7月11日12時半公演の生中継分につき、すっかり遅くなりました。

 柴山歩。気合すごい! 後半、音楽に軽やかに乗れていてとてもよかった。
 三宅星南。曲は『白鳥の湖』。終盤の王子の闘いぶり、よかった! そしてラストには白鳥が見えた! Kバレエカンパニー時代に『白鳥の湖』のジークフリードとロットバルト両方の役を踊った経験がある宮尾俊太郎が、今年NHK BSプレミアムで放送されたドラマ『カンパニー〜逆転のスワン〜』でロットバルトを踊っていたのを興味深く思い出し。
 吉田陽菜。演技にキレあり! 闘志を感じた。
 三浦佳生。曲はヴィヴァルディ『四季』より「冬」。生まれる前から定まっていたのかもしれない、そんな、己に与えられた運命を生ある限り果敢に生きんとする生命の不可思議を感じた。一緒に観ていた夫が、「どうしてこんなにも、…俺はこう生きればよかった…みたいな、人生の悔恨を感じさせる演技ができるのか。16歳じゃなくて実は36歳、いや、46歳なんじゃないか」と申しており。
 松生理乃。細やかなところまで気を配ってていねいに演技しようとしている姿勢◎。
 本田ルーカス剛史。だいぶブルースがしっくりしてきた!&哀愁も少し感じた。
 横井ゆは菜でクイーン・メドレー。パワーをぐっとこめた力強い二の腕が好き。「ウィ・ウィル・ロック・ユー」の“ドンドンチャ”は、長年の宝塚観劇で磨いた手拍子でいつかぜひ生で盛大に煽りたい! 「伝説のチャンピオン」では嗚咽しそうに…。魂のシャウト! 今の状況、みんな、その年齢&置かれた状況なりにつらいと思う…。もちろん、あひるも。でも、一緒に乗り越えよう! この経験が自分を磨いてくれると信じて。つらいとき、私は心の中の横井ゆは菜おもしろアルバム(2019年の全日本のフリーとか)を思い出して頑張る!
 友野一希。曲は『ニュー・シネマ・パラダイス』より。心にしみじみしみわたる深い愛。少年は大人になった。
 樋口新葉。振付のディテールまでがキレとしなやかさをもって表現されていて、観る者を熱狂の渦に巻き込む、鳥肌ものの素晴らしい演技! 樋口新葉がゾーンに入ると、こんな感じなのかなと…。会場の方々、画面越しに観ているこちらの分までスタンディング・オベーションしてくれてありがとう!
 神宮アイスメッセンジャーズ。凄まじい気迫で揃えてきた! 現地で観ると、自分がどこにフォーカスするかによって、見えてくるもの、迫力がまた違うんだろうな…と。
 河辺愛菜。曲はヴィヴァルディ『四季』より「冬」。心地よいスピード感の、流れるような演技!
 佐藤駿。曲はヴィヴァルディ『四季』より「夏」。途中の音楽表現に心きらめくものを感じた。
 三原舞依。曲は『レ・ミゼラブル』より「I Dreamed A Dream」。軽やかなジャンプ! 夢見ることで一歩、また一歩と前へ進もうとする、人間の生命力の力強さを感じた!
 田中刑事。曲と相俟って緊迫感に満ちた演技。気迫に圧倒されるものがあった。『LUXE』の“ナルシス”のシーンに話を戻すと、観劇していてあのような瞬間が訪れることは私自身、年に二十回あるかどうかだし、そのような瞬間が訪れる上で田中刑事の功績は大きかったと思うものだから、自信をもって!
 宮原知子。曲は「小雀に捧げる歌」。表現にふくよかさが増して、今の彼女だからこそますますドラマティックに滑れるこのプログラム。ラストのスピンの華やかさ!
 三浦璃来&木原龍一。木原龍一の包容力の中で三浦璃来がキュートに自由にのびのび泳いでいる感じが好き。スケールの大きさを感じさせる二人。フィナーレのお姫様抱っこの胸キュン度もさらにアップ。
 坂本花織。彼女の大らかな魅力、存在感がじわじわ沁みてくる魅力のあるプログラム。
 鍵山優真。悩んで人は大きくなる!&リンクに立ったらそこはあなたの世界!
