チー・イー・ツァオ。
 ステップ・シークエンスあたり、思いが乗っていた。途中からさらに乗ってきて、音と振付の意味を入念に確認しながら滑っていっていて、その行為を彼自身が非常に楽しんでいた姿が好印象!

 コンラッド・オーゼル。
 『レ・ミゼラブル』のドラマティックな音楽に向き合おうとする演技姿勢が◎。

 チャ・ジュナン。
 すばらしい演技! 気持ちが前に、前に行っていた。途中から乗ってきて、ジャンプがビシバシ気持ちよく決まることといったら! 滑ること、生きることを、全身で謳歌する姿に、涙…。少年の美しさから青年の美しさへ、着実に変化しつつある。この世にただ一人しかいない、貴方だけが体現し得る氷上の美を追求していって! 衣装の背中の部分の開いた感じだけ若干謎(色彩的にもうちょっとコントラストがついた方が美しく見えるような…)

 アンドレイ・ラズキン。
 振付はブノア・リショー。男性スケーターが氷上に咲かせる情熱の花、素敵! 演技に滑らかさがあり、後半、ずっと涙していた…。身体の内から熱さを感じさせるところに、寒い国の人ならではの表現の魅力がある。ロシア人スケーターとしての誇りを感じさせる演技に、…ロシアという国の風土や文化をもっと深く知っていきたい! と強く願った。

 ブレンダン・ケリー。
 曲は『シャーロック・ホームズ』より。考え込むポーズがおもしろい。ユーモア・センスとサービス精神に恵まれた人のようなので、その魅力をさらに発揮していく姿が観たい。チャップリンをも思わせる、早回しのような楽しさのあるステップ・シークエンス。頑張っちゃうぜ〜と張り切っていて、終盤とてもおもしろかった!

 田中刑事。
 曲は『シャーロック・ホームズ』より。コンビネーション・ジャンプ、素敵! プログラムの中のドラマがだんだん見えてきて、おもしろい!

 カムデン・プルキネン。
 『ラスト・エンペラー』の雄大な曲を感じ、曲とスピードを合わせて滑ろうとしているところがよかった。

 キーガン・メッシング。
 …私は、貴方の演技を通じて、今はこの世にいないその人を感じるのです。その人が、貴方の中に確かに生きていることを――。
 フライングシットスピンに入る際の浮遊感! 魂の炸裂のようなラストのスピン。泣いてしまった…。美のため共に闘わん!

 フー・ジャン。
 しなやかさが感じ取れた箇所の演技はよかった。

 ボーヤン・ジン。
 中国のエースが、地元大会で雄々しく立ち上がった! 凄まじい気迫。魂のステップ。悠久の大河を思わせる演技。…その姿を観ていた人々の胸に、フィギュアスケートのすばらしさが確かに刻み込まれたと思うのです。
ちょっと気は早いですが、2022年北京冬季オリンピック、みんなで手を取り合って、平和の祭典にしましょう!

 ハン・ヤン。
 …氷上に、男が一人、たそがれて。余裕綽々といった感じのジャンプ。飄々と口笛を吹いて、「俺、平気だよ」と強がっているような、でも、どこか、男の覚悟を感じさせるような。強がる男の背中を、「…ここにいるから!」とつついてあげたくなる。――氷上に描き出される4分間のドラマ。この主人公なら、ヒロインはどう寄り添ったらいいかしら…と、あれこれ想像をふくらませてしまう演技。

 マッテオ・リッツォ。
 振付はマッシモ・スカリ。
 フラメンコという踊りにはさまざまな魅力がある。彼の氷上の舞は、自分自身の内的世界と向き合い、これに分け入っていって真摯に探求しようとする、フラメンコのストイックで峻厳な一面を存分に味わわせてくれた。

追伸:「全日本フィギュアスケート選手権」の12月22日のチケット、当たりました。
2019-11-11 23:08 この記事だけ表示
 スピンを真上から映さなくなって◎◎◎!!!

 カイラニ・クレイン。
 慎重に演技を進めていった印象。レイバックスピンは綺麗でした。

 ホンジー・チェン。
 スピードと流れがあった箇所はよかった。トリプルフリップが綺麗。しなやかさの中に強さを感じさせて。

 チェ・ユジン。
 コレオシークエンスに夢幻的な魅力あり。衣装も『シェヘラザード』の世界に非常にマッチ。スピンに魅力を感じる。

 クリスティ・レオン。
 レイバックスピンと3連続ジャンプ、綺麗でした!

