花組東京宝塚劇場公演『アルカンシェル〜パリに架かる虹〜』&星風まどか退団[宝塚]
 小池修一郎オリジナル作品らしい要素がありつつも、新たな展開の可能性も感じた『アルカンシェル〜パリに架かる虹〜』。ナチス・ドイツに占領されることとなったパリでレビュー劇場「アルカンシェル・ド・パリ」を守ろうとする人々の奮闘を描く中で、ナチス・ドイツ側の人物として、エンターテインメント、ジャズを愛する文化統制副官フリードリッヒ・アドラー(永久輝せあ)を配したことがその一因と思われる。そのアドラーと恋に落ちる劇場の歌手アネット役を、星空美咲が芯の通った女性として見せ、やわらかな雰囲気の永久輝と二人、次期トップコンビとしてのバランスのよさを感じさせた。物語の語り手イヴ・ゴーシュを演じた聖乃あすかは、作品の背景を伝えるセリフをわかりやすく発していた。劇場のスター歌手ジョルジュ役の綺城ひか理も、プライドと愛国心の間で揺れる役柄を演じて印象付けた。劇場のコメディアン、ペペ役の一樹千尋の無言の演技の雄弁さ。劇場街レジスタンスのリーダー、ギヨーム・ブラン役の紫門ゆりやの存在感。ナチス・ドイツの文化統制官コンラート・バルツァーは、小池オリジナル作品にたびたび登場する“ちょっとマッドな独裁者”の系譜にある役柄だが、輝月ゆうまが演じると、人物に対する批判をも含んだユーモアが感じられるのがおもしろい。その上官である総司令官オットー・フォン・シュレンドルフ役の羽立光来の風格。

 この公演をもって退団する星風まどか。
 『WEST SIDE STORY』のマリア。『アナスタシア』のアナスタシア。『元禄バロックロック』のキラ。心の中で、ひそかに“はりきりレディ”と呼んでいた。宝塚において、トップ娘役として、トップスターと一定期間コンビを組んで舞台を務めるということは、舞台人としてユニークな経験であると思う。はりきりレディがその経験を生かす場にめぐりあえることを願って。