 紀平梨花。曲は映画『タイタニック』より。人生の果てしなき航海を感じさせる壮大なプログラム。その航海の道連れとなるのはよき友の存在。大学は学び方を学ぶところだったなと、今の私は思っています。

 羽生結弦で「マスカレイド」。痛切で、激しく、それでいてロマンティックな、一人語りの、彼自身の『オペラ座の怪人』の物語。凄絶な孤独を乗り越えてさらに高みを見据える魂の飛翔を感じさせた。自分に与えられた生、その運命のありのままを生きようとする魂の。
 ――生中継で、涙ながらに演技を観た後、何だか魂が抜けたように盛大にぼんやりしてしまい、…そして、いろいろなことを考えた。ときおり、心の中で、「♪マスカレイド〜!」とToshiばりに盛大にシャウトしたい衝動に駆られながら。――人には生きていく上で他者が必要であるということ。それをとりわけ如実に教えてくれる、ライブ・パフォーマンスの空間について。“仮面”と自分の人生についても考えた。私自身はどちらかと言うと、“仮面”をつけるのが下手で失敗したり挫折したりしてきたような気もする。その一方で、よりよい舞台評論家になりたいと努力を重ねる過程で、自分をどこかに置き忘れてきた自分にふと気づいて驚くときもあり。
今回、観ていて思い出したのは、仮面をつけたロミオと仮面をつけていないジュリエットが一目で恋に落ちる、Kバレエカンパニー版の『ロミオとジュリエット』だった。ちょうど、今年上演された『マタ・ハリ』での加藤和樹の好演により、フランク・ワイルドホーン作品が描く“仮面”について、今一度興味がかきたてられているときでもあり。
 その一方で、思った。「…羽生結弦、おもしろいよな…」と。前からちょいちょい思ってはいた。でも、最近特にそう感じる。美しいと思っていたら実はすごくおもしろくもあったという人を、最近他でも知った。そこまで美しさを追求してきたあまりおもしろくもなっているのか、そもそもがそんなにもおもしろい人だからこそそういう美しさにたどり着いているのか、その両方ともあるのだろうと思うけれども。だとしたら、おもしろさを知ることで、その両輪としてある美しさもさらに知ることができるのかもしれず。
 本日の地上波での放送で、この日の「マスカレイド」の演技を再度観た。録画放送でもやはりビリビリ強烈に来るものがあって――それぞれの“仮面”をつけて人生の“マスカレイド”を行き交う人々の姿が見えた。それにしても、約二週間経って、再放送を観るのにもものすごく緊張して身構えてしまったというのは、一回目に観たときのあまりの衝撃を心と身体が覚えていたからなのだろうと思う。

 これからのシーズンが非常に楽しみになる盛り上がりを見せた『ドリーム・オン・アイス2021』。今、改めて思う。氷上に在るスケーター一人一人がまさに”Dreams On Ice”なのだと。それぞれが、他の誰でもない、自分自身の夢を生きる姿を、これからも氷上で観られることを確信して。
2021-07-24 23:59 この記事だけ表示
 さらに盛り上がってまいりました!!!
 柴山歩。ふんわりした動きが好き。
 三宅星南。曲は映画『ゴースト』より「Unchained Melody」。彼の大らかな魅力が味わえるる好プログラム。長い手足も存分に活かして、愛の物語をドラマティックに表現。白いシャツでも王子様風。
 吉田陽菜。気迫がすごい! 力の入れどころの緩急がつくようになると、ますますパンチが効いてかっこよく見えると思う。衣装◎。
 三浦佳生。曲はヴィヴァルディ『四季』より「冬」。峻厳な冬山や氷原に挑み、人間の可能性を切り拓いていく者たち。――そんな極限に置かれた人体が見せる、スポーツの力。
 松生理乃。後半は演技も落ち着いて大人っぽく見えた。今度、夜空に浮かぶ月をぜひ眺めてみて!
 本田ルーカス剛史。昼より断然ブルース感あり。スケーティングでたっぷり曲調を表現して、その上で男の哀愁も出せるとかっこいいと思う。
 横井ゆは菜でクイーン・メドレー。…横井ゆは菜の中のおもしろさと、私の中のおもしろさとが好相性というか、お互いのおもしろさをさらに引き立て合う存在なのではないかと。それにしても合う曲をよくぞ選んだ! シーズン序盤にしてすでに顔芸を決める余裕。「伝説のチャンピオン」のくだりはやはり泣いてしまう。一生懸命生きている者みんながチャンピオン! そして横井ゆは菜はおもしろチャンピオン!