 ユ・ヨン。
 流れとスピードがあり、情感と美にあふれた、細やかな演技。ふれたら溶けてしまう砂糖菓子のように繊細でありながら、強靭さも兼ね備えていて。ステップ・シークエンス◎。曲がアップテンポに変わるところで演技も多少変化するとアクセントとして効いてくると思う。ショートプログラムに続き、フリースケーティングでも涙涙涙…。韓国の女性の美しさについて、もっと発見していきたい!

 イ・ジュウ。
 トリプルループが綺麗。音楽をよくとらえて表現しようとする姿勢が好印象。

 ソフィア・サモドゥロワ。
 ジャンプにスカッとするような快感がある。スポーツとしてのフィギュアスケートの魅力を非常に感じさせてくれる選手である。…観る側にまっすぐ向かってくる熱いエネルギー体を感じて。彼女が自分自身のスケートを発見していく姿を、これからも観たい!

 エリザベータ・トゥクタミシェワ。
 このプログラム、肩の力の抜けた、洒脱な魅力が味わえて、好き! 終盤は大盛り上がり、生きる喜びを感じて、涙が出る楽しさ。ポニーテールをつかんでのスピン、かっこいい! 彼女本来の美が堪能できて、満足〜。
 ロシアに住んでいたらもっと彼女の演技が観られたのかな…と思うと残念でもあり、でも、日本に生まれた人間だからこそ発見できる彼女の美しさもまたあるのかもしれない…と思うとうれしくもあり。貴女の演技がまた観られる日を心待ちにしています!

 本田真凜。
 彼女の世界へと誘い込まれていくようなオープニング。流れるように音楽に乗っていって、心はずむ、軽やかな演技を見せて。きりっとした美しさに魅了された。

 アンバー・グレン。
 心伸びやかに滑れていたところはとてもよかった。

 宮原知子。
 …最初から最後までずっとずっと涙。
 要素とポーズの一つ一つが洗練の極み。腕の遣い方も美しく、氷上での姿が大きく見える。重力を超えていこうとする、すなわち、極限に向かおうとする人間の美しさを感じさせるジャンプ。
 …一人、歩く、道。――まるで雲間を行くような。けれども彼女は着実に歩を進めていく。その先に広がるものを、一緒に観たい!
――ときに荒波のようにも寄せる水に、くりかえし、くりかえし洗われ、磨かれていく石の滑らかな美しさを思った。その石が、「宮原知子」というスケーターの碑として、心の中に確かに置かれた日。

 アンナ・シェルバコワ。
 やっぱり細くて健康面が心配になってしまう…。全身ふっくらするともっとかわいいと思うのです。それと、衣装チェンジするなら、コントラストがはっきりとしていて、かつ、重なり合ったときにもっと美しい色合わせの方がいいように思う。
 15歳、まだまだ若い。フィギュアスケートにおける美を、これからしっかり身につけていきましょう!
2019-11-11 23:01 この記事だけ表示
 フー・ジャン。
 粗削りだけれども、音のとらえ方に独特のおもしろいセンスを感じる。

 チー・イー・ツァオ。
 激しい曲調になったところで、魂をぶつけようとしていて、よかった。

 ハン・ヤン。
 ジャンプが高くて気持ちいい! スピードがあって引き込まれた。走っている姿のようなポジションのスピンがおもしろい。

 コンラッド・オーゼル。
 腕の動かし方により工夫があると◎。

 ブレンダン・ケリー。
 途中で曲が異様にコミカルになるところはもっともっとはじけていってほしい!

 アンドレイ・ラズキン。
 曲は「マック・ザ・ナイフ」。ダンディな紳士がこっそりウィンクしてくるような、肩の力が抜けた演技がとても粋で魅力的! ステップ・シークエンスの浮遊感!

 田中刑事。
 演技にキレがあって今日もかっこよかった!
 先日の「スケートカナダ2019」で、私、評論家として今後特別強化すべきポイントに気づきました。その上でも田中刑事選手のかっこよさが大いに必要!

 カムデン・プルキネン。
 ドラマティックな曲、さらに深く感じて滑ると◎!

 チャ・ジュナン。
 あせり禁物〜。貴方には貴方の美しさがあります! 最後のスピンは綺麗だった。

 マッテオ・リッツォ。
 氷上をスルスル〜と伸びてゆくような、彼の滑りがとても好きである。しなやかさとキレがある演技を大いに堪能!

