「普門館」見学〜[建築]
 あひるに近代建築趣味を教えてくれた弟が、先月、実家でぽつり。
「和田堀にある『普門館』が今度取り壊しになるんだけど、一回行ってみたいんだよね」
 ああ、うちからバスですぐのあそこね。夜にふと見ると、ライトアップされた姿に、モスクワのクレムリンに来たかといつも思ってしまう、立正佼成会の大聖堂。その向かい側に建っている、あの巨大円形建築「普門館」。信者じゃないから縁のない建物だと思い込んでいたけれども、調べてみれば、カラヤンにパリ・オペラ座バレエ、ボリショイ・バレエも公演したという歴史のあるホール。どうして一度も観劇しに行かなかったんだろう…と嘆いてみても始まらず、取り壊し前の一般公開初日(11月5日)に馳せ参じ。開館時間の少し前に着いたら、並ぶ人がいて開館が早まったということで、思い思いに楽器を吹く音がもうすでに聞こえてきていて。「全国吹奏楽コンクール」の会場だったことから、“吹奏楽の甲子園”として有名なこのホール、今回の公開も、吹奏楽関係者に思う存分このステージで吹いてほしいという趣旨のイベント。長年取材で携わってきた「ブラスト!」の関係者や観客も来ていたりするのかな…と、ステージに足を踏み入れて思う。
 でかっ!
 なんせ5000人級のホールである。宗教的モチーフをあしらったきらびやかな天井の下、三階席まで舞台をぐるっと客席が取り囲んでいる。しかし。あれは何ですか? 左右、二階客席あたりから、両花道につながっているエスカレーターがある(それとは別に、花道の出入り口もある)。あんな舞台機構、見たことない! 早速、ホールの方に質問〜。と、昇降切り替えられて、宗教的行事の際などに人々がそこから登場したりしていたという。
「…ここで宝塚を上演したとして、ラインダンスのとき、あそこから人がどんどこ登場してきたら、すごいな…」
 …いつしか、舞台中央に立ち、客席に向かって、エアシャンシャンを手に、何とはなしに「♪FOREVER TAKARAZUKA FOREVER」と心の中で歌うあひる。…それ、劇場、違うから。しかし。これだけ多くの人に見つめられるということは、すごいことですな…と、改めて。耐震基準を満たさないという理由で、本当に多くの建築がこの世から姿を消していっていて…。こんなユニークな建物、もうなかなか建つまい。カラヤンが作らせたという反響板にメッセージが書けるようになっていて、残念ですと書き入れ、劇場空間を堪能して帰ってきたのですが、ホールの方に熱く質問する姿が動画ニュースに映り込んでいました(笑)。「普門館」一般公開は11日まで!
2018-11-08 22:57 この記事だけ表示