいい場所に建てられた二人の墓には、それぞれの洗礼名が刻まれていたが、墓仕舞いということで、今は、東京のとあるお寺にある墓地に眠っているのが、ちょっと隠れキリシタンみたいだなと思わないでもない。

 『BEAUTIFUL GARDEN –百花繚乱−』は、新鋭野口幸作の作・演出。野口は今年初めの雪組『SUPER VOYAGER!−希望の海へ−』でもアイディアてんこ盛りの快作を発表していたが、今作でも、その創作エネルギーがとどまるところを知らない様を見せた。とりわけ目を瞠らされたのは、娘役芸の高さを誇る花組娘役陣を活かし、スカートさばきの妙を随所にちりばめたところである。まずはオープニング、ダークな色合いの地に花模様をちりばめたプリントのフリルスカートで、娘役たちが並んでひざまずき、幾重にも重なったそのフリルの中から片方の脚だけを見せるシーンの美しさ(振付・羽山紀代美)。そして中詰め、これまたたっぷりとふくらんだスカートの裾を両手で持って前後にひらひら揺すりながら銀橋を渡り、その途中で腰を下ろして脚をバタバタさせてスカートに動きを見せる場面は、副組長花野じゅりあをはじめ、娘役陣のコケティッシュさ全開(振付・三井聡)。ひらひらバタバタに自分も参加したい! と思うほど、娘役の魅力を際立たせていた。加藤真美の衣装も新風にあふれていていい。
 仙名彩世は、そんな強力娘役陣を擁する花組において、まさにトップ娘役の名にふさわしい活躍である。『MESSIAH』では神へ捧げる祈りの歌を歌って聖なる響きを聞かせる。『BEAUTIFUL GARDEN』の第4章「SPANISH GARDEN」では、明日海りおの闘牛士相手に彼が愛した女優を務めるが、黒い衣装に身を包んだ姿が、スペインの画家ゴヤの描いた女性像を思わせる。そして、舞台上にただ横たわっているだけでエロティック。中詰めでは、白いロマンティックなたっぷりとしたロングスカートで、ポップスに乗って軽快に激しく踊る、だが、その裾は決して乱れない! 高く蹴り上げる際にも、ほとんど計算し尽くされているとしか思えないその裾の軌道の美しさに息を呑む。スパンコールのジャケットにショートパンツ、網タイツといういでたちで、男役陣を率い、ガーシュインの「ス・ワンダフル」を歌い踊る姿は粋で颯爽とかっこいい。それが、決して男前風ではなく、可憐な娘役としての真骨頂のかっこよさなのである。
 明日海と仙名がすみれ色の美しい衣装に身を包んで展開するデュエットダンスは、宝塚への愛に満ち満ちた名シーンである。素晴らしいトップコンビである。バレーボールに例えるならば、仙名彩世は名セッターである。回ってきたボールに対し、自分でアタックもすればフェイントもする。そして、ここぞという場面では、円熟期にあるトップスター、エース明日海に集中してトスを上げる。その圧巻のトスが見られるのが、このデュエットダンスの場面である。なるほど、今の花組が強いわけである。チームとして見事に機能している。
 柚香光は、ショーの中詰め、夏はやっぱりTUBEだぜ! の「シーズン・イン・ザ・サン」で「♪Stop the season in the sun 心潤してくれ〜」と歌うシーン、舞台稽古では…まずは自分が心潤してくれ〜!…と大いに心配になるほどだったが、その後無事復調。東京は見事にシーズンがストップされ、十月なのに30度を超す陽気の日もあったのはそのおかげだろうか。柚香はモノトーンの舞台装置と衣装の中、雨傘だけが印象的な「雨に濡れても」のシーンも印象深かった。芝居で、圧政を敷く島原藩主松倉勝家に扮した鳳月杏は、冷酷なまでに悪に徹した演技で芝居巧者ぶりを見せた。水美舞斗は、芝居では将軍徳川家光の重臣松平信綱役で力演を見せる一方、ショーのラインダンスの場面では、花の中を浮気に飛び回る蜂のロケットボーイを担当。はつらつとした踊りでアピール、大売り出し公演といった感があった。

 本日の千秋楽をもって、天真みちるが宝塚を去る。その芸人魂で花組の舞台を大いに沸かせ、テレビ出演時には“宝塚のタンバリン芸人”として視聴者の度肝を抜いた男役である。
 ずっと宝塚にいるように思っていた。澤瀉屋、否、歌舞伎界にとっての二代目市川猿弥のような存在に、宝塚においてなっていくものと思っていた。
 けれども、いつのころからだっただろう――観客をただ楽しませたい、幸せにしたい、そんな気持ちがいつも大いに伝わってきていた彼女の舞台から、無邪気さが何だか失われて、迷いが見えるようになったのは。そんなことを思っていたら、退団の報せ。
 貴女に楽しませてもらった、笑わせてもらった、かけがえのない時間が、私の心の中から決して失われることはない。だから、いつか、舞台に立つ幸せを追い求めたいと無邪気に思える日が来たら、戻って来てください。私はいつでも、劇場の客席にいる人間なのだから!
2018-10-14 00:17 この記事だけ表示
 あんなにも美しいバルコニー・シーンを観たことがない。何のまじりけもない、ただただ純度の高い愛と、その愛によって結び合わされた二つの魂がそこに在った。演出・振付の熊川哲也芸術監督は、かくも深く美しい心の結びつきを知る、視る、人。
 興奮さめやらぬまま、明日の昼の部(小林美奈&山本雅也)も観に行く。
(10月12日18時半の部、東京文化会館大ホール)
2018-10-12 23:23 この記事だけ表示
 10月9日13時半の部観劇(新国立劇場中劇場)。映画版でロビン・ウィリアムズが演じた英語教師ジョン・キーティング役に扮した佐藤隆太が主演男優賞ものの演技。思春期の生徒たちに負けず劣らず傷つきやすく繊細な魂の持ち主だからこそ、彼は詩の世界に遊び、自由について教えることができる。その魂が揺れるクライマックスの演技に、落涙。
2018-10-09 23:00 この記事だけ表示
 …ショートとフリー、その二日間だけで、これまでになく高橋大輔という人を知りつつある、と感じた。そして、そのことにとてもわくわくしている自分がいた。もっと“高橋大輔”を見せろ〜。そうしてオレに文章を書かせろ〜!(笑)
 友野一希。『リバーダンス』のナンバーを使用したフリーは「ロンバルディア杯2018」でも観ていて、…『リバーダンス』の舞台を最初に観劇したとき、彼はこの世にいなかったんだな(1996年か1997年のことなので)…とふと思い、自分がかくも長く生きていることにちょっとびっくりしたあひる。今回は何だかもう、リバーというより“闘志の炎メラメラ”ダンスみたいになっていましたが。プログラムの完成形が観られたとき、書きたいことは自分の中で決定〜。
2018-10-09 22:55 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/211547

 演出家・宮本亜門の会心作!
2018-10-09 22:55 この記事だけ表示