 キーガン・メッシング。
 落ち着いて〜!

 ボーヤン・ジン。
 あせると大らかな持ち味が出てこない…。トリプルアクセルとバレエジャンプは綺麗でした。
2019-11-09 01:45 この記事だけ表示
 なぜスピンを真上から映すんだ〜〜〜。

 イ・ジュウ。
 ABBAの「Winner Takes It All」のしっとりとしたメロディをよくとらえようとした演技で、ほろほろとしたものが心に残った。

 ホンジー・チェン。
 腕が非常に長いので、両手を頭上で組んでのジャンプにこの人ならではの優美さがある。氷上を行く一羽の白鳥を思わせた。もう少しスピードがあってもいいのかなと。

 チェ・ユジン。
 身体を動かす際の力の入れ方が均一のように感じられて、平坦な印象になってしまう。力を入れるところと抜くところのメリハリをつけるとアクセントになると思う。

 カイラニ・クレイン。
 非常に楽しい曲で、だんだん乗ってきたところからは観ていて楽しく。もっとはじけるものがあってもいいかも。腕の肘から先の動かし方に工夫があると◎。

 クリスティ・レオン。
 「ウー」という曲の合いの手に合わせてのポーズがおもしろくて好き。せっかくのおもしろい曲、まだまだ活かして演技できると思う。

 アンバー・グレイ。
 曲に乗って、心のうねりを大きく表現していった。スピンにダイナミックな迫力! 自らの道をまっすぐに切り拓いていくようなダブルアクセル。静かな闘志を秘めて、自らのその決意を一段一段確かめながら階段を昇っていくようなステップ。心引き込まれるすばらしい演技! 美の仲間!

 ユ・ヨン。
 曲は映画『ロミオとジュリエット』より。
…虚しい対立の終わりを願って、祈りを捧げる一人の少女。――その姿は、『ウエストサイド物語』終幕のマリアにも似て。涙を抑えきれなくなり、最終的にはボロ泣き。
 私も最近、『ロミオとジュリエット』をモチーフの一つにしたNODA・MAP『Q:A Night At The Kabuki』(イギリスのバンド、クイーン側からの依頼により、日本を代表する劇作家・演出家である野田秀樹が、アルバム『オペラ座の夜』から全楽曲を用いて創り上げた美しい作品)を観ていて、…『ロミオとジュリエット』のラストでモンタギュー家とキャピュレット家は和解するのに、なぜ世界から未だに対立はなくならないのだろう…と深く感じていたところでした。私に今できることは、愚かな対立の煽りに決して乗らないこと。すべての人々に愛と敬意をもって接すること。

 アンナ・シェルバコワ。
 ジャンプが綺麗。スケーティングもだいぶ綺麗になってきたと思う。しかし、細さが依然、気になる…。

 本田真凜。
 氷上に出てきただけで、迫力の存在感!
 …妖しい香りを放ち、咲き誇らんとする黒百合の花。その満開の日を思って、心震える。人を惑わす香りがあたりに残って…。本田真凜、さらなる大化けの予感!

 宮原知子。
 黒のオールインワン&ネックレスのようにも見える胸の装飾、とても素敵な衣装!
 …ロープの端を持っている。と、もう一端を持つ彼女に、どんどん引っ張られていって…。ラストの美しいレイバックスピンに、中東の旋回舞踏を思った。

 エリザベータ・トゥクタミシェワ。
 あせりは禁物! 落ち着いて滑れば、貴女の中にある大らかな美しさは必ず発揮できます! 終盤はよかった。

 ソフィア・サモドゥロワ。
 ジプシー・キングスの「Bamboleo」の軽快なリズムに乗り、はつらつとしてスポーティな演技を披露。片手を上げてのコンビネーション・ジャンプが高い!
2019-11-09 01:40 この記事だけ表示
 地上波放映順〜。

 白岩優奈。
 途中、自分自身を鼓舞するようにジャンプに挑んでいった、その気持ちに心打たれた。一時体調を崩していたとのこと、あせりは禁物。体調を整えて、次の大会はもっとスケートを楽しめるようになっているといいな。

 坂本花織。
 最初のうちはちょっと翳りが感じられたけれども、後半はスピードもぐいぐい出てきてかっこよかった!
 …未だに、昨年の彼女の『ピアノ・レッスン』の演技を思い出すと、バンクーバーで一人空っぽの心で水辺に佇んでいたときのことを思い出して、涙が出てきて…。今年の『マトリックス』も、そんな深い刻印を心に残す作品に仕上がってくるのが楽しみ。

 スター・アンドリューズ。
 曲はリヒャルト・シュトラウスのオペラ『サロメ』より「七つのベールの踊り」。一枚一枚はらはらとはためくベール、流麗な音楽を表現しようとする振付&演技が好印象(あひるは大のリヒャルト・シュトラウス好き)。

 樋口新葉。
 気持ちがしっかり入っていたところは、ジャンプもキレがあってよかった。
 …途中、何だか別人のように大人の女性に見えたところがあった。苦しみを突き抜けたところに喜びがあるから!