 友野一希。曲は『ニュー・シネマ・パラダイス』より。ひたむきな愛を感じた。「…お前に何があっても、俺はここにいるから。でも…」の「…」に大人の男の哀愁。
 樋口新葉。髪型&化粧◎。ますますきれいになった。演技を通じて実にスムーズにストレートに心が届くようになったと感じる。フィギュアスケートがなかったら、樋口新葉にも出会えなかったし、樋口新葉のスケートを愛する人たちと共感し合うこともなかった。彼女だけじゃない、多くの選手と、フィギュアスケートを通じて出会えたことに改めて感謝! 
 神宮アイスメッセンジャーズ。気迫がすごかった。ラインダンスを観るとき等、宝塚で培った観劇技術を今、応用中。
 河辺愛菜。曲はヴィヴァルディ『四季』より「冬」。曲調変化してからの演技に力強さを感じた!
 佐藤駿。曲はヴィヴァルディ『四季』より「夏」。彼のみずみずしい心と出会う一瞬。彼がフィギュアスケートを選んで、その道を歩み続けてきたからこそ、実現した瞬間。そうして多くの人の心に出会えるから、私はライブ・パフォーマンスの場が好きなのです。
 三原舞依。曲は『レ・ミゼラブル』より「I Dreamed A Dream」――昼公演について一度邦題で表記したのですが、彼女の滑りには原題の方がしっくり来るなと。…私自身、他の人が見た夢を、自分の夢であるかのように勘違いしてしまった苦い経験がありますが。ときに傷つくことがあっても、それでもやはり、生きていく上で夢を見ることは必要だと思う。
 田中刑事。――息を止めるかのようにして見入る瞬間。『LUXE』のような楽しい時間を増やすために共に闘おう!
 宮原知子。曲は「小雀に捧げる歌」。このプログラム、やっぱり素敵! リンクに立ったそのとき、観客と人生の時間を分かち合うことを心から楽しんで!
 三浦璃来&木原龍一。シーズン序盤から完成度高し。高いリフトが見応えあり。フィナーレのお姫様抱っこにも胸キュン。ここ数年、生まれ変わったらアイスダンスの女子選手にもなりたいと思うようになったのですが、ペアの女子選手にもなりたいかも。
 坂本花織。振付師ブノワ・リショーのインスピレーションとしての坂本花織という存在に改めて興味津々。
 鍵山優真。冒頭の表情、夜の方が自然で◎&観ていて音楽の楽しさを感じられるように。
 紀平梨花。曲は映画『タイタニック』より。「My Heart Will Go On」はやっぱり名曲だな…と。混迷の時代にあっても、紀平梨花のスケートは美しい!

 羽生結弦。
 …昼公演とはがらっと違う演技を展開してくるあたり、「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート」アニヴァーサリースペシャルバージョンで、美の彼岸に誘うを超えて一面を己の美の世界で制圧していった望海風斗のトート閣下を思い出し…。固まってはらはらと涙を流し、最後に茫然としてぱたっとペンを取り落とす。初めて観る、稲妻のような姿!
 一息ついて。
 この春、「浅田真央サンクスツアー」と『スターズ・オン・アイス』と『LUXE』を生で観て私が強く感じたのは、…氷上でした苦労は氷上で報われて欲しい…ということなのだった。みんなみんな、もっともっと氷上で幸せになって欲しい。
 その幸せのために私にできることがあれば、喜んで! 素晴らしい演技を観て、書く、それが私の幸せだから。
 さすがは美の総大将、そう来なくっちゃ! 凄絶な覚悟の姿、鬼神のように美しかった。もとより共に闘うのみ!
2021-07-10 23:40 この記事だけ表示
 …楽しみすぎて昨夜なかなか寝付けませんでした(苦笑)。
 柴山歩。フェアリーな感じが曲と合っていた。
 三宅星南。曲は『白鳥の湖』。曲調変化がめまぐるしいけれども、白鳥に魅入られてから愛のクライマックスまでの王子の心情を濃厚にヴィヴィッドに描き出すとよいのでは? 王子様衣装、似合う。
 吉田陽菜。音楽をもっと感じよう!
