12月10日19時、東京オペラシティコンサートホール。
 第1部。オープニングの『オペラ座の怪人』の「マスカレード」に続き、「ザ・ファントム・オブ・ジ・オペラ」(デュエット相手はオペラ歌手の林正子)の前奏が流れ始める。そして登場した岡幸二郎の第一声で、…なぜだか、涙がすぐさまあふれ出すのだった。仮面をつけているわけではないのに、つけているようにしか見えない、そのたたずまい。知られたいのか知られたくないのか、怪人の、その内奥。…殺される!、 そう思った――歌声に…殺される! と思ったのは、「エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート」で、一路真輝のトートが歌った「最後のダンス」を聴いて以来かもしれない――。まるで金縛りに遭ったように、ぶるぶる震えながら、涙を流し続けていた。アンドリュー・ロイド=ウェバー版『オペラ座の怪人』にせよ、モーリー・イェストン作曲の『ファントム』にせよ、劇場に棲まう怪人の物語には、芸術における忘我、エクスタシーの瞬間が如実に捉えられ、表されている。続く「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」。――そのとき、その場に、岡ファントムと自分と、二人しかいないような、そんな感覚に囚われた――。
 岡のトニー、島田歌穂のマリアで聴く『ウエスト・サイド物語』の「トゥナイト」。――コンサートだから、舞台装置はない。けれども、歌声を聴いていると、星がぱああっと夜空一面にきらめく、恋に心躍る瞬間があるのだった。『オペラ座の怪人』にしても、『ウエスト・サイド物語』にしても、…こういう曲だったのだ…と、改めての発見が多い。
 第2部。『ミス・サイゴン』から「命をあげよう」、そして「ブイ・ドイ」。岡は、「命をあげよう」で、母になる。そして、「ブイ・ドイ」では、父になる。母なる愛と、父なる愛とが、岡幸二郎という一人の人間の中に在る――その目まぐるしい変化に、聴いているこちらも心忙しく(笑)ついて行かなくてはならない。「命をあげよう」を聴きながら、私は、神に、自分の無力さについて祈っていた――力がまだまだ足りないために、自分が幸せを願うすべての人々に幸せをもたらすに至ってはいません…と。
 そこから『レ・ミゼラブル』の楽曲へと続いて行って、アンコールは「ワン・デイ・モア」。キャスト全員での力強い歌唱に、またもや、…自分でもすぐには理由のわからない涙がとめどなくあふれ出す。――それぞれの想いを抱える人々。その想いの交錯で、この世界は成り立っている。そんな世界の中で、人は生きる。一日、一日を生きる。今日も生きた。明日はわからない。でも、きっとまた生きる。死が訪れる、その日まで――。
 竹本泰蔵指揮の東京フィルハーモニー交響楽団のサウンドとあいまって、いい意味で、実に破壊力の高いコンサートである――ナンバー一つ一つが、宝石箱の中できらきらと輝く宝石のようである。そして、ゲストの楽曲を含め、構成が巧みに練られている。例えば、林正子によるオペラ『蝶々夫人』の「ある晴れた日に」に続き、『蝶々夫人』を基にした『ミス・サイゴン』の「命をあげよう」が流れ、「ブイ・ドイ」から『レ・ミゼラブル』の「ブリング・ヒム・ホーム」への流れは、父なる愛でスムーズにつながっていく。ピアノ・アレンジが美しい『キャッツ』の「メモリー」と、一世を風靡した『レ・ミゼラブル』の「オン・マイ・オウン」とで、まったく異なる表情を見せる島田歌穂。石井一孝が直球勝負で聴かせる「ブリング・ヒム・ホーム」。マイクをもってのミュージカル・ナンバーとオペラ・アリアの両方を歌った林正子は、「ワン・デイ・モア」ではなんとテナルディエ夫人パートに挑戦。そして、あんなにおもしろい人だったとは! 彼女だけではない、全員からおもしろさを引き出す岡のホストぶり。歌に泣き、トークではいっぱい笑って…。
 先月上旬に取材させていただいた際(https://spice.eplus.jp/articles/216950)、私は途中で岡さんに、「泣いていいですか」と聞いたのだった――心打たれる瞬間があったから。結局、泣きはしなかったけれども、でも、そのとき泣きたかった気持ちが、この夜の彼の歌声によって、昇華されて、天へと立ち昇ってゆくようで…。そして取材の際、岡さんと私は、…この年齢まで生きたら、もう絶対、これから先の時間を無駄にしたくないですよね…という話で盛り上がっていたのだった。歌の力。ミュージカルの力。ミュージカルだからこそ可能となる美。これから先、ぜひ一緒に闘わせてください!
2018-12-13 23:55 この記事だけ表示
 放映順。

