月組東京宝塚劇場公演千秋楽無事終了〜[宝塚]
 よい楽でした。本日の『桜嵐記』は、終戦記念日にふさわしい、鎮魂の物語でした。――不思議な話である。本来の千秋楽は2月14日。コロナ禍で公演日程の見直しがなかったならば、この作品が8月15日に上演されることはなかったのだから。
 暁千星は今日の感覚を忘れぬよう。舞台人として、大きな一歩を踏み出した。
2021-08-15 23:14 この記事だけ表示