先週はお休み、二週間ぶりにテーマ音楽が聞けてうきうき。
 ストックホルムから無事帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)。その間に明治天皇が崩御し、元号は大正に変わっていた。オリムピックで棄権した彼を、周囲は温かく迎える…かと思いきや、「敗因は?」と鋭く立ちふさがった人が。二階堂トクヨ――「女史」と呼びたくなる、寺島しのぶの怪演。いきなりイギリスに留学してしまいましたが、今後の展開が気になる。
 海外視察を経て、四三より後に帰国した嘉納治五郎(役所広司)はといえば、…大日本体育協会の部屋で机が隅に追いやられており。会の新たなメンバーとして紹介され、にやっと笑う岸清一(岩松了)――代々木の「岸記念体育会館」にその名を残す人ですな。ちなみに私、岩松了が社長を演じている、名刺管理サービスのCMが好きでして。満員電車でも、車内モニターであのCMが流れていたりすると、なごむ。こちらの展開も、気になる。
 一方、若き日の志ん生こと孝蔵(森山未來)は、師匠橘家円喬(松尾スズキ)とは違う噺家について巡業に出ることに。師匠に捨てられたかのように思う孝蔵。そんな彼を見送るため、新橋ステイションまで走って追いかけてきた師匠。…泣けるねえ。師匠に言われた「フラがある」が、意味はよくわからないながらも孝蔵の心の支え。そして、足元をもつれさせながら去る師匠を見て、…師匠はフラフラ…と。『世界は一人』でも如何なく発揮されていた松尾スズキの不思議な身体性が活き。
 と、新橋ステイションがたびたび登場した今回でしたが。これからほどない大正三年には閉鎖されて貨物駅・汐留駅になり、西洋文明の窓口としての新橋が地盤沈下、「明治の新橋」から「大正の銀座」へと時代は移り変わっていく――という話をちょうど『銀座と資生堂』(戸矢理衣奈著)で読んだばかり。ラストでは四三の見合いも描かれ、『いだてん』の物語もますます新展開へ〜。
2019-04-14 23:39 この記事だけ表示
 家族で近所の川べりにお花見に出かけたところ、ふくろう軍団(今度は計十羽!)とまたもや遭遇したあひるであった。
 十三回目のサブタイトルは『復活』。ストックホルム・オリンピック、金栗四三が日射病で倒れ、完走できなかったマラソン。その際、命を落としたランナーがいた。フランシスコ・ラザロ。――その名から連想されるのは、『新約聖書』の『ヨハネによる福音書』11章、死して四日目にイエス・キリストによって復活を遂げたラザロである。
 死して人がこの世に残すもの。フランシスコ・ラザロが、金栗をはじめ、スポーツに携わる人々の心に残したもの。ストックホルム・オリンピックの日本選手団の監督を務め、その翌年、短い生涯を終えることとなる大森兵蔵が、人々の心に残したもの。――嘉納治五郎(役所広司)は、自分が身体が弱いがために、選手にかえって迷惑をかけて…と暗いことばかり口にする大森(竹野内豊)に対し、君の著したこの書物はすばらしい、遺産である、と言っていて、治五郎先生〜、大森さんまだ生きてます、と思いましたが、先生の大らかな人柄によって通る一言。
 …暗いことばかり言う人、周りも迷惑ですよね…。自戒をこめて。できるだけ書かないようにして、夫に言うだけにしているのですが。言うだけ言って、「…こんなにストレスかけて、この人、病気になったらどうしよう…」と、勝手なことを思ったりもするのですが。
 今夜、…自分だったら、期待を背負って走るも完走できなかった金栗四三にどんな言葉をかけるだろう…と思いながら観ていて、でも、次第に、…いや、最近むしろ、自分の方があちらこちらで励まされているな…と。
 一方、若き日の志ん生こと孝蔵(森山未來)は、あろうことか、初高座の日、お酒を一杯引っかけて現れる。酔っぱらって師匠・橘家圓喬(松尾スズキ)とやりあう様に、芸人としての一種の狂気をにじませた森山の演技。その噺を聞いている松尾の表情。――最近、痛感するのだけれども、この世界で、人と人とは、ときに思わぬ形の縁でつながっていて。それがどのように描かれていくのか、今後の展開も見逃せませぬ。
2019-03-31 23:48 この記事だけ表示
 とつけむにゃあ回だった。観終わって、涙顔でしばし放心状態。