 アリーナ・ザギトワ。
 あせりが感じられるときはとりわけそうなのだけれども、一つ一つの動きがバサッ、バキッと無造作で、カクカクせわしなくて…、観ていて落ち着かない。そんな動きがための“クレオパトラ”とわかってはいても…。手先指先まで細やかに、滑らかに、音楽との一体感を大切に滑っている姿が観たい。ジャンプは綺麗だった。

 アリョーナ・コストルナヤ。
 フィギュアスケートを選んでくれて、ありがとう! ――音楽と共に心が躍る、そんな貴女ならば、どんなジャンルのダンスを選んでも成功したことでしょう。
 月明かりの下、その瞳に魅入られて、動けない。心がじりじりと絡めとられていく――なされるがまま。
 ――そして私は饗宴へといざなわれる。そこで踊っているのは――?
 あまりにコケティッシュで蠱惑的で、――息が止まるかと思った。16歳にして成熟した美的感覚の鋭さ。我が道を行くクール・ビューティぶりに心惹かれてやまない。

 マライア・ベル。
 そんなコストルナヤの演技の直後に、自身で作り上げた強固な世界を展開するところがすばらしい!
 一瞬一瞬を愛おしみ、慈しんで、滑っていた。その手につかみがたい何かをふわっとつかまえようとするような――それは、手の中で溶けてしまう雪? それとも、時というこの儚いもの――?
 そして一面、白い世界が広がっていった――。
2019-11-03 23:54 この記事だけ表示
 地上波放映順〜。

 モリス・クヴィテラシヴィリ。
 内なる美を信じていて、今日の演技はとてもよかった。長い腕をもっと活かすと◎。
 ――その人の内なる美を貴方が知っているのだとすれば、その相手の内なる美を信じて接してあげたなら、少しは事態は変わるのでは?
 内なる美が信じられなくなったときこそ、芸術の出番です。劇場や美術館に行きましょう。文学やクラシック音楽もよいですね。

 宇野昌磨。
 「フィンランディア杯」のフリーの演技を観て、思っていた。――女には、愛する男が「旅に出たい」と言ったとき、涙をこらえて送り出さなくてはいけないときがある。それが女の意地である。今日のフリーの演技を観て、思った。――では、そうして送り出された男は、いつか女と再び顔を合わせるとき、どんな姿を見せるべきなのか。
 それが、愛に応えるということです。
 孤独は怖いです。でも、人は独りで自分自身と向き合わなくてはいけないときもあるし、孤独を知った人間は必ずや強くなれる。
 21歳の今、いろいろ気づけてよかった。

 アレクサンドル・サマリン。
 …背中が謎柄。すごく演技しにくそうな氷の状態なんだな…ということがよく伝わってきた。

 ケビン・エイモズ。
 母国フランスへの愛に満ちた、すばらしい演技!!! 演技後、彼は泣いていたが、あひるはその前から泣いていた…!
 美がそこに在ること、それもできるだけ多く在ることが大切なのだと思っています。ふとした瞬間、美にふれる機会が、人にできるだけ多く与えられるように。例えば今日、貴方の演技をふと目にした人の中で、何かが変わっているかもしれない。
 こうして今、彼の演技を思い出していたら、宝塚歌劇の『ベルサイユのばら』の中の「我が祖国フランス」という曲が甦ってきて――フランス人じゃないけど、「♪思い出せフランスの空を〜」というその歌詞で熱くなる人が、日本にはいっぱいいるのです(笑)。では、その曲を通じて、タカラジェンヌとその観客とはどんな“祖国愛”を共有するのか――今、私の中で初めて設定するに至った問いなのだけれども、私はそれは、宝塚歌劇団という美の共同体、“心のふるさと”に対する愛なのだと思った――。宝塚における男役、女役とは、日本人が海外の人々を演じる上で獲得した一つの有効な手段です。そして、宝塚歌劇団は、レビューやシャンソン等、フランスの文化から多くを学んできた劇団です。互いの文化をさらに高め合って、それぞれの文化のすばらしさにさらに気づけていけたら。共に美に生きん!

