…自分自身でも、書いた後にその意味がわかる文章を、羽生結弦の演技にまた書かされてしまった…と、ショートプログラムのあった2月7日の深夜、一人、さめざめと泣いていて…。
 ――自分はいったい、誰に対してそんなに「鎧」をつけなくてはいけないと思ったのか。いったい、何のために? はっきり、わかったのです――日本舞台芸術界の話なのですが。
 そして、フリースケーティングの「SEIMEI」を観て、決意を新たにして。
 人と人として接したときにのみ、信頼関係は生まれる。だから。
 私、これからも「鎧」なしで行くわ――「鎧」じゃなくて、愛で行く。
 競技において「SEIMEI」を観るのは、2年前の平昌オリンピック以来である。…結界、張らないんだな…と思った。張らないで、闘うんだな…と。――生を謳歌していて。愛と楽しさと幸せにあふれていて。だから、今の「SEIMEI」の方が、同じ時間を生きる人間として、より深く心ひかれるのだろうと思う。

 「Hope & Legacy」を滑ったエキシビション。
 フィギュアスケートへの愛が、ますます深く、激しく、強く、燃えているんだな…と感じた――隣で一緒に観ていた夫が、「綺麗だね」と言っていた――。
2020-02-15 18:57 この記事だけ表示
 クリストファー・カルーザ。
 気迫は感じた。ちょっと気持ちが先走り?

 マイカ・カイ・リネット
 手を上げる、腕を伸ばす等、一つ一つの動作にもっと明確さ、思い切りがほしいところ。

 ジョーダン・ドッズ。
 猫背気味に見える。背筋が伸びている方が万事綺麗に見えると思う。

 ハリソン・ジョン・イェン・ウォン。
 一つ一つの動作の始まりと終わりを意識した上でつないでいくと演技に流れが出るような。

 チーイー・ツァオ。
 スローパートに入ってからは気迫も乗ってきているように見えた。

 ジェームス・ミン。
 曲と、表情(笑顔)&身振りの関連性がいまいちピンと来ず。

 フー・ジャン。
 音楽を感じて滑ろうとしている姿勢がよかった。

 イ・シヒョン。
 上半身と下半身の動きがバラバラに見えてしまい…。もっと統一性がほしいところ。

 イ・ジュンヒョン。
 音楽、演技にしっかり入り込めている個所は好印象。

 ロマン・サドフスキー。
 演技中は自分に集中〜!

 エイドリアン・ポール・セレスティーノ。
 スピードのコントロールに若干手こずっていた印象が…。

 ドノバン・カリーヨ。
 熱いものは感じた。終盤は色気も少々。

 ブレンダン・ケリー。
 コミカルな部分が演技上よく効いていた!

 ハン・ヤン。
 …背中にせつなさとやるせなさを感じた。

 カムデン・プルキネン。
 毎日の練習が苦しいときもあるかもしれない。それでも、その苦しみを超えて、楽しさ、幸せを感じながら滑ってくれたなら、毎日の生活、やはり苦しいこともある観客も、観ていて楽しさ、幸せを分かち合うことができるのだと思う。「威風堂々」という言葉が浮かんで、じわじわ涙しながら観ていた。芝居心、演じようとする心を非常に感じる人である。

 友野一希。
 この日、一番おもしろかったで賞。シリアスなんだけど、あまりに発想がユニークで、つい笑ってしまった――“化け物”たちが主要登場人物に配された、パッショネイトな純愛物語。爆発的におもしろすぎ! 魂の叫びを、途中、本当に大声出して叫んでいるんじゃないかと思ったほど。このパフォーマンスで、友野一希に、フィギュアスケートに、惚れた! という人、多いと思う。

 樋渡知樹。
 演技に流れがあるのと、演技が流れていってしまうのとでは違うと思うのだけれども、「NHK杯2019」のときより音楽を意識して滑っていると感じた。

 ナム・ニューエン。
 肩の力が抜けた感じが大人の男の余裕を感じさせて。手で「来いよ」と会場をめちゃめちゃ煽って、本人が楽しんでいることが伝わってくる演技でした。

 キーガン・メッシング。
 この日は、「特急キーガン号」暴走気味の回…(ときどきありますよね…)。落ち着いて〜と祈るように観ていた。いつかきっと機会はあります。フライングシットスピンのフライングにふわっと浮遊感。

 鍵山優真。
 …その音楽を聞いてどんな気持ちになる? どういう風に身体を動かしたくなる? 音楽を聞いて、感じよう。その上で滑ろう。若さはじけていっちゃって!

 チャ・ジュンファン。
 美しく滑ろうという気迫が最後までみなぎっていて、よかった!

 ボーヤン・ジン。
 豪快なジャンプがいくつか観られた!

 ジェイソン・ブラウン。
 ――愛に満たされている者の滑りは、観る者をも愛で満たす。
 …悲しい出来事は、自分の身にも他者の身にもできれば起こらない方がいいけれども、自分自身の身に起きてしまったときは、…これから同じ経験をする人を励ますことができるな…と思って生きています。
 その使命、全力応援!!!
2020-02-15 18:55 この記事だけ表示