空間が、歪む〜「全日本選手権2018」男子ショートプログラムの高橋大輔の演技[フィギュアスケート]
 高橋大輔は、空気になる。私を取り巻くその空気に、次第に浸食されていく…。
 …劇場で舞台を観ていて、舞台上の演者が空間を歪ませるのは何度か体感したことがある(すべて同一人物による)。しかし。全日本選手権大会会場とあひるの自宅、空間の離れた状態で、テレビのブラウン管(うちはまだブラウン管です)を通してこちらにまでやって来るほど空間を歪ませた人は、貴方が初めてです。そうしてやってきた上で、心に伝えてくるのではなく、耳元でささやく、言葉。
 そんなことができる人がこの世にいるんだ…と、茫然。隣で観ていた夫も絶句。
 引退してからこのかた、貴方が日本舞台芸術界をウロウロ(ごめん、そういう風にしか見えなかった!)しているのはわかってました。熊川哲也芸術監督にインタビューしてあっさり返されているのも見ています(芸術監督は、あれほど弁が立つのに、言葉のない世界での美を追求する、そういう人なんです)。…わかっていてなぜ、頑なに関わっていこうとしなかったか。それは、今振り返ってみれば、そんな貴方に何とはなしに歯がゆさを感じていたから、でしょうね。
「ちょうどそのころ、男子フィギュアスケートの高橋大輔選手がバンクーバーオリンピックで銅メダルを獲得したけれども、そのフリーでのプログラムで表現された世界と同じである。映画『道』の楽曲にのって舞われたあのプログラムは、高橋自身が、これまで生を尽くして賭けてきたフィギュアスケーターとしての“道”を描き出していた。何度も何度も困難に出会い、くじけそうになり、それでも決してフィギュアスケートという表現手段から逃げなかったこと。彼自身の人生が氷上にそのまま描き出されたあの舞は、“芸術”だった」
 2010年6月に書いた文章(http://daisy.stablo.jp/article/448444534.html)。貴方は今また、その“道”を追体験している。そうして、愛を、魂を、自分を取り戻した。
 ――そして、今度はどこに行くのか。
 願わくば、共に歩く道であることを!
2018-12-22 23:17 この記事だけ表示