イギリス王室から事実上離脱することになったヘンリー王子が、スピーチの場で、無念の心境を吐露…のニュース映像を観ていて、思い出す。宝塚月組元トップスター霧矢大夢の退団公演『エドワード8世−王冠を賭けた恋−』(2012年。作・演出は、現在、東京宝塚劇場にて上演中の宙組公演『El Japón(エル ハポン)−イスパニアのサムライ−』担当の大野拓史)のクライマックスで歌われるナンバー「退位の歌」を。――イギリス国王エドワード8世は、離婚歴のあるアメリカ人女性ウォリス・シンプソンとの恋を選んで、王位を退く。最後の瞬間になってやっと率直な気持ちを表明することが許され、ラジオを通じて国民に語りかける、その心境を歌うドラマティックなナンバーである(作曲は太田健)。この舞台の公演プログラムにも寄稿している政治学者水谷三公が執筆した『イギリス王室とメディア エドワード大衆王とその時代』は、『エドワード8世』の作品世界を楽しむ上でも非常に興味深い著書であったが、エドワード8世の退位を受けてその弟ジョージ6世が国王の座に就き、そのジョージ6世の娘であるエリザベス2世が孫のヘンリー王子に対して決断を下した今、歴史書を超えてアクチュアルな一冊として立ち現れる。ちなみに、『エドワード8世』においては「退団」と「退位」とが重ね合わされて語られている部分があり、「退位の歌」の歌詞にも、これから新たな世界で生きていこうとする者の未来に対する愛とエールとが存分に込められていて、今なお、聴く者の心を揺さぶらずにはおかない。
2020-01-20 23:12 この記事だけ表示
 1月20日13時の部、日生劇場。メアリー・シェリーのゴシック小説を独自の視点で再構成した韓国ミュージカル、その日本版の再演。軍医アンリ・デュプレと怪物を演じる加藤和樹が実にいい。アンリは戦場で科学者ビクター・フランケンシュタイン(柿澤勇人)に命を助けられ、固い友情で結ばれる。母の死以来、死者を甦らせることに取りつかれた友ビクターの“実験材料”となるべく、アンリは友の罪をかぶってギロチンで処刑される――だが、その生首を用いてビクターが生み出したのは、アンリの記憶をもたない怪物だった。ビクターのもとを逃げ出した怪物は、闇の闘技場で見世物としてひどい扱いを受け、おぞましい人間こそが怪物ではないかとの哀しき認識に至る。アンリが友ビクターに捧げる友情はいささかファナティックなものではあるのだが、加藤アンリは実に純粋なその友情のありようをさわやかに歌い上げて殉じていく。怪物となり、うす汚れた半裸姿でうなり声を上げて暴れていても、人間存在に激しく絶望しても、その姿にはどこか哀しい美しさがある。加藤は、昨年秋、難役である『ファントム』タイトルロールに挑戦、怪人の心の中の美を表現する好演を見せていたが、その経験を経て、舞台姿に自信の芯が一本ぐっと通ったように感じられる。孤独なビクターに愛をもって仕え続ける執事ルンゲ役の鈴木壮麻の、あくまで品よくチャーミングに効かせる笑いは、作品全体の軽やかなアクセント。リトル・ビクター(ビクターの子供時代)を演じる大矢臣(子役)の、客席へとまっすぐ向かってくる歌唱と演技も堂々たるものだった。
2020-01-20 23:06 この記事だけ表示
 『ねじまき鳥クロニクル』出演の門脇麦さん、共同脚本・演出の藤田貴大さんと音楽・演奏の大友良英さんの対談、二兎社『私たちは何も知らない』作・演出の永井愛さんの記事を担当しています。

