王者の演技〜「全日本選手権2018」男子フリースケーティングの宇野昌磨の演技[フィギュアスケート]
 …うん、自分でも思うときがある。例えば。この年の瀬の押しつまった今、クリスマス・イヴだというのに、締切も迫っているのに、自分は何をやっているのかと。
 あんまり先を深く考えてはいなかったです。走り続けて、気がついたら、こんなことになっていた。「そういう人だよね」と、夫に言われた。「突撃、驀進していくのが、あひる」と。暴走機関車か、オレは。
 私はどうも、まっすぐ以外に、人との向き合い方を知らない。人間関係も、本音でつきあうか、つきあわないか、自分でもものすごく極端だと思う。おかしいのかもしれない。でも、そうやって生きてきてしまったので。
 …“変節”に見えるのかもしれない。途中で姿勢が変わったと。でも、その上では、貴方の存在も大きい気がする。別に、人のせいにしようとしているわけでは決してないのですが。最初は、美に取り組んでいる人が一人しかいないような気がした。…その当時の自分には、その一人しかわからなかった。けれども、どんどん突き進んでいったら、次々と人が加わってきて、もう、全員一緒でということの方がむしろ素敵だなと、そう感じた次第。それに、だんだんと隠された部分も見えてきたことだし――何も最初から、これはこうなっていくなとすべて見通した上で取り組むわけじゃなし。
 …アホですか、の件。思うに、それこそが、美の入り口なのではないかと。生の根源だから。私だって、どうしていつも同じようなことが起こるのか、と思う。同じ失敗ばかり繰り返していると言われたことも、何も今夜が初めてではない。でも。相手が違えば同じ失敗ではないし、そもそもそれが本当に失敗なのかどうかもわからないし、万が一失敗だったとしても、そこから学べばそれでいいと思っているので。今夜起きたことも、きっと大きな何かへとつながっていくことなのでしょう。
 無理禁物! 今夜の宇野昌磨もかっこよかった! 立ち向かって、闘った! 王者!

 全日本選手権についてはこれにて終了!
2018-12-24 22:59 この記事だけ表示