子ガモのような〜宝塚星組・綺咲愛里退団[宝塚]
 紅ゆずると綺咲愛里、星組トップ・コンビにとって初めての大劇場レビュー作品となった『Bouquet de TAKARAZUKA』の、フィナーレ近くのダンス・シーン。紅の後について踊っていく綺咲の、紅の動きと自分との動きとをどこまでもぴったりシンクロさせようとする、並々ならぬ努力がうかがえて、その長い腕が宙を舞う様を、…美しいな…と思って見惚れていた。その懸命さは、親ガモについていく子ガモをも思わせて、何だか微笑ましくもあった。
 紅ゆずるは、関西人である。おもろい人である。そんなトップスターの相手役を務めるということは、ある程度おもろくなくてはならず、しかし、あんまりコンビでおもろくなりすぎてしまうとそれもまた困ったものであって、そのあたり、やはり関西人でもある綺咲愛里の、ちょっと澄ましているようでいて、でも、やるときゃやるわみたいな匙加減、按配は、実によかったと思うのである。
 その片鱗がうかがえたのが、あの世を描くRAKUGO MUSICAL『ANOTHER WORLD』。現世に帰ってきたヒロインが豹変するシーン、…実はけっこうド迫力の人なんじゃあ…と思わせるあたり、おもしろかった。併演のショー『Killer Rouge』も、紅い衣裳がよく似合って、攻めてくる美少女像を確立。
 『GOD OF STARS-食聖-』のヒロイン、アイリーンは、そんな綺咲愛里の好ましさの集大成のような役どころである。ピンクのベロアのジャージ姿でカンフーを披露して大暴れし、料理はド下手、でも、彼女の一途さ、けなげさが、主人公をはじめ多くの人々の心を動かしていく。フリフリのアイドル風コスチュームも、美脚が映えて◎。ピンクとベージュと黒の三色使いが印象的なワンピースに同じ配色のヒール、そこにやはり同系統の配色に金糸もあしらわれたコートを羽織るシーンも、着こなしが見事だった(衣装は有村淳)。主人公ともビシバシ大いにやり合う役どころ。劇中でもそのトーク力の高さに(役柄上だが)言及される紅相手に、舌戦を繰り広げる。こんな役柄もできるようになったんだな…と、感慨深い。
 初日前囲み会見でも、紅さんについていく! との想いがいつも伝わってきて、微笑ましかった。相手役、舞台人の後輩として、注がれた想いをちゃんと受け止めて、自分という花を大きく花咲かせて。トップお披露目作で挑戦した『THE SCARLET PIMPERNEL』のヒロイン、女優のマルグリット役あたり、今また観たいものだな…と思ったりもする。…もし、道が、10月14日以降も続いて行くのだとしたら、またどこかで逢えますね!
2019-10-13 01:37 この記事だけ表示