「フランス杯2018」男女ショートプログラムの日本人選手+ジェイソン・ブラウンの演技[フィギュアスケート]
 田中刑事。最後まで前向きな気持ちが伝わってきて、これまでより演技時間が短く感じられた。長い手足を活かした一つ一つの動きが大きく、すっきりした表情も◎。
 ジェイソン・ブラウンの演技は、「ロシア杯2018」の羽生結弦の「秋によせて」の流れに続く、男性美の新たな可能性を強く打ち出した演技。
 本田真凜。しなやかさや伸びやかさ、彼女の美点をじっくり引き出しにかかっているコーチのラファエル・アルトゥニアンに頭が下がる。「スケートアメリカ2018」のときに気になった点も解消されつつある。「自分が好き」な本田真凜より、今回のように「スケートが好き」な本田真凜の方が、断然魅力的!
 紀平梨花。画面のこちら側にまで緊張が〜。けれども、頭上で手を組んだ三回転ルッツはシャープな美しさがさらに増していたし、スピンも見惚れる。「月の光」にのって滑る彼女の姿に、昨夜の東京で見られたとても美しい満月を思い出して。
 三原舞衣。彼女のふんわりとした魅力が引き立つ今回の衣装◎◎◎。内面からどんどんあふれてくるものがあって、女性ヴォーカルの「It’s Magic」に、うっとり、ロマンティックに酔うひととき。優雅な大人の女性を感じさせて。
2018-11-24 13:26 この記事だけ表示