…昔、あるところに、ちょっとぽっちゃりとした少女がいました。体つきが変わる思春期のこと、受験勉強もあって、彼女は太ってしまいました。そして、いつの頃からか、彼女はすっかり思い込むようになりました。自分はきっともう一生デブなんだと。それから15年ほどして、彼女は、あるダイエットの本を読んで、満腹感をちゃんと感じ、それが来たら食べ終えるというごく普通のことをするようになりました。つまり、「足るを知る」ことを学んだというわけです。すると、なんということでしょう、みるみるうちに体重が落ちて、今では着ているのは7号サイズ。
 どうせ自分はデブだと思い込んでいるから、デブになるような行動ばかりする。もうお腹いっぱいで苦しいのに、さらに自分の中に食べ物を詰め込もうとする。他ならぬ自分自身の思い込みが、彼女を長年にわたって苦しめていたというわけです。
 思い込みって恐ろしいですね…というお話。

 さて、田中刑事選手について。
 どうしてエキシビションのときみたいな演技を競技でやらないの〜〜〜。かっこいいじゃないですか! 颯爽として、観客へのアピールもばっちり、水を得た魚のよう、まるで競技のときとは別人のようである。
 競技のとき、「…俺はだめだ、俺はだめだ…」と思いすぎなのである。誰も初めからそんなこと思っちゃいません。ある人物について一番詳しいのは、基本的にはその人自身である。他の人間には、そこまでの情報がなかなかない。だから、あんまり強くその人が「…俺はだめだ…」と思っていると、それが伝わって、「本人がそこまで自分で強く思っているからには、実際のところ、そうなんだろうな…」と、周りも思うようになってきてしまうという、それだけのことである。
 私の目に映る田中刑事は、別にだめな人ではない。ただ、自分のことを、不思議なまでに「…俺はだめだ…」と強く強く思っている人である。その思い込みがあまりにも強すぎて、彼の他の部分が覆い隠されていて、なかなか見えてこない。それで、例えばジャンプを失敗すると、「…やっぱり俺はだめなんだ…」と思い、どんどん負の連鎖に陥っていく。そこまでだめではないと思っているところに関しては、割に落ち着いて演技できているのに。
 どうしてそんな風に思ってしまうようになったのか。彼をそう強く思い込ませたものに、私は断固、否を唱える。ジャンプ一回失敗したからって、それだけで演技全体がだめになりゃしません。世界に田中刑事という人間はたった一人。そして、その田中刑事という人間を一番信じて、励ましてあげられるのは――練習を重ねて、好きなスケートに邁進してきた彼を励ましてあげられるのは――田中刑事自身。
 次回、競技のときに緊張して、「…俺はだめだ…」と思い始めるようなことがあったら、ぜひ、冒頭の太っていた少女の小咄を思い出して、笑ってやってほしいものである。思い込みって、ホント、アホみたいだなあと。それで緊張がほぐれたら、恥を忍んでこんなエピソードを出した彼女(オレのことだ!)もさぞ本望でしょう。
 ちなみに田中刑事は、あひるが東京大学フィギュアスケート部のとき、憧れていた同学年のT選手に雰囲気が似ているので、かっこよさが全開する日が楽しみ。
2018-11-05 22:21 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/212748

 大反響のパルコの“三島×MISHIMA”取材シリーズ、今回は三島由紀夫ワールドに挑む二人を直撃〜。
2018-11-05 22:16 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/213924

 幅広く活躍している方なのに実に謙虚で、自虐ギャグもキュートなり。
2018-11-05 22:13 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/213375

 力作! とほめていただくことが多く、幸せな文章。それも無論、スタッフ・キャストの奮闘あってのこと。花總まりの熱演に、帰宅後、つい『ラ・セーヌの星』のアニメDVDと漫画版を大人買いしたあひるであった(設定が少々かぶるな…と)。遠い昔の異国の革命に、日本人はなぜこんなにも心ひきつけられるのか、実に興味深いテーマ。
2018-11-05 21:59 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/209423

