『ウエスト・サイド・ストーリー』日本キャストSeason2[ミュージカル]
 2月6日13時半、IHIステージアラウンド東京。
 …この作品で私が一番好きなセリフは、息を引き取る間際にトニーが言う”I didn’t believe hard enough.”に対してマリアが返す”Loving is enough.”なのですが――「マリアはもう撃たれて死んだ」という嘘を信じてしまったため、トニーは「俺を撃て」と言ってほっつき歩き、チノに撃たれて死ぬわけです――、日本語に訳されたセリフが、「信じ方が足りなかった」に対して「私は信じてるわ」だったのは疑問。
 かつて『ウエスト・サイド・ストーリー』の曲で滑った鈴木明子さんのインタビューが公演プログラムに掲載されているのですが、音楽と技とのタイミングを合わせる難しさについての話が興味深く。
 観劇レポートは後日SPICEに掲載されます。
2020-02-06 22:31 この記事だけ表示