http://www.meg-net.com/dbook/2001dbook/index.html
2020-01-19 23:41 この記事だけ表示
 人は何故、戦うのか。争いは何故、起きるのか――。初回で明示されたテーマが一年かけていかに描かれていくのか、注目していく所存。非常にわかりやすい物語展開で、テンポもゆったりめ。主人公明智十兵衛光秀を演じる長谷川博己の滑舌も実に明晰。――長谷川博己。これまで観てきた舞台の中では、『皆に伝えよ! ソイレント・グリーンは人肉だと』(ルネ・ポレシュ作・演出)、『カリギュラ』『海辺のカフカ』(蜷川幸雄演出)といった出演作が印象に残っており。今年のあひるの初夢にも出演〜(昨年大晦日の「紅白歌合戦」に出演した姿が脳裏に残っていたと思われ)。今回放送のハイライトは、松永久秀役の吉田鋼太郎がいかにも吉田鋼太郎感満載の熱量で芝居してきたところを、長谷川光秀も負けじと熱量をもって返していったところ。そして、長谷川光秀が、亡き父の言葉について語るシーン――近代建築好きなので、昨年亡くなった建築史家長谷川堯の著作は私の書棚に何冊も並んでおり。
 今年の初め、フィギュアスケート関連書籍を探しに書店に行ったところ、高齢の男性が、「『麒麟がくる』の本が欲しい」と来店している姿を目にする機会があり、公演の原作本や関連書籍を読んで公演に備える宝塚ファンのような真面目さを感じると共に、大河ドラマを楽しみにしている多くの人々の存在を思い。
 主要キャストの中のお一人に、最近、出演舞台について取材させていただいています――昨年一年『いだてん』を観ていて、テレビで観ている人を舞台でも観られるということは、やっぱり楽しいことだなと思い。次項ではそのご紹介を。
2020-01-19 23:40 この記事だけ表示
 東京国際フォーラムホールA(収容人数約5000。巨大!)にて19時より聴いてきました。素晴らしい! シンシア・エリヴォ――人間の尊厳のため、己の芸をもって、厳しく、激しく、闘い続ける人。その闘いの軌跡が、歌声の中に確かに聴こえる。それと同時に、しなやかなその心も――。歌声と共に、聴いているこちらの心も宙へと舞い上がっていくような「A Piece of Sky」(『イエントル』より)。『ヘアスプレー』のナンバーを一人メドレーで歌い、ワイヤ&スタンドのマイク・アクションでも大いに会場を沸かせたマシュー・モリソンのエンターテイナーぶりに、この三人が同じ舞台に立つことの意味を深く感じて。三浦春馬も二人によく食らいついて行っていて、このコンサートを経ての成長が楽しみ。ゆっくり書きたいので今宵はここで止めますが、皆様、明日の昼夜二回限りの公演をお聴き逃しなきよう!
2020-01-16 23:20 この記事だけ表示
 昨年11月に新装なった渋谷パルコの8階に、今月24日に開場する新生PARCO劇場。3月から始まるそのオープニング・シリーズの記者会見には、『ピサロ』より渡辺謙さん、宮沢氷魚さん、『佐渡島他吉の生涯』より森新太郎さん、石田明さん、<三谷幸喜 三作品三ヶ月公演>より三谷幸喜さん、そのうち『其礼成心中』より吉田一輔さん&吉田さんが操る文楽人形の「三谷くん」、『大地』より大泉洋さん、山本耕史さん、竜星涼さん、『ゲルニカ』より長田育恵さん、『獣道一直線!!!』より宮藤官九郎さん、河原雅彦さん、生瀬勝久さん、池田成志さん、古田新太さん、『前川知大 作・演出作品(タイトル未定)』より前川知大さん、『藪原検校』より杉原邦生さん、市川猿之助さん、『レディ・マクベス』より天海祐希さん、『月とシネマ』よりG2さんが登壇するという、非常に豪華な顔ぶれ。司会を務めたのは『大地』に出演する藤井隆さん、本日は劇場サイドの人間に徹するということで、パルコの方を敬称略の名字呼び捨てで何度もいじる様に笑いが。東京オリンピックと公演期間が丸かぶりすることについて、「スポーツに興味のない方よろしくお願いします。(オリンピックに勝つ秘策は)ないですね。相当敵は強大」と語る三谷幸喜さん(PARCO劇場といえばまずは思い浮かぶ客席の「赤」を思わせるネクタイが印象的)、「下ネタ大好きな人は来て下さい」とさらっとかます古田新太さんなど、笑いの宝庫の会見でした。2021年2月からの公演について、…一番客が入らない月、貧乏くじを引いた、客席の半分は招待ではなく埋めたい、本当は三谷さんの作品に出たかった、そもそも来年の2月まで無事に過ごせるのか今から非常に不安…と暗いトークを展開する市川猿之助さんには、…私、亡き父の“芸風”を思い出し。あんな感じで間髪入れずにどんどんどんどん暗い話を繰り広げて、あまりにそれがよどみないものだからついつい聞いている方も話している方も笑ってしまう、そんな語り口を、父がこの世を去って以来、本当に久しぶりに聞いたな…と、何だか懐かしくてうれしくなり。席も178増え、舞台も広がり、けれども旧劇場を懐かしく思い出せる劇場空間、客席下に設置された女子トイレの動線もいい感じ。今月24日からの「志の輔らくご PARCO劇場こけら落とし」での初観劇が楽しみです。
2020-01-15 22:48 この記事だけ表示
 1月16日・17日に東京国際フォーラムホールAにて行なわれるコンサートの囲み取材会に、出演のお三方が登壇。シンシアさんは、主演映画『ハリエット』にてアカデミー賞主演女優賞&歌曲賞にノミネートされたことが昨夜発表されたばかり。今回のコンサートでは、その歌曲賞候補である「スタンド・アップ」が、3月末の映画の公開に先駆けて生で聴けることも非常に楽しみ。三浦さんが、ハードなワークアウトを行なう理由をシンシアさんに尋ねたところ、「歌うことは全身での行為だから、声帯だけをウォームアップするより全身を温めた方が早い」と答えていたのが興味深く。ユーモア・センスあふれるマシューさんはこの3年で4回目の来日、「歌うことで観客とコミュニケーションできる、そこに言語の壁はない」との答えも印象的。このコンサートについて三浦さんに取材させていただいたインタビュー記事がSPICEにアップされています。