 日本人として初めてオリンピックに参加した金栗四三は、日射病で倒れ、マラソンを完走できなかった。この史実をどう描くのか、非常に気になるところ、こう来たか! と…。
 四三(中村勘九郎)が走り出したあたりで、すでに胸が痛かった…。国とか責任とか、そんなもん背負わんでよか! と思って。――私は子供のころ、母親に円谷幸吉の話を聞かされて育った。あまりの期待の重圧に、「父上様、母上様、三日とろろ美味しうございました」で始まる遺書を残して、メキシコシティ五輪(1968)の前に自ら命を絶ったマラソン・ランナー。生まれる前の話だけれども、母親が繰り返し語った話があまりに心に深く刻まれていて――きっと彼女の心にも深く刻まれているのだろうと思う――、日本人とオリンピックを考えるとき、今でも真っ先に思うのが円谷幸吉のことなのである。だから、走り出した四三の姿に、円谷幸吉が重なって、胸が痛かった…。
 猛暑の中、走る四三――その道に、彼の心象風景、これまで彼が生きてきた道が重なっていく。彼は、ストックホルムを走りながら、熊本を、東京を走り、スウェーデンの人々に応援されながら、日本の家族や友達や仲間に応援されて走る。そこに、若き日の志ん生(森山未來)が、初高座を前に、車を引きながら東京を走って噺を稽古するシーンまで重なる。実にシュールな演出である。そして流れるはジャジーな音楽。――予定調和を越えている! と感じた。スポーツの報道を観ていても、…この先、こういう展開を求めているんだな…とその演出に感じることがあって、でも、人生には筋書きがないから、というか、天の筋書きはときに人の考える“物語”を軽々と超えていくから、想定していたのとちぐはぐの展開になって、…あ、今、困っているんだな…と思うときもあって。日射病で倒れて完走できなかったというのは、事前の想定を遥かに超えた展開である。そこに、「感動をありがとう」は、ない。
 朦朧と走る四三の前に、子供時代の“彼”(久野倫太郎)が現れる。――子供に演技をさせるのは難しいことだと思うから、申し訳ない話なのだけれども、私は、こまっしゃくれた子役芝居がものすごく苦手な人間である。その点、久野倫太郎は、実に自然な演技がいい。というか、彼から自然な表情を引き出している人々がすごい。子供時代の“彼”は、一度は四三を励まし導き、…そして、運命のあの岐路で、四三を間違った道へといざなう。人生の分岐点。あのとき、ああしていれば。こうしていれば。そんな人生の分岐点を一つも持たぬ人はいないだろう。金栗四三の場合、その分岐点による転回はあまりに大きく、あまりに残酷なものとなった。そんな人生の真実を描いて、美しい回だった…。
 次週のタイトルは『復活』。と聞いただけで、あの話とあの話にかけたダブルミーニングかな…と予想しているけれども。予想通りだったり、いい方に裏切られたり、人生と同じように、次週放映も楽しみにして。…せっかちなので、本心は待ちきれなくて、「早く次の日曜になれ!」と思っているのだけれども(笑)、ほころび始めた桜を眺めながら一週間を過ごします。
2019-03-24 23:59 この記事だけ表示
 短期洋行から帰ってきた夫と一緒に無事観られたばい。
 遂にストックホルム・オリンピック、開幕〜。1964年東京オリンピック招致チームが記録映像(流れるは、本物!)を観ている…という形で、1912年に軽快に時間を飛ばす。自らの主張が半ば通り、「NIPPON」のプラカードを掲げて入場する金栗四三(中村勘九郎)。一方、初めての高座が決まった若き日の志ん生(森山未來)。君ならできる、君には何かある…と、悪い咳をしながら告げる師匠の橘家円喬(松尾スズキ)の、死をも見据えたニヒルな明治人ぶり。
 プレッシャーに悩むあまり、静かに押し花にいそしむ四三。ただただ真面目なその様が、シュールですらあり。…前から思っていたのですが。よく、「応援してくださった方々に申し訳ない」とか言うコメントを聞くけれども、実際やっている人間が一番大変なんだから、応援している側に申し訳なく思う必要はない、と。その日まで頑張ってきた自分自身が納得できれば、それでいいではないですか。
 『いだてん』次週はいよいよ四三の走るマラソン! そしてフィギュアスケートの世界選手権2019、まもなく開幕〜。『いだてん』組もスケート界も日本舞台芸術界も、みんなみんな頑張れ〜。あひるも頑張る!
