「うたコン」[テレビ]
 おかゆが自作曲「愛してよ」を披露。その歌声には、“流し(楽器をもって酒場等を回り、演奏・伴奏する者)”としての活動を通じて、現場でこつこつ積み重ねてきた経験ゆえの凄みと艶がある。デビューして今年で56年、この巣ごもり期間中に日本の歌謡曲を聴き直し、その魅力を考えてきたという大月みやこは、最新曲「氷雪の岬」で大いに魅了した。今は目の前にいない、失くした愛の相手に歌いかけられる歌はそのまま、今は目の前にいない聴衆へと歌いかけられて。「♪あなた 寒い 寒いの あなた」と歌われるとき、凍てつくような北の海の光景と心の情景とが重なる。けれども、「♪泣いて倒れて 降り積もる雪に 埋ずもれたいの 北岬」と、絶望を歌いながらも、その心には希望がある。それは、彼女が、愛を――歌を、そして、聴衆を信じているから。心の中に<聴く人>がいる人の歌は強いな…と、しみじみ思ったことだった。
 舞台を盛り上げようとタオルを一心に振り回す司会の谷原章介がキュートでした。彼と赤木野々花アナウンサー、司会の二人が客席に座って聴いているというのがいいな…と、先週から思って観ています。
2020-06-16 23:13 この記事だけ表示