放映順〜。

 カレン・チェン。
 音楽のとらえ方が好きである。観ていて心地いい。ヘアメイクは改善の余地あり。

 紀平梨花。
 蒼い衣裳がとてもよく似合っている。いつもながら衣裳のセンス◎。
 難しい曲である。新境地を拓こうとするプログラムである。それに挑戦する紀平も立派なら、挑戦させる振付のシェイ=リーン・ボーンも立派である。私は、手の動きなど、紀平梨花の優雅さ、エレガンスを愛するものだけれども、このプログラムで求められているのは必ずしもエレガンスではないと思う。新たな引き出しを作るチャンス!

 エフゲニア・メドベージェワ。
 完全覚醒。胸がきりきりと締めつけられた。
 ――一本の道。一人、歩いていく彼女。その姿が、地面にくっきりと影を落とすのを観ていた。その様を目の当たりにした私の心にも、陰影が象られるのだった――。
 フィギュアスケートに出逢ったこと。誰かに出逢ったこと。その意味は、貴女自身が、貴女の人生をかけて自分で見つけていくものです。19歳で答えなんて出ません! でも、個人的には、平昌五輪のフリースケーティングを観たときから、貴女は美に生きるのが向いている人なんじゃないかな…とずっと思ってきたので。これまで観てきた中で一番好きな演技。

 イム・ウンス。
 心配一切無用!!! 美の前に国境なし。
 転倒はあったけれども、想いのこもった演技だった。衣裳の色が少々ダークで重すぎるような…(ヴァーミリオンあたりの方が曲と振付に合いそうな…)。

 アレクシア・パガニーニ。
 これまた、ジャンプのタイミングを合わせるのが難しそうな曲。爆発したら、会場が非常に盛り上がりそうなプログラムである。

 羽生結弦。
 大いに迷うべし!!! ←若者の特権。
 ただし。ケガには注意されたし←祈り。
トリプルアクセルあたりの流れは完璧に身体に入っていて、空気と一体になったかのように美しかった。
パフォーマー、クリエイターと評論家の関係。――敵ではない。ライバルでもない。異なる立場で共に美を創っていく間柄だと思うものですが。

 チャ・ジュナン。
 祝! 脱「羽生結弦」!
 例えば、力強さにしても、羽生結弦はしなやかでいて鋼のような強さが魅力の一つである。この日の演技で観られたチャ・ジュナンの力強さは、やはり方向性が全然違う。今シーズンは、チャ・ジュナン自身の魅力をたくさん発見できそう。
 
 ケヴィン・エイモズ。
 難しいリズムの曲をよく自分のものにしていて、お手本になりそうな演技。さらなる滑り込みによって観られる世界が非常に楽しみである。アクロバティックでトリッキーなフィニッシュも曲とぴったり決まって、すごくいい! と思ったらパーソナル・ベスト大幅更新。

 キーガン・メッシング。
 シンプルなコスチュームにしっとりとした曲、切々と心情が伝わる好プログラム。トリプルルッツ、美! スピン超高速! 昨シーズンより一段と腕を上げた感あり。
 10歳で移り住んだカナダ。優しく迎えてくれた人々。多民族が支え合って暮らす国。私には、一つの理想郷に思えました。その国こそ、私が初めて接した「世界」です。
2019-09-14 23:59 この記事だけ表示
 現代シンガポールを舞台にした“アジアン・クッキング・コメディ”は、楽しくって、大いに笑えて、それでいて、実は、深い。作・演出の小柳奈穂子が、笑いに包んでちょっと照れくさそうに差し出す宝塚愛が味わい深い。「小林寺」(「こばやしでら」。「少林寺」にあらず!)で奥義を極めようとするあたり、大爆笑。ヒャダイン&青木朝子の手による音楽も、めくるめく上質なポップス・ワールド。星組が誇るトップコンビ、紅ゆずる&綺咲愛里の最後の作品が快作であることを心から幸せに思う。来週、海外旅行を控えてあわただしくしているのだけれども、…あれ、旅行先、シンガポールにすればよかったかな? と――実は、自分の前世はシンガポールの人だったんじゃないかな…と思っており。
 シンガポール・グルメの連発に、観ていて大変お腹が空く作品です。ご覧になる方はくれぐれも空腹にご注意を〜!
2019-09-14 23:58 この記事だけ表示