『ラスト・クリスマス』→万葉集meetsミュージカル『令和にそよぐ風』初日→「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」
 ワム!&ジョージ・マイケルの名曲をフィーチャーした映画『ラスト・クリスマス』。「♪Last Christmas I gave you my heart〜」で始まる名曲「ラスト・クリスマス」をそう解釈して物語を構築してきたか! やられた〜〜〜としびれる思い。しびれ過ぎて、ワム!時代の相棒アンドリュー・リッジリーのカメオ出演を見逃しました…。宝塚花組『ハンナのお花屋さん』と、日本でも大人気のあのミュージカルにも通じる話だな…と思ったのですが、その作品名を明かすことすらネタバレになり。ジョージ・マイケルのラヴ・ソングから、神の愛にも通じる部分を抽出してきたところが、個人的にはぐっと来た。そして、ロンドンの美しい景色の数々も楽しめる作品。もう一回観に行って、かみしめてから書きたい。そのときはアンドリューも見逃さない!
 万葉集meetsミュージカル『令和にそよぐ風』(初日16時の部、東京国際フォーラム ホールB7)も、いい意味で期待を裏切られました! チラシビジュアルから想像していた雅な和の世界に加え、ミュージカル・ナンバーありホットな演奏ありのバラエティー・ショーを、山本耕史の多芸多才が見事まとめ上げ。新納慎也と夢咲ねねも活躍〜。『ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリーインチ』と『レント』のナンバー、そして、宝塚の名作『あかねさす紫の花』の主題歌が聴けます! 公演は明日まで!
 夜は、実家でおせちをつつきながら、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」を初めてじっくり観ており。…私、“充電”=田舎に行ってのんびりすることだと思い込んでいたのですが、本当に充電させてもらう番組だったんですね…。昨年秋、『君の輝く夜に〜FREE TIME,SHOW TIME〜』を観て感じた思いを、心の中で改めて確認。
2020-01-02 23:29 この記事だけ表示