共生の微笑み〜宝塚星組・立樹遥[宝塚]
 以前、星組の舞台を観に行くと、公演期間の前半と後半とで印象ががらりと変わる役者がいた。自分の納得が行く演技ができるまであきらめず粘り強く舞台に取り組み続ける人なのだなと、立樹遥を観るたび思っていた。
 その立樹は、ここ一年で、大柄な体躯に似つかわしい、存在感ある男役に成長した。きっかけとなったのが昨年の「ヘイズ・コード」であろうことは言を俟たない。立樹はここで、主人公レイモンド・ウッドロウの親友ラルフ・カールトンを、包容力あふれる温かみのある人物として造形、好演し、物語のムード作りに大きな貢献を果たした。
 次いでの大劇場公演「シークレット・ハンター」で立樹に与えられたのは、主人公である大泥棒ダゴベールを追い続ける“男爵”という綽名の殺し屋役である。実はこの役どころは、結果的に、作品全体において一番の難役であった。すべての道具立てがどこかマンガチックな印象を与えずにはおかない「シークレット・ハンター」という作品で、ダゴベールを演じる主演男役・安蘭けいが、その芸質の必然として敢然と“人間”を生きてしまえば、一番割りを食うのは、なかでももっとも戯画的に描かれた“男爵”であるのは目に見えている。しかも、ところどころにフランス語を交えて話しキザに振る舞うという設定は、宝塚における“男役”のあり方そのものを問いかねないところがある。男役の立ち居振る舞いは、見慣れぬ者にとってときに笑いの対象ともなることを考えると、男役の本質とも微妙に重なる“キザ”は、下手をすれば笑いを招きかねないという意味で実に危険なのである。その難役を、立樹は、宝塚大劇場から博多座に至る一連の公演で、キザを愚直なまでにストレートに追求することで演じ通した。
 その結果、立樹遥が獲得したのは、宝塚の男役という存在が本質的に抱えずにはおかないせつなさである。だから、博多座公演で上演されたレビュー「ネオ・ダンディズム!U」の立樹は実によかった。「ネオ・ダンディズム!U」自体、“ダンディズム”という言葉に寄せて男役のせつないまでの美学を語るレビューであり、主演男役の安蘭けいがまた、せつなさの権化のような存在であるわけだが、立樹はまず、オープニングで歌う「疵」がせつなく、その歌声に合わせて踊る安蘭のせつなさを支えた。続いて、序詞師として語る“ダンディズム”とはのセリフも、ダンディズムの裏返しのせつなさをきっちり伝えていた。
 立樹がこうして獲得し、培ってきたせつなさは、上演中の「エル・アルコン−鷹−」で演じているジェラード・ペルー役にも大いに生きている。「エル・アルコン」のダーティー・ヒーロー、ティリアン・パーシモンは、母イザベラとジェラード・ペルーとの間に生まれた子である。スペイン人でありながらスパイとしてイギリス海軍に従事し、幼き日のティリアンに海への憧れと野心のままに生きる人生の素晴らしさを教え、結果、ティリアンが悪へとひた走る土壌を準備することとなったジェラード・ペルーは、これまたせつないまでの弱さを抱えた人間である。愛する女性と息子とを捨ててスペインへと逃亡し、後に敵味方として相まみえることとなったその息子ティリアンに共闘を持ちかけるも、己の人間としての器の小ささを正しく見定められ、息子への罵りの言葉を吐きながらその手にかかって死ぬのだから。長身でひるがえすマント姿もりりしいその人物が、息子の成長ぶりとその心、そして人間性とを読み違え、笑顔から瞬時に憤怒と焦りへと表情を豹変させ、悪あがきの末果ててゆくそのせつなさ。その死は、実の父を手にかけてまで野望の道をひた走らねばならない悪のヒーロー、ティリアン・パーシモンのせつないまでの純粋さと哀しき運命、そしてその不吉な行く末をも暗示するものである。
 ショー作品「レビュー・オルキス−蘭の星−」では、トレードマークの春の太陽のような笑顔が印象的であるのはもちろんのこと、男役の制服ともいえる黒燕尾服でのダンスシーンでの立ち姿など、大人の色気が増したと感じずにはいられない。あくまで若々しく張りがありながらも成熟した魅力をたたえたその声を武器として生かしていけば、大人の男役としても魅力もいや増そうというもの。今後の展開も期待大である。
 それにしても、あの笑顔。それ一つであんなにも観る者の心に温かい灯を宿すことのできる笑顔の持ち主を、私は他に知らない。
 物を書くというのはときにただただ孤独な作業で、家にこもって誰とも話さない日が何日も続いたりすると、「ああもういいや一人ぼっちで」などという訳のわからない拗ね方を平気でしてしまったりする。そんなとき、劇場で、立樹遥の、観る者すべてを受け入れるような、人と共に生きること、人と何かをわかちあうことの素晴らしさを教えるような微笑みを目の当たりにすると、「そんな風に拗ねてちゃいけないんだった」と、私はいつも反省するのである。