https://spice.eplus.jp/articles/262779
2020-01-14 23:31 この記事だけ表示
 「剛」という名前ながら、柔らかな印象を与える人である。それでいて、彼の舞台を観ると、漢字の熟語が黒々と浮かび上がる。昨年、『家族のはなしPART1』を観たときには、「諦念」(http://daisy.stablo.jp/article/465985395.html)。そして、今宵、『アルトゥロ・ウイの興隆』を観ていて浮かんだのは、「豹変」という熟語なのだった――そうして、草g剛は、私に、人間存在の根源に関する奥深く大切なものを、またもや突きつけてくる。ジェイムズ・ブラウンの楽曲の渦の中に存在するその姿は、めちゃめちゃかっこいいのですが! ――でも、かっこいいとばかり言っていてはいけない作品でもあって。するめの如くかみしめてから書く〜。明日も昼から劇場!
2020-01-12 23:39 この記事だけ表示
 1月2日16時の部、東京国際フォーラムホールB7。
 …まさか、新年早々、老浮浪者姿でシケモク(死語でしょうか)を拾う山本耕史を観られるとは思わなんだ…(笑)。歌詠み志望の青年(市川染五郎)の前に現れたその老いた男は、ぱっと大海人皇子の姿へと早替わりして、青年を万葉集の歌の世界へといざなう。…愛について。死について。風景について。万葉集の時代から、人々の詠む題材は今と変わらない。そこに、いにしえから変わらぬ人の心を知る。そして今の人々の心を映したミュージカル・ナンバーを歌い出す山本耕史――大海人皇子の姿で、英語で――。『ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリーインチ』の「The Origin of Love」。眼鏡とマフラーを装着して、新納慎也と掛け合いで歌う『レント』の「What You Own」。そして楽器も演奏! ドラム! ベース! ギター! ホットにゴキゲン! 正月早々、山本耕史の芸がぎゅう詰めになったおせちのお重を前にしているかのよう。多芸多才。八面六臂。…思った。ここに、こんなに頑張っている人がいる! 己の芸の向上に欲張っている人がいる! だから、自分一人で頑張ろうとしなくていい! 一緒に頑張っていけばいい! …そう思ったら、何だかものすごく気が楽になり。2020年は迷惑をかけない範囲で頼ったり甘えたりすることもテーマにしようと思います(笑)。
『ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリーインチ』からの、「Midnight Radio」…。女性ロックンローラーへのオマージュが捧げられた、誇りをもって生きることについての歌。最後の「♪Lift up your hands」のくだりでは、舞台で上演されるときと同じように、(ちっちゃくだけど)右手を上げるあひるであった。
 額田王の扮装で、昨年亡くなった柴田侑宏の名作『あかねさす紫の花』の主題歌を歌う夢咲ねねの、圧倒的な姫感。コミカルなシーンでは、彼女ならではの天衣無縫で無垢な明るさを輝かせて。新納慎也の機転の利いた客席いじりも楽しく――彼は、私に、ブロードウェイ・ミュージカル『パジャマゲーム』のシド役の不思議を教えてくれた人である。ブロードウェイ公演のハリー・コニック・ジュニアも、彼も、シド役を演じるのを観るまで実は内心苦手だった。でも、シドという役は、演じる男性の素敵な部分を素晴らしく引き出してくるところがあるのである――。邦楽、日本舞踊、ミュージカル・ナンバーと盛りだくさんで、でも、芸の力、歌の力によってきちんとまとまっていて、お正月気分も大いに味わえる充実の80分間でした!
2020-01-11 21:05 この記事だけ表示
 生観戦が楽しすぎた!