2019-03-17 23:45 この記事だけ表示
 先週ちょっと忙しすぎてなかなか書けんかったばい(←合ってる?)。
 ストックホルム・オリンピック前夜。日露戦争の勝利もあってか、日本人選手への注目が集まっている、と金栗四三(中村勘九郎)。ちなみに、日露戦争の勃発及びその展開が少なからず影響を与えた芸術作品が、プッチーニのオペラ『蝶々夫人』なり。
 三島弥彦(生田斗真)、体格勝る西洋人の中で一人走る重圧と孤独から、窓から飛び降りんとするくだり。…何だか、小学5年生でカナダのオタワに行ったとき、黒人の女の子と一緒に走って「違っ!」と思ったこと、そして、ときには心ない同級生から「ジャップ」「チンク」といった蔑称を投げかけられたことを思い出し。いや、英語が上達したら、こちらも負けじと言い返すようになりましたが。そして、弥彦に、「そこで死ぬことなか!」と四三の如く言いたくなり、返す刀で自分にも突っ込み。…いや、あんたも前はよく死にたい死にたい言ってたよね…と。四三と弥彦、生まれ育った環境の異なる二人の間で深まってゆく篤い友情。
 女子飛び込みの選手団、一瞬登場〜。以前も書きました。私の母方の祖母は飛び込みのオリンピック強化選手だったのですが、仲間が事故死したため、競技を辞めたとのこと。どのオリンピックを目指していたのか、祖母にも聞かずじまいだったのですが、『いだてん』の影響で初めて考えてみた。1917年生まれゆえ、目指していたのはおそらく、「前畑(秀子)ガンバレ」で有名な1936年のベルリン・オリンピックなのでは、と。『いだてん』を通じて、自分の中に点々とあった事実を、歴史に結び付けていく作業。それにしても、嘉納治五郎先生(役所広司)はいいタイミングで登場するなあ。
 深沢敦が二役目で登場して(前は『不如帰』の活動写真版で三島和歌子をモデルとした人物を演じていて、今度は橘家円喬の先輩噺家)、今後、さらなるカメレオンぶりが見られるのかどうか、気になる。
 次回はいよいよ、ストックホルム・オリンピック、開幕〜!