 まだまだお聞きしたいことがあったので、今後、作品を通じての対話を希望〜。
2018-11-05 17:34 この記事だけ表示
 「フィンランド大会2018」女子フリースケーティングの坂本花織の演技を観て、…泣いてしまった。そして、自分自身がスケートをしていたときの楽しさを思い出した――氷上をすーっと滑っていくときの、あの感覚。それは、彼女自身が滑ることをとても楽しんでいたから。
 今日、彼女は素敵な大人の女性への大きな一歩を登った。そして、泣き顔もかわいかったけれども、やっぱり坂本花織には笑顔が似合う。これまで観てきた中で今日の演技が一番好き! これからも滑る楽しさを観客と分かち合っていってくださいね!
2018-11-04 23:34 この記事だけ表示
 ショートの方が気持ちが伝わってきたような。フリーは、まだまだもっと行けますよね(我ながら鬼。にっこり)。
 どちらも、とても不思議な感覚。びっくりするくらい、あっという間に終わってしまう。けれども、その時間が、確かに、濃厚に、自分の中に残る。まるで、「高橋大輔」という人間が、透明になって、私、「藤本真由」という人間の中にするっと入ってきて、そして、抜けて出ていったような。
 「全日本選手権2018」、楽しみでしかない!
2018-11-04 23:33 この記事だけ表示
 田中刑事についてもっと知って、書きたい。昨シーズンよりはわかりかけてきたように思う。
 坂本花織は何とも身体が重そうで…。時差ボケ? 演技をきちんと終えて、その後、泣き出してしまった彼女を観ていて、不謹慎かもしれないけれども、…ああ、かわいいな、と胸がきゅんとした。かわい子ちゃんパワーでフリーも無理せず頑張れ〜!
2018-11-03 23:28 この記事だけ表示
 樋口新葉。リカバリーの姿勢が前向きで好印象。感情のエネルギーが強く、周りに作用を及ぼしやすい人というのは、心を安定させれば、演技することに向いているのである。ポジティブなエネルギーで観客を巻き込んでいけるようになれば鬼に金棒なのだから。エキシビションでの表情がすっきりきれいだった。怪我が早く治りますように。
 山下真瑚。曲は『蝶々夫人』より。「音楽を感じたままに滑ってみて」と教えられても、普通なかなか難しいであろうところ、その天賦の才を感じた。『蝶々夫人』についてのんびり考えていたら、熊川哲也芸術監督がKバレエカンパニーで来年バレエ化するとのこと。じゃあ来年にかけてまたゆっくり考えようかな…と思っていたのだけれども、この日、山下真瑚の演技を観ていて、…あ、芸術監督の『カルメン』初演を観たときとまた同じ過ちを犯すところだった! …と気づいて猛省。ありがとう山下真瑚!

 友野一希。観れば観るほど、なんて志の高いプログラム!
 宇野昌磨。曲は『月光』。私の方では、グランプリシリーズ初参戦となった妹分、山下真瑚を彼が思いやる優しさに、心打たれた。目から何かのビームが放たれているような、あの演技。先日、夜の神戸空港から帰京する際、飛行機の窓からいつもより月が大きく見えて、…月の近くを飛んでいるんだな…と、彼の演技を改めて思い出していた。
 エキシビションはジャズ・ナンバー。大人のムードたっぷりで、ニューヨークの大好きなジャズクラブ「バードランド」が懐かしくなり。そして、実にかっこいい! 宇野昌磨の新たな面が次々と観られた大会。
2018-11-01 23:23 この記事だけ表示
 坂本花織。『キャバレー』の「Don’t Tell Mama」は本来ちょっとエッチ(笑)な曲なのですが。
 宮原知子はシルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』の「Bella Donna Twist」。公演プログラムの取材に関わっていたこともあり、彼女が使用することでこの曲のよさがさらに広く知られていくのがうれしい限り。衣装もセクシーに、ジャンプはキレキレ、超コケティッシュ!
2018-11-01 23:01 この記事だけ表示