花組梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演『銀ちゃんの恋〜銀ちゃん、本日も反省の色なし〜』千秋楽ライブ配信[宝塚]
 つかこうへいの『蒲田行進曲』を原作にした『銀ちゃんの恋』。宝塚では1996年に久世星佳主演で初演され、2008年と2010年には大空祐飛主演で再演。水美舞斗主演でのこのたびの上演は三度目となる。潤色・演出は石田昌也。3月に月組で上演された『幽霊刑事〜サヨナラする、その前に〜』でも、歌舞伎ネタや最近の宝塚ネタまで入れ込んだ軽妙な脚本・演出が冴え渡っていたが、今回の舞台もパロディ満載で笑いを誘う。
 スター俳優の銀ちゃん。その子分である大学出の大部屋俳優ヤス。そして、銀ちゃんの子を身ごもるも、ヤスに押し付けられる女優の小夏。三人が織り成す、愛と嫉妬と卑屈に彩られた奇妙なトライアングル。今回、改めて、初演当時の状況、そして、演出家がそのトライアングルに込めた想いに心を馳せ。
 ヒロイン小夏に扮した星空美咲の演技は、初代ヒロイン風花舞、二代目ヒロイン野々すみ花の影響下にあるが、その取り入れ方にセンスと芝居心を感じる。早口でのセリフの応酬でも演技のキャッチボールを心がけようとしているところが◎。入団三年目ながら、落ち目の女優の悲哀や、情感、昭和感を感じさせ、ヤスに対し包容力をも発揮してみせる瞬間があった。ヤスの母を演じて女の業のかわいさと母の愛の凄みを見せた京三紗とのやりとりも見応えあり。専科のベテランの演技に学んでさらに高みを目指したいとの姿勢が頼もしく、この人の芝居をもっと観てみたいと思わせる娘役である。カンパニー全体、今回の作品での経験を次の舞台での飛躍へとつなげていって欲しい。
2021-09-10 23:40 この記事だけ表示