宝塚花組「オーシャンズ11」舞台稽古[宝塚]
 初日前の舞台稽古を見学。めちゃめちゃおもしろい! エネルギー&パワーで圧倒した星組版とはまた異なり、花組男役陣&娘役陣の色気が炸裂、大人の味わい(セクシー・ダイナマイト花野じゅりあの休演は本当に残念ですが…)。蘭寿とむがトップスターに就任してから、本公演で一番しっくり来る役どころ。チョイ悪で、どうしようもなくて、でも、「…お前だけだよ…」と純情を見せてくる、そんな男に女は弱いもの。花組男役陣のびしっと粋なスーツの着こなし&女心をときめかせるしぐさを学びに、世の男性もぜひ足を運んでは如何? 男役陣が野郎祭りを繰り広げ、そこに、ほとんど反則のセクシー衣裳の娘役陣が絡むめくるめくフィナーレ。本編も、イレブンのメンバーのキャラがそれぞれこっくり濃い上に、周りにも濃いキャラが勢揃いして、その登場だけで思わず笑ってしまったり、目がいくつあっても足りませぬ。昨年秋、花組は四グループに分かれて密度の濃い公演を見せたけれども、そのときそれぞれ腕に覚えありの一芸を披露したツワモノたちが、今度は本公演できっちり成果を出していて、見応えあり。宝塚は決して「ベルサイユのばら」だけじゃありませぬ。アメリカン・ゴージャスのこんな痛快エンターテインメントだってお手のもの。一幕ラストの演出は、さすが小池修一郎、しびれる盛り上がり。観たら元気が出ます!