1月28日14時の部、新国立劇場オペラパレス。
 僕は文無しの詩人だけれども、夢と空想があるから魂は大金持ち…と、ヒロイン・ミミ(ニーノ・マチャイゼ)に愛の歌「冷たい手を」を歌いかけるロドルフォ役のマッテオ・リッピの情熱的な歌唱。パオロ・カリニャーニの指揮のもと、甘く流れる音楽に、英語で言うところの“sweet surrender”――…もう、どうにでもして…の境地――を感じて。しかし。そのときあひるの胸にあったのは、…ミミみたいに歌いかけられたい…という気持ちではなく、ロドルフォになってこの歌を歌いたい! という熱い思いなのだった――オペラを観ていてそのように男性キャラクターに感情移入したのは初めてかもしれず。終幕のミミ臨終のシーンでは、…亡き人の魂を近くに感じるような、そんな思い。美しい音楽に耽溺することのできるオーソドックスな演出。ブロードウェイ・ミュージカル『RENT』の基ともなった、1830年代のパリが舞台の若き芸術家たちの青春群像劇、普段あまりオペラを観ないという方にもお勧めします。公演は残すところ、1月31日と2月2日のあと二回〜。
2020-01-28 23:59 この記事だけ表示
 今年で第六回目となる赤坂大歌舞伎、今回登場するのは『怪談 牡丹燈籠』。昨年、NHKで放送されたテレビドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear』に萩原新三郎役で出演した中村七之助さんが、この脚本はおもしろい、ぜひ歌舞伎にしたいとの思いを抱き、ドラマの脚本と演出を手がけた源孝志さんを脚本・演出に迎えて上演するに至った旨。その「言い出しっぺ」の七之助さん、今回はお露・お国・お峰の三役を演じるのですが、…新三郎を慕うあまりのお露の「焦がれ死に」、そもそも「焦がれ死に」とは何ぞや? 、そこまで人を好きになるということとは…等々、実に熱い語り口。それを聞いていた源さん、「どういう焦がれ死に方をさせようか、観たことのないようなおもしろい焦がれ死に方を楽しみにしてください」と、何やら考えをめぐらせ始めた様子。宮辺源次郎と伴蔵の二役について、中村獅童さんが「放蕩野郎と小悪党」と即答したのもおもしろく。中村勘九郎さんがこれまでの赤坂大歌舞伎の思い出を熱く語る姿に、…私自身の心に残る赤坂大歌舞伎名場面集が、まざまざと甦って。
2020-01-28 23:58 この記事だけ表示