 三浦佳生。曲はヴィヴァルディ『四季』より「冬」。やっぱり彼は才能の塊! 進化止まらず。過酷な大自然に対峙する小さな存在たる人間を感じて、涙。これからの深化も楽しみなプログラム。
 松生理乃。新たな一面を表現しようとする姿勢が好感度大。
 本田ルーカス剛史。こういう曲調なので、エッジワークの妙も味わえるといいなと。
 横井ゆは菜でクイーン・メドレー。キューティーな魅力もあって、女子が滑るクイーン、いい! 衣装も似合う。「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を画面の前で盛大にシャウトするあひる。やっぱり横井ゆは菜の演技はおもしろくていいな…とときおり笑いながら観ていたのが、失意から敢然と立ち上がる様を見せるラストの「伝説のチャンピオン」が、…何だか今の状況と重なって、涙。みんなで立ち上がっていこう! すべてのピースがはまったらすさまじい破壊力をもつであろうプログラム!
 友野一希。曲は『ラ・ラ・ランド』より。ものすごい運動量! これまた全部はまったらとても楽しそうなプログラム。ラストに向けての心と身体のエネルギッシュな躍動感!
 樋口新葉。彼女らしい信念の強さと、今ここにある生の祝祭性に満ちた演技!
 神宮アイスメッセンジャーズ。フォーメーションを楽しむ。
 河辺愛菜。曲はヴィヴァルディ『四季』より「冬」。舞い散る雪の結晶を連想。
 佐藤駿。曲はヴィヴァルディ『四季』より「夏」。――過酷な春の後の夏を思って、涙。滑ることで前に進める! 思い、氷上で出していこう!
 三原舞依。曲は『レ・ミゼラブル』の「I Dreamed A Dream」。魂の叫びに打たれて立ち尽くす人生の刹那。天使や妖精を得意としてきた彼女だからこそ演じられるドラマティックなヒロイン!
 田中刑事。――『LUXE』の“ナルシス”は今も心に残る名シーンなり。いつになく激しく攻める姿勢にドキドキ。女戦士になって共に闘う夢想。
 宮原知子。アイスショーだからこそ、一生懸命やらなくちゃとかじゃなくて、自分の心の思うがままにENJOY!
 三浦璃来&木原龍一。木原龍一の冷静かつ温かな包容力が好き。
 坂本花織。かっこよさ、強さとしなやかさが表現できそうなプログラム!
 鍵山優真。小粋な軽妙さが加わるといいかも&相手に笑って欲しいなと思うとき、どんな感じで接してる?
 紀平梨花。曲は映画『タイタニック』より。衣装とヘッドバンドがとても素敵。母親がレオナルド・ディカプリオのファンだったため、この映画も何回一緒に観たかわからないのですが。今日の彼女の演技に、ジャックの死後も彼との愛の思い出を胸に生き抜いたヒロイン・ローズ、その人生の道のりに改めて思いを馳せ。
 羽生結弦。曲は「マスカレイド」。――『スターズ・オン・アイス』を横浜アリーナで観たとき、世にも幸せそうに氷上に在る彼の姿に、誓った。その幸せのために、自分ができることは何でもする…と。だから。ペンを手に握りしめたままその場にただ硬直して声にならない声を心で上げ続けるという、人生で初めて味わう時間を体感したことも、よし(苦笑)。
 夜公演も楽しみ!
2021-07-10 16:38 この記事だけ表示
 抽選は全滅、一般前売は秒殺〜。明日初日の中継がないのが残念ですが(後日一部放送されるようですが)、土曜日曜が楽しみ!
2021-07-08 23:59 この記事だけ表示
 初日に座っていた席からはよく見えなかったプロジェクションマッピング等を興味深く観ると同時に、生観劇と画面越しでの感覚の違いを確かめており。
 鋼鉄の鎧を脱ぎ捨てたように清々しい表情で心自由に幸せそうに踊る橋大輔が印象的。それこそが今、彼がたどり着いた境地。今宵も息を凝らして見入る田中刑事との<Miroir−鏡−>の場面。そして、荒川静香のファム・ファタルがもっと観たい!
