超えていく〜「NHK杯2019」ペア・フリープログラムの三浦璃来&木原龍一の演技[フィギュアスケート]
 今回が国際大会デビューの二人が、…限界を超えていこうとする様、超えていく様に、泣いてしまった…。前夜のショートプログラムは要素をひたむきにこなしていっている印象だったけれども、フリーは一転、未知へと解き放たれていっていて…。そのさわやかさ!
 コンビを組んでまだ四カ月弱、余裕が出てからで全然いいのですが。リフト等で大変なときも、「全然大したことないんです!」的な空気をまとえるようになると、より素敵かも――木原龍一は包容力の人であることだし。基本姿勢を確立した上で、プログラムごとに変幻自在なカラーを出せるペアを目指して、フレーフレー三浦&木原組!
2019-11-26 23:20 この記事だけ表示