2019-03-17 23:39 この記事だけ表示
 週末、久しぶりに箱根でのんびりしてきたのですが、ポーラ美術館で開催中の「モダン美人誕生」は、西洋文化流入後の日本女性の美しさの変遷をたどる展覧会。時代が重なるゆえ、『いだてん』ファンの方にも非常にお勧めです。
 シベリア鉄道でストックホルム目指して進む金栗四三(中村勘九郎)たち一行。長旅の退屈ゆえ、「表に出ろいっ」と三島弥彦(生田斗真)とケンカになるシーン、二人が古今亭志ん生(ビートたけし)のアテレコで言い争いするのが愉快なり。その志ん生の若き日、孝蔵(森山未來)は師匠の橘家圓喬(松尾スズキ)から遂に芸名をもらう。今週、『世界は一人』(東京芸術劇場で3月17日まで公演中)を観劇、松尾スズキの、…この世界に在って生きていく上で大丈夫かな…と観ていてちょっと心配してしまうような、主人公としてのナイーヴで繊細な演技が魅力的だったのですが、橘家圓喬を演じては、師匠たる人物にふさわしい懐の深い演技を見せていて、おお、と。森山未來はあの良い声でどんな噺を聞かせてくれるのか、楽しみ。
 ストックホルム。以前出張で訪れた際、街の美しさ、物価の高さ、そして、とにかくニシンがさまざまな調理法でメニューに載っているのが印象に残っており。四三が海外で経験を積んで少しずつ堂々としていく様が、観ていて何だかうれしく。
 来週は日曜すぐに感想アップできないかもしれず、ご了承をば。
2019-03-03 23:19 この記事だけ表示
 取材で小石川のKバレエカンパニーを訪れたところ、「金栗四三青春の地・金栗足袋(ハリマヤ足袋)発祥の地 文京区」と書かれたフラッグが商店街にはためいていました。確かに、東京高等師範学校(現筑波大学東京キャンパス文京校舎)にも伝通院にも近いKバレエ。
 兄(中村獅童)の工面したお金とみんなのカンパで旅費も調達でき、無事ストックホルムに旅立つこととなった金栗四三(中村勘九郎)。その胸に去来する思い――なぜ自分は、言葉も通じぬ異国に行ってまで走らねばならないのか、いったいなぜ、こんなことになってしまったのか。そんな彼を、兄は叱咤激励する。壮行会で四三は、旅費の工面に尽力してくれた幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)を思いながら、「自転車節」を絶唱する――スヤはそのとき、兄に金を都合してくれた家に嫁いで行っている。
「…洋行前って、あんな気分になるよね…」
 …隣で観ている夫の表情が暗い! 20年以上前の海外留学時の苦労あれこれ――言葉が通じない、食事が合わなくて10キロ以上痩せ、パスポートの写真とすっかり人相が変わってしまった等――を思い出したようである。…いや、貴方がケンブリッジ留学するとき、「洋行」という言葉はもはや一般的ではなかったはずですが。
「…でも、確かに、ああいう風に、お前が行かなければ後の人間が続かないと言われれば、行かざるを得ないんだ…!」
 四三の悲壮感に共鳴するところありのようである。私たち世代でそうなら、それ以前の人々の覚悟はいかばかりか。シカゴに留学していた父や、海外出張も多かった祖父を思い。考えてみれば。Kバレエ創始者熊川哲也も15歳で海外に渡って行ったのだった。札幌から、東京を経由しないでいきなりイギリスへ。
 四三と共に旅立つ三島弥彦(生田斗真)を新橋停車場まで送りに来る、兄弥太郎(小澤征悦)と母和歌子(白石加代子)。「三島家の恥」とばかり言い、弥彦のオリムピック出場に反対しているかに思えた母和歌子の手には、日の丸を縫い付けた運動着が…。泣くあひる。男泣きする弥彦。もらい泣きする四三。さらに泣くあひる。「泣く」ばかり書いていますが、白石加代子の演技がいかにもなウェットな感じではないからよけい心に沁みて泣くのである――先週、四三が三島家でテーブルマナーを学んでいる際、食べ物を思いっきり和歌子に飛ばしてしまったときの表情も絶品であった――。そして、「男だって泣くときはある!」ということをきちんと描いているのもよかった。考えてみれば、成田空港から「洋行」して行った夫も泣いていましたばい。