 ジュニア。
 アリョーナ・コストルナヤ。15歳で演じる、等身大のジュリエット。運命に生きる少女を体現していた。
 アレクサンドラ・トゥルソワは栄養をとってほしい。そして心も心配。

 シニア。
 何じゃこの大荒れの女子フリーは〜〜〜!!!
 
 ソフィア・サモドゥロワ。後半のアップテンポなところは楽しく観られた。
 
 坂本花織。
 深く優しい思いやり、本当にありがとう。
 …人間だから、もちろん、つらいよ! ときどき。フィギュアスケートのシーズンが始まって、観ていて楽しいし、書いていて楽しいし、毎週、本当に楽しく過ごしていたから、すっかり忘れていたけれども、夏も割とつらかったし、そう言えば、昨年秋、バンクーバーに出張したときも、つらいことがあったばっかりで、隙あらば一人で泣いていた…。ただし。そこは大人のプロだから、毎日、完璧に仕事をこなした上で。「フォールス・クリーク・フェリー」に乗って、海から飛んできた鳥を、無になった心で眺めていたことを、今日のあなたの演技で思い出した――今日のあなたの演技は、観ていて、最初から最後まで、心臓がきゅーっと、きりきりと締めつけられるようだった…。でも、つらいその瞬間には、そのことはできるだけ文章に書かないようにしている。それは、読んでくれている人には関係のないことだから。そして、つらい経験をくぐり抜けた後は、…後から同じような経験をした人を、これで励ますことができるな…と思って生きている。
 大人の女性同士の話でした。

 エリザベータ・トゥクタミシェワ。
 実は、心の中で、ひそかに“トゥクタミ姐さん”と呼んでいた。そして今日、姐さんは、肩の力が抜けて、全開だった! スケートを全身で楽しんでいた。だから、観ていてとっても楽しかった! 姐さん、その心意気!!! さすが、21歳にして、「人生の浮き沈みを経験してきた」と語るだけある。何歳になろうが、好きなだけフィギュアスケートを続けて行ってください!

 以上!
2018-12-09 23:59 この記事だけ表示
 放映順。

 島田高四郎。ステップシークエンスがよかった。どこか、せつない慕情のようなものを感じて。長い手足を活かせばもっとダイナミックに見えてくると思うし、決めるところはきちっと決めるとなお良し。あひるはタンゴを聴くと、内面がカッと燃え上がるのを感じたりするのだけれども、彼が「ブエノスアイレスの冬」の音楽をどう感じて滑っているのか、全日本選手権での演技に期待。

 ネイサン・チェン。…観てるんだけどね! そして、彼のスケート愛に、今までになく心打たれた。正直、昨シーズンまでは、…ヴァン・ヘイレンの「Jump」か、ポインター・シスターズの「Jump (For My Love)」で滑ってくれると楽しめそうだなと思っていた――と言うと、夫が必ず「♪とんで とんで とんで とんで とんで とんで とんで とんで とんで まわって まわって まわって まわる」(円広志『夢想花』)を提案してくるのだが、いや、それ日本語の歌だしね…と。でも、最近はまったくそのようには思わなくなってきて、今日の演技もジャンプよりスピンの美しさに見入っていた。あなたは美の仲間です!

