掲載されました。

http://www.meg-net.com/blog/entry-565.html

 幕間、ひどい泣き顔で感想を伝えに行ったあひるに、演出の長塚圭史さんが、…大丈夫ですか…とばかりに手を差し出してくれて、…その笑顔が優しくて、美しかった。
 またブログでも書きます。
2018-11-19 20:35 この記事だけ表示
 今宵(11月14日19時の部、KAAT神奈川芸術劇場ホール)観劇。MEGに後日レポート掲載されます。一人でも多くの方に観ていただきたい、すばらしい舞台。愛知・兵庫公演はちょっと先ですが、神奈川公演は18日の日曜日までなので、是非お見逃しなく!
2018-11-14 22:59 この記事だけ表示
 昨夜観てきたゲネプロのレポート記事が掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/216407

 舞台を観ながら、自分にとっての至高のベートーヴェン経験――作曲家は彼岸を観、聴いて、それを譜面に記したのだと感じられた、2014年1月の「クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル」<http://daisy.stablo.jp/article/448444907.html>――を思い出していました。
2018-11-11 15:09 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/212748

 大反響のパルコの“三島×MISHIMA”取材シリーズ、今回は三島由紀夫ワールドに挑む二人を直撃〜。
2018-11-05 22:16 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/213924

 幅広く活躍している方なのに実に謙虚で、自虐ギャグもキュートなり。
2018-11-05 22:13 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/213375

 力作! とほめていただくことが多く、幸せな文章。それも無論、スタッフ・キャストの奮闘あってのこと。花總まりの熱演に、帰宅後、つい『ラ・セーヌの星』のアニメDVDと漫画版を大人買いしたあひるであった(設定が少々かぶるな…と)。遠い昔の異国の革命に、日本人はなぜこんなにも心ひきつけられるのか、実に興味深いテーマ。
2018-11-05 21:59 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/209423

 まだまだお聞きしたいことがあったので、今後、作品を通じての対話を希望〜。
2018-11-05 17:34 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/211547

 演出家・宮本亜門の会心作!
2018-10-09 22:55 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/207268

 本日また作品に関する取材をしてきました。後日掲載〜。
2018-10-09 22:54 この記事だけ表示
 掲載されました。

https://spice.eplus.jp/articles/208658

 少女のころ、グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーンをよく聞いていたあひる。この作品の脚本を読んで、…グロリアの英語ってどこかセクシーなような甘い訛りがあるな…なんて昔思っていた、そんな彼女の背景がわかり、なるほどと。「Conga」はもちろん「1-2-3」あたりも好きでしたが、一番好きだったのは「Anything For You」かな(今聞くと歌詞が相当にセンチメンタル&ちょっと自己犠牲的に過ぎて、「…都合のよすぎる女になってない?」と思わないでもないですが)。
2018-10-09 22:53 この記事だけ表示