 渡邊純也。
 …「全日本選手権」ラストにして、まだまだ上を目指す人がそこにいた。そして彼は、『ある愛の詩』のメロディに乗せて、自分がいかにフィギュアスケートを愛してきたか、振り返っていた。その様に心揺さぶられて、涙…。

 山田耕新。
 後輩思いの優しい先輩は、全日本の舞台をめちゃめちゃエンジョイしていた! 銀行で働く日常と、銀盤で滑る非日常と…。私も劇場通いの身、一日の中での変化が激しいです――夢のような舞台に酔いしれた後、スーパーで肉や野菜を吟味していたりする、でも、その落差を日々楽しんでいます。来年の全日本でまた会えたらいいな!

 山本恭廉。
 曲は『ロミオとジュリエット』。――そのジュリエット、いいと思う。運命信じて突っ走っていっちゃって!

 本田太一。
 優しくて思いやりがあるお兄さんで、本田姉妹がうらやましい。自分をどんどん磨いていっちゃって!

 櫛田一樹。
 キュイーンと広がる彼の内的世界にふれるうち、…自分の中でつらい記憶が甦って、それが浄化されてちょっと涙したり、茶目っ気にふれるおもしろい瞬間があって笑ったり、忙しく楽しい四分間!

 鈴木潤。
 ラスト全日本。…今、この瞬間が最高に楽しくて、でも、やっぱりさみしくて泣くという感じで、…泣くの? 笑うの? どっち? と自分で自分にツッコミながら見入っており。――彼の演技を観た回数は決して多くない。けれども、私は彼と確かに出会った…と確信させる演技だった。

 日野龍樹。
 曲は『カルメン』より。…長い手足の使い方が本当に、本当にかっこよくて、宝塚の男役もぜひこういう風に踊ってほしい〜! と。こんなにかっこいいホセの元を去るカルメンはおかしいと思う(笑)。

 吉岡希。
 力強い滑りだった。もう少し曲の表現もあるといいな。

 山隈太一朗。
 逞しさ、男らしさを非常に感じる演技だった。そして、…話題が豊富で、話が尽きなさそうな人だなと…。一人語り、一人芝居を堪能するような感覚!