 ネイサン・チェン。
 何でもすぐには答えは出ません。自分自身の内なる美を信じることからスタート。
2019-11-03 01:05 この記事だけ表示
 地上波放映順〜。

 アリョーナ・コストルナヤ。
 貴女がシニアに上がってくるのを心待ちにしていました! 共に美の高みを目指しましょう!
 まだ少し粗削りだけれども、非凡な踊りのセンスがあって。――白い花のつぼみが、これからますます大きく花開いていく予感。息の長い活躍を希望します!!!

 マライア・ベル。
 衣装も演技も攻めていてかっこいい! 余裕とキレがあって、一つ一つの要素が洗練されていた。演技が一回り大きくなった印象。

 樋口新葉。
 ――最初から最後までボロ泣き。傷ついても、傷ついても、翼を広げ、大空へと羽ばたいてゆく、一羽の大きな鳥。
 これからますます良さを発揮していけるスケーターだと思います!

 坂本花織。
 苦手な人からでも学べることはきっとあるはずで、そうしているうち、苦手じゃなくなるかもよ。最初のコンビネーション・ジャンプはよかった。

 アリーナ・ザギトワ。
 これまた選曲が巧み。
 まだ17歳、本気で他の道を探そうと思えば、いくらでも道は開けると思います。それでも続けるかどうかです。続けていくなら、弱点とも向き合わなければ。スピンはとても綺麗でした。
2019-11-03 00:51 この記事だけ表示
 ダニエル・サモーヒン。
 もっと音楽を感じて!

 ケビン・エイモズ。
 ヒゲ、いい! 宝塚月組公演『チェ・ゲバラ』タイトルロールの専科の轟悠と張れるかっこよさ! 荒野に一人立つガンマンのような風情で、「オータムクラシック」より一段と男っぷりを上げてきた。

 モリス・クヴィテラシヴィリ。
 …滑っていて虚しいと感じるなら、虚しくない方向にもっていく努力をすべき。演技中は、他の選手の体現した至上の美はいったん忘れて、自分自身の内なる美を信じることからスタート。そしてENJOY!!!

 セルゲイ・ボロノフ。
 ベテランの貴方が楽しく素敵な滑りを見せていくことが、後輩スケーターたちにとって何よりのお手本になると思います。愛するフィギュアスケートをできるだけ長く滑り続ける上で、心と身体を保っていく秘訣を、多くの人に伝えていってあげて!

 樋渡知樹。
 全身が鞭のようにしなる等、魅力的な動きはいくつかあった。もっと曲をよく聴くと◎&シャツの柄は謎。

 宇野昌磨。
 …シャープで率直なツッコミ、トボけていて大好きですが。
 「フィンランディア杯」より断然、プログラムのおもしろさが伝わってくる演技になっていた。四回転フリップ! 心の奥底にドリルを打ち込んでくるようなスピン。
 集中してENJOY!!!

 ネイサン・チェン。
 美は胸算用の先にあらず。
 迷いの果て、途中までは虚しさがあり、後半は虚しさが表現されていたのでした。

 アレクサンドル・サマリン。
 …ブルース???
2019-11-02 01:16 この記事だけ表示
 そうだ、君は一人じゃない!
 「フランス杯」、ENJOY!!!
2019-11-01 20:26 この記事だけ表示
 天女の羽衣のような、妙なる、やわらかな布が、天上から幾重にも幾重にも、はらはらと舞い降りてくるような。
 ――そして、内なる炎が燃えていた。その火はじきに、私の内へと燃え移り――、魂をじんじんと燃やしていくのだった。こう書き記している、今も。
 振り返ってみれば。今は天上にいる人、美に尽くした人が行く世界にいるあの人も、よく私という人間を受け止めてくれていたものだと思います。こちらも可能な限り目いっぱい受け止め返したから、今も、私の中に濃厚に存在しているように思うのだけれども。「なんて生意気な!」とか思われていた。「でも、自分も生意気だったじゃないか…」とも。人はそうして自分を発見していく。他者の中に自分自身を見出していく。そうして世界は広がっていく。
 羽生結弦に今生で出逢わせてくれて、神様、本当にありがとう。
 いざ、真駒内へ!
2019-10-28 01:14 この記事だけ表示