「ベルサイユのばら」の安蘭けい・その2[宝塚]

<オスカルを生きる〜東京宝塚劇場・オスカル〜>

Don’t dream it Be it
                                     “The Rocky Horror Show”

 「ベルサイユのばら」の主人公であるオスカルは、アンドレに比べ、「これが私!」と主張することをより要求されるキャラクターである。女でありながら男、軍人として育てられ、貴族でありながら最終的に民衆の側に与して革命を戦うオスカルの、人生におけるいくつかの重要な決断が、「これが私!」との信念に基づくものであろうことは疑いようがない。ところが、オスカルの影として生きるアンドレの「これが私!」なる信念を、セリフや歌の手がかりなしにそのあり方によって表現した安蘭けいは、今度はオスカルを、一貫して受けの演技で造形する。それは無論、オスカルという人間の並外れて深い包容力を示すためである。
 「すべての人には立場があり、その立場ゆえの信条がある。――私はこれを尊重する」。これが、安蘭オスカルを貫く基本姿勢、揺るぎなき信念である。ここにいう“立場”とは、性別や身分の違いに始まって、それぞれの人間の差異を形作るとされるすべての要素を含むものである。安蘭オスカルは、徹底した受けの演技によって、すべての人を、温かく、優しく、受け入れてゆく。フェルゼン役の湖月わたるの包容力が、大きく広げたその両腕に世界を収めるものだとするならば、安蘭オスカルの包容力は、一人ひとりに真摯に向き合うということを、すべての人間相手に貫き通すようなところがある(どこまで行ってもこの二人は対照的で、だからこそ素晴らしいコンビである)。
 安蘭オスカルが怒りや憤りをあらわにするのは、人が己の立場を濫用したり、これを逸脱し、他者の立場や信条を侵害してまで己の信条をふりかざす場合である。先に述べた信念は、オスカルが女であることを理由に侮辱的な言葉を投げつけるブイエ将軍に対して挑みかかる、「女だから分かることもあるんです!」とのセリフの発し方に如実に示されている。安蘭オスカルが口にするとき、このセリフは、「私だから分かることもあるんです!」と聞こえる。――私、オスカルは、フランスを守る貴族の家柄に生まれ、女でありながら男として育てられた軍人である。その私が、これまで生きてきた中で得た経験を通じて理解したことを、なぜあなたは、「女である」という一点のみで否定してしまえるのか。それは、あなたの「男」という立場の濫用に他ならず、私の立場を明白に侵害しており、私という人間の否定でもある――。そのような憤りが、安蘭オスカルをして、父ジャルジェ将軍に対して、「何故、何故…私が女だから莫迦にされるのですか!」と言わしめるのだが、このセリフもまた、「私が私だから莫迦にされるのですか!」と等価となる。安蘭オスカルが口にする場合、セリフの中に登場する「女」には、「貴族」、「軍人」、他のどんな要素も投入可能である。
 安蘭オスカルが「これが私!」を声高に表明するのは、この場面と、市民側に立って戦おうと衛兵隊士に呼びかける演説の場面くらいである。こちらの場面にもやはりブイエ将軍が絡んでおり、先の場面において父の手前引き下がらざるを得なかったオスカルは、「女にだって生きる権利はある。主張を述べる権利はある」と敢然と始めて意趣返しを果たす。その小気味いい「命がおしければ黙って聞け」には、先の憤りが転化されたところの、相手に対する侮蔑の念が含まれている。――人生をかけてつかみとってきた信条から、私は今、このような言葉を口にしている。しかし、お前と来たらどうだ。その言葉に、己の信念、人生など、到底かけてはいまい――! 正しく己の人間性を見切られたブイエ将軍は、捨てゼリフを吐いてすごすごと退散する他あるまい。
 安蘭オスカルが伯爵の称号と伯爵領のすべてを捨てるのは、そんなものがなくとも在る己、すなわち「これが私!」を知ったから――少なくともその段階では、知った、と思ったからである。「誰かが弱い市民を守ってやらなければ…」と一人語るオスカルには、かすかながらも驕りがある。オスカルが本当に己を知った瞬間は、アンドレが死んだその刹那に他ならない。愛する者を無残にも殺され、初めて市民と同じ地平に立ったからこそ、ここでの呼びかけは「シ・トワイヤン」でなくてはならないのだが、その呼びかけに続くくだりに、先ほどまでの己の驕りに対する悔悛の情をにじませてしまうあたり、一見ネガティブな感情や人間性さえも躊躇なく表現することによって結局は“清く正しく美しく”反転させてしまう、“逆説の役者”の真骨頂である。
 安蘭オスカルを観ていて私は、それまで難解に思えていた橋本治の「色気は譲歩の能力だ」という文章を初めて理解することができた(「ひろい世界のかたすみで」収録「女って何だ?」より)。他人を受け入れるという譲歩こそ、色気、つまりは、その人間のもつ本質的な魅力へとつながってゆくものなのである。すべての人間を受け入れる包容力に発露する安蘭オスカルの魅力は、ブイエ将軍に対峙するときのオスカル同様、人生をかけてつかみとってきたすべてを舞台上においてさらけ出すことをためらわない、自身の役者としての魅力と、究極的には等しいものであるのだろう。

 それにしても安蘭オスカルは人間的である。国家の窮状をよそにはしゃぐ貴族のご婦人方には仏頂面で嫌味をかまし、心を許したアンドレの前では拗ねてすらみせる。軍神マルスの生まれ変わりのような死闘を繰り広げるバスティーユの場面においてさえ、市民たちが一人、また一人と倒れるたび、一人ひとりの死を食い止められない己の無力さに、激しく胸を衝かれずにはいられない。
 そんな姿に観入るうち、漫画のオスカルに心を揺さぶられた日を思い出した。幼い日、オスカルは、男や女、貴族や人種などといったものすべてを超えた、遥かなる憧れの存在であった。しかしながら私は、安蘭オスカルを目の当たりにするまで、オスカルという人物が生身の人間として存在する可能性というものを考えたことがなかった。安蘭オスカルを目にして初めて、オスカルと実存とが私の中で結びついたのである。憧れは何も、憧れのままにしておく必要などない。そのように生きればよいだけなのだと、きわめて人間的なその姿が教えてくれている。

<参考項目>

「ベルサイユのばら」の安蘭けい・その1
http://blog.eplus.co.jp/daisy/2006-05-15-2