『青天を衝け』第二十一話 [ドラマ]
 …草g剛に徳川慶喜が降りてきているような。ちょんまげ姿で軍服の洋装、かっこいい。
 ときに目に狂気を孕む男、山内圭哉演じる岩倉具視と、梅沢昌代演じるトメのやりとりが楽しく。
 渋沢栄一の孫娘の渋沢華子が書いた『渋沢栄一、パリ万博へ』を久方ぶりに読み返しています。祖父の女性問題についてもあけすけに書かれており。1921年生まれの著者はレビュー黎明期の宝塚ファンだそう(父・渋沢秀雄は東宝取締役会長)。
2021-07-04 23:09 この記事だけ表示