――狂おしい夢を見た、と陰陽師は語り出す。彼と妖狐との、千年にもわたる宿世を。二人は転生し、出逢いを繰り返す。――あるときは、安部泰成と玉藻前として――安部泰成の祖先、安倍晴明の母は、“葛の葉伝説”の伝えるところによると、狐である。――あるときは、吉備真備と妲己として。――栗林義長としての生では、めぐり逢えぬ運命。――そして今生では、陰陽師・幸徳井友景と、再び玉藻前として。その宿世は、彼にも流れる魔性の血ゆえか――。姫山の白鷺城。今生で因果を終わらせるため、玉藻前の亡骸の前で友景は自刃する。そこへ葛の葉が、姫山のかつての主・富姫として現れ、祈りを捧げて――。
 稲荷神社の祭礼の夜。狐面をかけて踊るうちに、出逢う二人。宿世から逃れた二人。
 ――あの愛を、結界から持ち出すべきではなかったのか。西の塚に埋もれし宝を持ち出すべきでは――? ――真の愛語られる場所こそ美の殿堂なり――。けれども。私は確かに声を聞いた。「…今生で、今ひとたび、めぐり逢う…」との――。そして私は知っている。その転生にはしばらくかかる。だから、待っている。今はこの世にいない人、かつては愛と優しさに満ちていた人、その人がこの世に再び生まれ出づる日を。だから今は、「ダスビダーニャ」――また心通う日まで、さよなら。

注)「ダスビダーニャ」については、<愛いっとき、そして「ダスビダーニャ」〜宝塚雪組「ロシアン・ブルー」http://daisy.stablo.jp/article/448444488.html>参照のこと。
2018-11-28 21:26 この記事だけ表示