取り急ぎ、「ジャパンオープン2019」&「カーニバルオンアイス2019」の宇野昌磨 [フィギュアスケート]
 「Dancing On My Own」。…ずうっと涙をこらえていて、でも、最後の最後で思わず一筋頬を伝っていって、…その様を、美しいな…と思って静かに見つめているような、そんな演技。
 「See You Again」。演技が変わった。彼の内面――若くして実は非常に成熟したところのある――が、より自然に出てくるようになった。その成熟さなくして、今期、一人で歩むという道は選べなかったと思う。
 敬意をこめて!
2019-10-11 22:44 この記事だけ表示