生活感と清潔感の共存、それが、明智十兵衛光秀を演じる長谷川博己の役者としての魅力である。光秀が薬売りに扮装して尾張に潜入するという今回の筋立てにも、その魅力が非常に生きている。田園風景をバックにしたその姿に、はっとする美しさがあった。一緒に尾張に潜入した菊丸役の岡村隆史の、百姓としての生活の苦しさを吐露するセリフにしみじみ心を打たれた。菊丸、そして医者望月東庵(堺正章)の人となりも少しずつ見えてきて、ドキドキハラハラ、今後の展開がますます楽しみになった回。
2020-02-11 15:51 この記事だけ表示
 2月7日発売号に掲載されています。なお、この号よりネット連動記事となっています。哲学的でおもしろい戯曲です。

https://precious.jp/articles/-/16970
2020-02-11 15:50 この記事だけ表示