宝塚花組公演『蘭陵王』[宝塚]
 年少者への性的虐待は、異性間であっても、同性間であっても、そして虐待者がたとえそこに「愛」という言葉を持ち出したとしても、虐待である。『蘭陵王』において、作・演出の木村信司は、この、あまりに重大な問題を、あまりに軽々しく扱っている。はたして宝塚歌劇においてふさわしい題材かという議論の前に、その扱い方が問題である。
 だが、作品の拭いがたい気持ち悪さを中和する痛快な笑いを誘う快演を、瀬戸かずやが見せるのだった。皇太子に生まれながらも戦いは嫌い、美しいものと男性が大好きなこのキャラクターを、瀬戸は大いにデフォルメの効いた演技で見せ、性別やセクシャリティを超えたダメ人間のダメっぷりをピリリと風刺してみせる。戦場で「いたあい」だの「こわあい」だの連発、“ぶりっこ”という言葉すら思わせるキュートな造形。演技上、ここまで崩してしまうことが可能なのも、瀬戸には、厳然と確立された男役芸があるからだ。そして、フィナーレの舞いで見せる、そのシャープな切れ味。瀬戸は、同じKAAT神奈川芸術劇場ホールで上演された『For the people ―リンカーン 自由を求めた男―』のスティーブン・ダグラス役に続く名演である。
 そんな瀬戸の強力アシストも受け、凪七瑠海が主人公として強固に踏ん張る。なるほど、美しさゆえに皆が戦うことをやめてしまったという伝説のある蘭陵王にふさわしい容姿、力強い歌声、そして、これまた強固な男役芸。凪七にとっては『ベルリン、わが愛』のヨーゼフ・ゲッベルス役に続く難役となったが、見事芸で押し切り、その男役芸に限界のないことを証明してみせた。花組生もまとまっており、舞台全体としての出来は悪いものではない。
 作中、蘭陵王は、愛せるか、幸せかと問われ、自問自答の歌を歌う。これに則り、作者に聞きたい。彼は、宝塚歌劇団の演出家として、宝塚をどのように愛し、観客にどのような世界を見せたいと考えているのだろう。そして、宝塚歌劇団の演出家として、どのような瞬間に幸せを感じるのだろう。「愛」の中に年少者への性的虐待を含めることなく、答えを出して欲しいものである。
 楽曲の一部を雅楽師の東儀秀樹が提供、その雅やかな音色が作品世界に大いに貢献している。ドラマシティ公演の初日には生でお祓いの演奏もされたとのこと。筆者にとっては成蹊学園帰国子女学級の先輩にあたり、同じ先生に学んだ経験もあり、かつて学園関連の記事で取材させていただいたこともある。彼と宝塚との初コラボレーションが実現したことは、作者の功績として挙げておくべきだろう。先輩、これに懲りず、今後もぜひ宝塚の舞台に関わり続けて行ってください。
2018-12-28 17:54 この記事だけ表示