2021-05-17 23:28 この記事だけ表示
 観終わってから、所用で一瞬近所に出たのですが、マスク姿で信号待ちしている人々を見て、…みんなつらいよね、でも、一緒に頑張っていこうね…と全員にエアハグしたくなった、そんなエアハグを世界中に送りたくなった、それくらい心満たされるショーでした。携わったすべての人々に感謝! 満たされた心で、まずは急ぎの原稿頑張ります。後日ゆっくり振り返らせてください。
2021-04-30 23:44 この記事だけ表示
 『スターズ・オン・アイス2021』八戸公演千秋楽生中継観ます。
2021-04-29 23:37 この記事だけ表示
 4月2日、「浅田真央サンクスツアー」の東京公演初日を観に、江戸川区スポーツランドに足を運んだ――東京と千葉の境にあるそのアイススケート場は、江戸川区が他県に所有する宿泊施設の「絵」の広告が壁に飾られた、昭和の香りのする場所だった。久しぶりにリンクの近くに足を踏み入れて、――懐かしかった。すうーっと滑っていくあの楽しい感覚を思い出した。そして、浅田真央とキャストたちの滑りに、その感覚はさらにふくらんでいった。浅田真央がすうーっと滑って近づいてくるだけで、楽しい。…この人は、このツアー中、全国のスケートリンクで、この楽しさ、喜びを伝えてきたのだ…と思った。それを観たら、この先、フィギュアスケートを観ていてたとえどんなにしんどい瞬間があっても大丈夫! と思えた。浅田真央のスケートへの愛で心のダムが満タンになったから――そうして、私なりのスケートへの愛を強く確認することができたから――、大丈夫。
 宝塚の娘役になっても活躍しただろうな…と思わせる、今井遥の芯のある可憐さ、エレガントさ。『スターズ・オン・アイス2021』横浜公演から休みなく登場の無良崇人は、「鐘」で実にドラマティックな世界を展開。艶っぽさがいや増している。
そして、浅田真央。男性スケーターたちを従えるのが実に似合う女王感を発揮しつつも、フレンドリーな笑顔で、観る者の心にストレートに飛び込んでくるその魅力、大らかな包容力。一歩一歩がしなやかに力強い。ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」の舞は息もつかせぬ迫力。座長としても一人一人の出演者に目配りが利いていることが、全体の演技からうかがえて。
 3年間にわたって続いてきたツアーの大千秋楽、――出演者みんながキラキラしていた。そして、フィナーレ、白い衣装で滑る浅田真央の向こうに、――滑ることが大好きで、それを心から楽しんでいる一人の少女、かつての彼女の姿が見えた。その姿は、『スターズ・オン・アイス』で観た幸せな情景ともつながっているものだった。優れたスケーターの演技は、最終的に、そうやって滑る側と観る側とを繋ぐものなのだと改めて実感した夜。
 フィギュアスケートはスポーツであり、芸術である。観ても、滑っても、心と身体双方を磨ける競技として、老若男女に広めていったらいい。その上では、“国民の娘”のように愛され、応援されている浅田真央のさらなる活躍が欠かせないと私は思う。真央ちゃん、サンクス! これからの貴女の人生も光り輝く幸せなものでありますように!&また滑っている姿が観られますように! 書き切れなかった話についてはまた後日〜。
2021-04-27 23:59 この記事だけ表示
 「浅田真央サンクスツアー」千秋楽公演2日目ライブ配信観ます。
2021-04-26 23:59 この記事だけ表示
 スポーツであり芸術であり、言語の壁を超えて世界中の人々を繋げることができるフィギュアスケートだからこその大いなる可能性を感じた日でした。
 最初に羽生結弦選手の「Let’s Go Crazy」の演技について記したとき、自分が人生においてどのような状況にあったのか、昨夜から非常に気になっていて、帰宅後、当時の手帳をチェックして、いろいろ合点。
 初日の22日、新横浜に向かう電車の中で、ふと目を上げたら、車内ニュース配信で「21日はプリンスさんの命日」と飛び込んできた、そのときから何かに導かれていたのかもしれない、今回のワーケーションでした。
 多くの劇場公演の中止の決定が相次いで発表された日の翌日に記す。
2021-04-25 23:59 この記事だけ表示