雪組公演総集編〜[宝塚]
 ポンポン二回目、家での練習の甲斐あって、無事振れました。それはさておき、「RIO DE BRAVO!!」の“恋泥棒”の場面、銀橋を渡る水夏希の男役姿があまりに粋で、かっこよくて、息をひそめて凝視していたら、…宝塚歌劇、男役という芸術様式に対して水が注いできた愛、情熱の限りがただただ心に流れ込んできて…、楽しいショーなのに泣けて泣けて、困った。こんなにも楽しい世界がこの世に本当に存在するんだ、男役ってすごい芸だな…と思って。
 そして、水夏希は、今回の公演で新たな段階へと覚醒したのかもしれない、と思ったのである。これまで、水の繊細な美意識は、劇場空間における、理性と熱狂、陶酔の危ういバランスをつないで、やや理性へと傾いていたような気がする。それが今回、陶酔へと一歩踏み込んだことで、水の舞台に新たな世界が拓けたように思う。だからこそ、あのとき、舞台に賭ける水の想いが、観る者の心に流れ込んでくることとなったのではないだろうか。雪組トップスター水夏希、充実&飛躍の時である。
 その新たな相手役、愛原実花は、すでに実力を発揮している芝居とダンス、そして課題なしとはしない歌唱についても、大舞台で経験を積んでいけばさらなる進化を遂げることと思う。品と華があって、何より、宝塚の舞台に立つ喜びを全身で味わっている生き生きとした姿がチャーミング。舞台を楽しむ余裕が出てくればさらに輝きを増すことだろう。
 彩吹真央は、今回の公演でも、芝居に、歌に、ダンスに大活躍を見せた。奥ゆかしいところのあるこの人は決して自らの才能を見せびらかすということをしないが、その芸はとんでもなく精度が高い。タップ対決の際の足のさばき具合など、あまりに流れるようで、見惚れる。フィナーレのトップコンビのデュエットダンスの際の熱唱に、聴き惚れる。宝塚に限らず、大して見せるべき芸もないくせ、「私って素敵でしょ」「俺ってかっこいいだろ」という“自意識芸”を見せる演者も少なくない中、彩吹には確かな芸がある。だから、その芸にふさわしく、もっと誇っていいと思うのである。その奥ゆかしさゆえ、多少誇っても決して下品になることはないのだから、臆することはない。彩吹に今必要なのは、いい意味でのハッタリである。
 音月桂は、ときに、受け取られ方を非常に限定しがちな演技や表情を選択するきらいがなきにしもあらずだが、その天真爛漫な明るさ、無邪気さは、どこまでも素直な心で発揮してこそもっと生きるものだと思う。音月が、彩吹とはまた異なる男役の魅力をもつからこそ、今の雪組の布陣は鉄壁である。
 今回、大きな成長を見せたのが、二番手娘役格の大月さゆである。芝居作品でははじけたコメディエンヌぶりを発揮、ショーでは大人の女の魅力やかっこよさ、男前っぷりを見せて、芸の幅の広いところをアピールした。元気で個性あふれるスターが多ければ多いほど、組全体が活気づく。

 ここで恒例、“心のキャラ”を発表〜。…ドゥルドゥルドゥルドゥル(←ドラムロール)…。
 今回の“心のキャラ”は、「ロシアン・ブルー」で緒月遠麻演じるユーリ先輩こと、ユーリ・メドベージェフ!
 実は緒月は、二公演連続“心のキャラ”獲得だったりする(“心のキャラ”は、該当者なしのときと、あひる多忙につき発表しきれていないときとがあります。そして、何も宝塚公演に限られるものでもありませぬ)。ちなみに前回公演では、「風の錦絵」の小僧さんのラインダンスのセンターと、「ZORRO 仮面のメサイア」のヒロインのとぼけた幼なじみ役の合わせ技一本だったが、実のところ、合わせ技ではなく、それぞれの役柄できっちり一冠ずつ獲得してほしいなと思っていた。今回は堂々の一本勝ちである。
 十月革命に感動して軍に入るも、上官の不正を告発して除隊となり、諜報員となってアルバートとイリーナを監視するユーリ先輩は、コメディ部分に一切絡まず、終始シリアスで通し、メインの芝居に絡む箇所もさほど多くはない。しかしながら、ラスト、主人公アルバートよりある意味ヒーロー的な活躍を見せるこの役柄は、確かな男役芸を持った役者がきっちり演じればおいしい役どころであって、また、その存在感が増せば増すほど、作品全体の味わい深さもさらに増すというキーパーソンだった。これは、前回公演ではお笑い担当になっていた緒月が、男役としてどれだけの力量を持っているか広く知らしめようとする、作・演出の大野拓史の愛にあふれたあて書きだったと思うのだが、緒月も応えて好演を見せた。窮地に陥ったヒーロー、ヒロインを颯爽と助けて、ユーリは言う。
 「革命が俺を裏切ったとしても、俺は革命を裏切らない」
 こんなセリフが似合う人間に、あひるもなりたい。
 湖月わたるを思わせる、いかにも男役らしいルックスに、切れ味鋭すぎるダンスとシャープな魅力。「RIO DE BRAVO!!」でも緒月の個性が光る。そして、“恋泥棒”の場面の、サンタクロースと見まがうようなおヒゲがキュートな警察署長役で、コメディセンスもいかんなく発揮している。男役濃度がきわめて高い男役の、今後の活躍に期待大である。
 “心のポーズ”は、汝鳥伶演じるスターリンのそっくりさん、ミハイル・ゲロヴァニが、登場の瞬間に取る、部屋に掲げてあるスターリンの肖像画とそっくりのポーズ。「来るぞ」とわかっていても、笑わずにはいられない! 緩急自在で縦横無尽、キュートでかつ貫禄十分。いつ、どの作品で観ても、汝鳥の芸は決してブレずに、心にストレートに響く。それにしても、「黎明の風」の吉田茂といい、近現代の実在の政治家を演じてどうしてあんなにハマるのだろう。汝鳥による“一人ヤルタ会談”なんて観てみたいものである。
 “心の名場面”は、魔女軍団ネコタナちゃんたちが、愛原演じるイリーナに、惚れ薬を使うためにいざ、笑顔でアルバートを攻略! と檄を飛ばすシーン。しかめっ面のイリーナに向かって、♪笑う〜なんて歌いながら垂直にぐるぐる回るのがかわゆくておかしい。歌詞もとってもキュート! 行きつけのお店のハロウィーン・キャンペーンでくじを引いたらうさぎの耳つきのカチューシャが当たったので、猫耳のかわりに装着して一人、真似してみたあひるであった(しかし、「スカーレット・ピンパーネル」の“心の名場面”同様、一人での再現は無理でした〜)。娘役陣の活躍の場面があると、作品の醍醐味も倍増するというもの。今回、専科から出演の五峰亜季と美穂圭子が雪組出身であることからもわかるように、雪組は、セクシーでコケティッシュ、それでいて、ふんわりとした娘役らしい魅力を忘れない娘役の宝庫だったことを思い出した。