 宇野昌磨。後半、集中していて、非常によかった。
 …何に美を見出すか、どんな美を体現し得るか、それは本当に人それぞれであって、私もすべてのツボを知り尽くしているわけではまったくない。けれども、一人一人が心にある美を持ち寄っていけば、この世界はもっと美しいところになっていくのではないか…という信念があるから、一人でも多くの人の内なる美について知りたいと日々願い、努力し、そうして知り合った人々を仲間として、これからも歩み続けたいと思っているものであって。だから、自分の中にはそれがないんじゃないかと思わないで、これからも一緒に見つけていこうではないですか。
 それと。四回転ジャンプもいろいろな種類が跳べた方が有利なように、伝える想いもいろいろな種類があった方がいいな…と。想い一本だけだといつか限界が来る(スケートではないところで、そういう例を知っているので)。何だっていいと思う。好きでしているゲームがどんな風に楽しいかとか、そのゲームとスケートとの共通点、相違点とか。もしかしたら、その中に美のツボが見つかるかもしれないし。
 さらに話を広げていくと。さまざまなフィギュアスケーターがいて、それぞれがそれぞれの魅力を発揮している、そういう方が、観る側にとっても間口が広くて入りやすい。芸術表現にひかれる人もいれば、ジャンプの高さに魅力を感じる人もいるわけで。肝心なのは、「この競技、こんなおもしろさも、こんなおもしろさもあるんだ!」と、一人でも多くの人に思ってもらえることではないかと。大丈夫、宇野昌磨には宇野昌磨にしかない魅力がちゃんとあります!
2018-12-08 23:20 この記事だけ表示
 掲載されています。ミュージカル愛にあふれた岡さんのお話、めちゃめちゃおもしろいです! コンサートは12月10日開催〜。

https://spice.eplus.jp/articles/216950
2018-12-08 23:09 この記事だけ表示
 日帰り出張&年末進行で遅くなった!

 ネイサン・チェン。自分だけに滑れる美を、明確に追求し始めた。

 宇野昌磨。顔色がよくないように見えて…。落ち着いて〜〜〜! と祈るような気持ち。しかしながら、心と身体がバラバラな中でもここまでまとめられるんだ…と思い、そこにいつもとは違う、妙な迫力を感じた。氷上に突き刺さるようなトリプルアクセルに力強い美しさ。

 エリザベータ・トゥクタミシェワ。…涙が出そうだった。人生の不条理を表現に昇華させられれば、美の道が見えてくるのだけれども。

 紀平梨花。…貴女はいったい、どこからやって来たの…? 月の女神に見守られて舞う、この世の者ではない存在――。その演技に見入っていたら、…途中で、月の光が一つ一つの音符となって、私の心と身体に、バラバラと突き刺さってきて…。ドビュッシーの「月の光」をそんな風に聴くことができたのは、初めてだった。茫然と観ていた。
 どこまでも高く、どこまでも遠くへ、一緒に行きましょう。

 宮原知子。自分で答えを出すしかありません。私はここにいます。

 坂本花織。ますます大人の女性になって、トリプルループが美しかった…。
 …それはそうと、バンクーバー、楽しんでる? 昨年秋、あひるもバンクーバーに出張したけれども、久しぶりに食べるカナダの野菜と果物、味がぎゅっとつまっていて、本当においしくて…。バンクーバーの近くに、オカナガン・ヴァリーというワインの名産地があって、そこで採れる果物は格別! 日々のすべてを味わって、楽しんできて!
2018-12-07 23:31 この記事だけ表示
 I will be right here waiting for you.
2018-12-07 00:14 この記事だけ表示
 12月2日14時の部、サンシャイン劇場。
 三島由紀夫のユーモア小説、初の舞台化。脚本・演出・出演のノゾエ征爾は、“芸術家・三島由紀夫”ではなく、“人間・三島由紀夫”に、実に果敢に挑んでいった。そうすることで、三島由紀夫の作品世界、その内的世界へと迫る鍵をいくつも引き出していった。だから今、これまで以上に三島由紀夫という存在が気になる。けれども。あひるの中では、“生者の世界では、生者が優先”という鉄則があるので、三島由紀夫に興味を抱かせてくれたノゾエ征爾という存在への興味を優先させることにする。観ていて、今年いろいろ抱いた美についての思考の断片が頭をぐるぐる。そして、こまつ座『父と暮せば』と『エリザベート』との相関関係について、文章を書き洩らしていたことも思い出し。まずは皆様、9日までの東京公演&22日の大阪公演をお見逃しなく。
 昨年のさいたまゴールド・シアター『薄い桃色のかたまり』での岩松了(作・演出)の仕事と、今年の<世界ゴールド祭2018>ゴールド・アーツ・クラブ『病は気から』でのノゾエ征爾(作・演出)の仕事にふれることがなければ――二人が、故蜷川幸雄の仕事を追体験するという尊い営為に乗り出していなければ――私は、先月半ば、ある一人の若者に対して書いたような文章は書けなかったと思う。その意味でも、大いに感謝!
2018-12-02 22:54 この記事だけ表示