「全日本選手権2018」男子フリースケーティング[フィギュアスケート]
 笹原景一郎。じわじわ、感涙。とてもよかった。一つ一つのエレメンツに、どれだけ莫大な時間と労力がかけられているんだろう…と、見入らずにはいられなかった…。つらいことも多かっただろうと思う。でも、リンクにいる彼からは、楽しかった! という幸せな思いばかりが伝わってくるのだった。これからは一緒に応援しましょう!

 小林健斗。頭の上から透明な糸でぴんとつられているような、端正さ。

 山田耕新。激しく手を震わせる最初の振りから“山田耕新劇場”をエンジョイ。コミカルな振りも交え、彼だけの確固とした世界がある。社会に出て、社会を知って、その上で表現できるスケートを見られるすばらしさ。

 三宅星南。曲は『レ・ミゼラブル』。「オン・マイ・オウン」では胸締め付けられ、「民衆の歌」では、観ているこちらもどんどんたぎって来て…。大いに見どころあり。

 鈴木潤。ビートルズ・メドレー。…北海道の大地、大空の下にたたずむ一人の男。飄々と…。けれども、曲が「Let It Be」に変わったあたりで、…やせ我慢をして、何食わぬ顔で口笛を吹くその姿が見えて、ぶわあっと涙が出そうに…。スケート文化をますます根付かせていきましょう! 髪型は要検討。

 佐藤洸彬。…こんなに硬派な叫びを秘めたフィギュアスケートを、初めて観た。突き抜けるように壮大な、強固な世界観を、リンクに描き出した。すごいものを観た。しびれた! (内容的には、平昌五輪の羽生結弦のフリースケーティングの演技に近いものがある) ――“亡命”していく、一人の人間。亡命は通常、不自由な国から、自由な国へとなされるものである。貴方のような力強い仲間を待っていました! 共に闘っていきましょう。

 日野龍樹。“私をみんなが見るの”の『ラ・ボエーム』の「ムゼッタ・ワルツ」に乗せて、「見よ!」との堂々たる演技。いざとならば潔く散らんとの、武士のような覚悟を秘めた、美しい心の人。壮絶な生き様を見せる姿に、美男ぶりが際立って。

 山本草太。ブレない上半身が美しい。…スケートを手放してたまるか! と、何度も、何度も強く伝わってきた…。生きていてよかった…と。そんな姿を観られて、こちらも生きていてよかった。涙。人間、ときには泣きたい夜もある。でも、励まし合って、前向きに生きていける。今日の貴方の演技に、励まされました!

 壷井達也。やはり落ち着いて安定感がある中に、この夜はわくわくする気持ちも伝わってきた。完成されたものを感じさせるけれども、まだ16歳、個性を見つけて、どんどんはじけていけ〜!

 友野一希。リンクに躍動する魂を、茫然と観ていた…。何度でも這い上がって来るとの、不屈の魂。まだまだ遠く、高くに行けるこのプログラム、ぜひ来年へと練り上げていってほしい。

 田中刑事。
 …貴方と、私の思いは同じです! 今年の秋に、気づいた。そのために神様に遣わされたんだろうな…と。それまで、自分でもわからなかった。やり始めてみないとわからないこともある。今夜、貴方の滑りを観ている時間は、とても楽しかった。幸せな時間をありがとう。温和で優しい人だから、その心にときに大きな負荷がかかっているのも、今夜、非常によくわかった。けれどもやはり、貴方のような大きな心の持ち主が、美のために踏ん張るべきときもあるんじゃないかと…。そう、今夜のように! 応援は惜しみませぬ。

 鍵山優真。ジャンプに見惚れる。そして、氷に吸い付くようなスケーティング。キラキラした姿、その躍動感に、未来を感じてわくわくする!

 中村優。ショートも途中までよかったのですが。物語を自分の中で構築し、それを滑る力がある。なかなか素敵なロミオ。

 島田高志郎。曲は「アンダルシアの冬」。シニアに果敢に挑んでいった17歳。――情熱。心に咲いた小さな花を、慈しみ、いとおしむような。
2018-12-24 22:46 この記事だけ表示