「四大陸選手権2019」男子フリースケーティング[フィギュアスケート]
 諸事情により予定を変更してお送りいたします。
 放映順。

 友野一希。曲は『リバーダンス』。
 …今夜、ミュージカル『キューティー・ブロンド』のゲネプロを観にシアタークリエに行っていた(その開始時間が押しましたばい)。劇中、『リバーダンス』のパロディのダンスを、樹里咲穂が中心となって踊る場面があった――パロディが成立するほど、有名ということである。おかしかった。涙が出るほど笑った。――そのとき、友野一希のことも、考えていた。
 …最近、スケートを楽しめているのかなと、フリーの演技を観てもそのことがとても気になる。私は、友野一希が氷上に描き出す世界が好きである。それは、彼にしか可能とはならない世界である。あせらず、待っている。スピンは美しさが増したと思う。

 田中刑事。
 4回転サルコーがきれいに決まった! ふわっと腕を動かすときの浮遊感も爽快。スケートを心から楽しんでいるから、観ているこちらも楽しい。
 考えてみたら、ウィリアム・テルも、息子の頭の上においた林檎を矢で撃ち抜いたとき、まったく怖くなかったと言ったら嘘になるんじゃないかなと…。英雄だって、人間なのだからして。でも、「自分は、できる」と思って、その通り実行した。氷上での存在感が増した結果、何だかとてもゴージャスなスケーターなんだな…と思わせる田中刑事の姿に、そんなことをふと思った。

 宇野昌磨。演技に入る前の、目の異様な鋭さ。
 ――そして彼は、自分が生涯をかけてきたスケートに、一つの明確な答えを出した。その答えを、私はとても美しい、と思った――。
 私も、観ること、書くことが、生きることです。そして、言葉とフィギュアスケートを通じて、宇野昌磨という人と出逢えたことを、人生の幸せに思います。
 月光は、地上の風景、人々を、あまねく照らす。その月光を映す人の心が、静かだったり、激しく揺れ動いたり、変わるだけである。その様はまるで、たゆたう水面にも似て――。宇野昌磨が滑るベートーヴェンの『月光』に、私が聴いたヴィジョン。
 表彰台の一番高いところで『君が代』を歌っている、その世にも真剣な表情にも、惚れ直しました! 最近男前度めきめきアップ。そして。「無理せずに無理する」と言っている人に敢えて、何度でも。
 無理禁物!

 キーガン・メッシングは、楽しいときはもっと楽しいのだけど…。ジャンプのキレ優先だったのかしらん。

 明日じゃなくて今日は頑張って起きてエキシビション!&『いだてん』〜。『いだてん』観ない日曜は何だか歯を磨かないで寝るみたいで気持ち悪いのですが、今宵のあひる(&夫)は限界なり〜。
2019-02-11 01:14 この記事だけ表示