 山本草太。
 …すっきりさっぱり男らしく頼りがいのある人! というのがこの日の大発見。これからも人生の一瞬一瞬を精いっぱい楽しんで!
PS …結果、大丈夫だった!

 高橋大輔。
 …自分でも、自分のことを、お節介だな…と思っている。しかし。高橋大輔は、そんな私からさらにお節介を引き出していく…! と驚愕したショートプログラム。そして、フリー。
 …やっぱりすごい! 吸い付いて、音がしないかのようなスケーティング…。…身体を張って、観客に何かを刻み込んでゆくその滑りを、一瞬たりとも見逃すまいと、目を見張って、こぼれそうになる涙をこらえながら観ていた…終わった瞬間、滂沱の涙。未だ言語化できない不思議がやはりあって、それがとても悔しい(笑)。だから、これからも言語化の挑戦は続く! 共に闘いましょう! …後輩へのエールはしかとこの胸に受け止めた! 身の引き締まる思い!

 中村優。
 気迫! …次第に演技の楽しさに目覚めていったところが◎〜。その内面を素直に表現に昇華していったら、演技に深みと奥行きがさらに増すと思う。

 須本光希。
 …浄化されていく思い。そして、楽しさの内の、決意! 貴方の優しさが必ずや周囲を照らします!

 友野一希。
 …かっこよすぎて何だかわなわな(笑)。2018年の「世界選手権」フリー以来の高揚! …クラシックの指揮者でも、指揮し終わった後、そんな感じになっている人がいます(友野選手みたいに泣くところまで行った人は観たことがないけれども)。そのスケート観で、これからも突っ走っちゃって〜! …夫は『常陸坊海尊』千秋楽を観に行っていて中継には間に合わなかったので、後でちゃんと見せておきました(笑)。

 本田ルーカス剛史。
 若いながらダンディで、一歩一歩確かに歩んでいこうとする着実さもあって。…途中、なぜか、雨の中、傘もささず、見つめ合っているような感覚に。

 木科雄登。
 スピンの際、はためく手袋に、アンニュイな魅力を感じた。

 鍵山優真。
 老練な滑りだった。

 島田高志郎。
 …もしかしたら、自分時間が強固に流れている人なのかな…という印象が。その自分時間が競技の時間とうまく合うと力が爆発しそうな。…ちょっと背伸びしてみたせつなさと、でも、確かに何かをつかんだ感覚と。

 佐藤洸彬。
 …本当にやめちゃうの?(涙) ――雷に打たれるような、天啓が下るような、ビリビリとした何かを感じる瞬間があり…。骨太で頼もしい人、どうかこれからも心の仲間でいてください! &ショートでの提案はとてもよかったと思います! おかげで生観戦がさらに楽しくなりました!

 田中刑事。
 …かっこいい! …しか思わない四分間だった。そして、心の中の<男性のかっこよさ>アーカイブの未収蔵部分にすぽっと収蔵されていった…。

 佐藤駿。
 15歳にして、彼は、表現者としての道を歩み始めた――表現することの喜びに目覚めていた。そのロミオ、いい! ――「ジュニアグランプリファイナル」のときの“ロミオとジュリエット”は、一昨年秋、スケートではないですがすでにやった人がいてですね…。自分の物語を演じていこう!

 宇野昌磨。
 その“演技”を舞台評論家の前でやろうったあ、いい度胸だ! …強引すぎる男も嫌だけど、自分の人生の主役を堂々生きていない男も嫌! 舞台でも、主人公じゃないからって「自分は脇役です」っていう演技を見せている人がいたら嫌! …と、大変な剣幕で怒りまくっていたら、ショートプログラムのときと真逆の展開になっていって、そのことについては大いに笑った(笑)。

 羽生結弦。
 …観ながら、「それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である」という、聖書の一節を思い出していた(日本聖書協会『新共同訳 新約聖書』「コリントの信徒への手紙 一」13章13節)。
2020-01-11 21:02 この記事だけ表示