宝塚星組公演「スカーレット ピンパーネル」制作発表会[宝塚]
 近所の桜も綺麗に咲いたし、新作の帽子も手に入れたし、気分はすっかり春! 何とはなしに、四月からの新たなスタートの予感に胸を躍らせていたところ…、一足先にと思ったか、パソコンあひる号が真っ白になってしまいました(涙)。…ま、あひるが操作を間違っただけとも言うが。ということで現在、いささかの虚脱感と不思議な爽快感とを胸に、ここ3年ばかしの全データが消去されてしまったあひる号と悪戦苦闘中なのですが、ほとんど、急に記憶喪失になってしまった親友に、「この間まであんなに仲良かったのに、あひるのこと忘れちゃったの?」と問いかけているような気分…。
 気を取り直して、27日昼、都内で開かれた「スカーレット ピンパーネル」制作発表会へ。ブロードウェイ・ミュージカルの日本初演ということもあってか、いつもにも増して大勢の取材陣が集結し、熱気あふれる会見場。会見冒頭、登場人物の扮装をした安蘭けいさん、遠野あすかさん、柚希礼音さんによる歌唱披露が。今回の公演のために書き下ろされた新曲「ひとかけらの勇気」は、歌い込まれて安蘭さんの歌になる日が楽しみ。「謎解きのゲーム」の三重唱も美しく、人はいくつもの顔を持っている…という歌詞が、公演のたびに違う顔を見せてくれるお三方に何だかぴったりだなと感じ入った次第。質疑応答では、フランク・ワイルドホーン氏の手による楽曲を歌われた感想をおうかがいしました。取材陣の期待も大盛り上がりといった感があり、公演が本当に楽しみ。