放映順。

 島田高志郎。ステップシークエンスがよかった。どこか、せつない慕情のようなものを感じて。長い手足を活かせばもっとダイナミックに見えてくると思うし、決めるところはきちっと決めるとなお良し。あひるはタンゴを聴くと、内面がカッと燃え上がるのを感じたりするのだけれども、彼が「ブエノスアイレスの冬」の音楽をどう感じて滑っているのか、全日本選手権での演技に期待。

 ネイサン・チェン。…観てるんだけどね! そして、彼のスケート愛に、今までになく心打たれた。正直、昨シーズンまでは、…ヴァン・ヘイレンの「Jump」か、ポインター・シスターズの「Jump (For My Love)」で滑ってくれると楽しめそうだなと思っていた――と言うと、夫が必ず「♪とんで とんで とんで とんで とんで とんで とんで とんで とんで まわって まわって まわって まわる」(円広志『夢想花』)を提案してくるのだが、いや、それ日本語の歌だしね…と。でも、最近はまったくそのようには思わなくなってきて、今日の演技もジャンプよりスピンの美しさに見入っていた。あなたは美の仲間です!

 宇野昌磨。後半、集中していて、非常によかった。
 …何に美を見出すか、どんな美を体現し得るか、それは本当に人それぞれであって、私もすべてのツボを知り尽くしているわけではまったくない。けれども、一人一人が心にある美を持ち寄っていけば、この世界はもっと美しいところになっていくのではないか…という信念があるから、一人でも多くの人の内なる美について知りたいと日々願い、努力し、そうして知り合った人々を仲間として、これからも歩み続けたいと思っているものであって。だから、自分の中にはそれがないんじゃないかと思わないで、これからも一緒に見つけていこうではないですか。
 それと。四回転ジャンプもいろいろな種類が跳べた方が有利なように、伝える想いもいろいろな種類があった方がいいな…と。想い一本だけだといつか限界が来る(スケートではないところで、そういう例を知っているので)。何だっていいと思う。好きでしているゲームがどんな風に楽しいかとか、そのゲームとスケートとの共通点、相違点とか。もしかしたら、その中に美のツボが見つかるかもしれないし。
 さらに話を広げていくと。さまざまなフィギュアスケーターがいて、それぞれがそれぞれの魅力を発揮している、そういう方が、観る側にとっても間口が広くて入りやすい。芸術表現にひかれる人もいれば、ジャンプの高さに魅力を感じる人もいるわけで。肝心なのは、「この競技、こんなおもしろさも、こんなおもしろさもあるんだ!」と、一人でも多くの人に思ってもらえることではないかと。大丈夫、宇野昌磨には宇野昌磨にしかない魅力がちゃんとあります!
2018-12-08 23:20 この記事だけ表示
 掲載されています。ミュージカル愛にあふれた岡さんのお話、めちゃめちゃおもしろいです! コンサートは12月10日開催〜。

https://spice.eplus.jp/articles/216950
2018-12-08 23:09 この記事だけ表示