 そして、今回から大竹しのぶ登場〜。わくわくしていたようで、昨夜、あひるの夢に先に登場(笑)。豪傑な女性のようですが、今後、四三とどう絡んでいくのか、楽しみ。
2019-02-24 23:38 この記事だけ表示
 ドラマと共に、週刊文春連載の宮藤官九郎エッセイも欠かさず読んでます。
 今回、めちゃめちゃ裏切られた〜! いい意味で。オリムピック渡航費用を兄(中村獅童)に無心した金栗四三(中村勘九郎)。当然、「そんな金はない!」と怒られるんだと思った。違った。兄は、是非行くべきだと、一家で土下座までしてお金を工面しようとしてくれるのだった。涙がじわじわじわ。…兄に用立ててもらうのは無理そうだから、やっぱりこれを…と、羽田予選会の優勝カップを手につかんで外に出る四三。売っちゃうの売っちゃうのそれはだめ〜とはらはらしたところで、四三の目の前に、田舎からはるばる金を持ってきた兄の笑顔が! 涙腺崩壊。
 嘉納治五郎(役所広司)が、洋行の餞に勝海舟にもらったフロックコートを質入れして、そのお金で三越呉服店で洋行用の衣装を仕立てなさいと四三に手渡すシーンも、じーん――役所広司が、非常に楽しんでこの役を演じているのが伝わってきて、毎回とてもおもしろい。ちなみに、三越が「デパートメント宣言」を行ない、日本初の百貨店となったのが1904年――あひるは大学生のとき、クイズ番組「カルトQ」デパートの回で優勝し、カルトクイーンになりましたが、予選でこの問題が出ました。今は重要文化財となっている日本橋本店が落成したのが1914年なので、四三が洋服を仕立てたのはそれ以前の建物なり。
 次男坊の屈折を見せる、三島弥彦役の生田斗真の物憂い表情がよかった。父が次男だったこともあってか、次男の苦労というものが気になるあひる。
 さて、「夜明け前」「坊ちゃん」「雨ニモマケズ」など、ついニヤリとしてしまう毎回のサブタイトルにも注目しているのですが、今回は「おかしな二人」――ニール・サイモンの有名戯曲! オリムピック出場が決定した四三と弥彦のデコボココンビもおかしな二人なら、自分も随行できるかなあ…とそわそわしていた可児徳(古舘寛治)&先走ってインバネスまで誂えていた永井道明(杉本哲太)もキュートでおかしな二人なり。
 来週はいよいよ、ストックホルムに向けて出発! &大竹しのぶが登場〜。次回も『いだてん』から目が離せない!
2019-02-17 22:44 この記事だけ表示
 先週、オリムピック予選競技会が開かれた運動場から空港へと移り変わった羽田の<地霊>について記しましたが、今回の放送で、運動場から飛行機飛ぶ空港へ、明治から昭和へと羽田を媒介にして時代が飛んでいて、おおと。
 辛亥革命勃発にあたり、生活費の面倒は俺がみる! と、清国からの留学生に宣言する嘉納治五郎(役所広司)。大きく、温かな父を感じた――のですが。そのとき背負った莫大な借金を一生返せなかった…と聞くと、いろいろな意味でスケール大きいなあと。
 そして。オリムピックに行く肝心の選手が決まらない。金栗四三(中村勘九郎)も最初は固辞――今だったら、考えられない話ですな。熱い治五郎に対し、ボケ倒す四三。そのやりとりが抱腹絶倒。しかも、やっと行くことを決意した四三を、予算のなさゆえ、自費で行った方が気楽でいいと言いくるめる治五郎。そりゃないぜ先生〜。せっかくさっきはその熱さに感動したのに(笑)。真面目な四三が実家に無心の手紙を送ってしまって、来週また大騒動の予感〜。
 マラソンに燃える四三と、噺家への道に燃える美濃部孝蔵(森山未來)、二人がすれ違う日本橋。あそこを通るといつも、…この高速道路は何とかならないものか…と。中央柱も親柱も水面に美しく映えん。
 昨日は時間的に無理でしたが、連休最後の日に観るのもいいな、と。勤め人の常として、休みの最後は「……」となる夫も、痛快に走って行く『いだてん』を観ると、明日からも頑張ろう! と思えるそうな。
2019-02-11 22:08 この記事だけ表示
 羽田運動場でのオリムピック予選競技会。初挑戦のマラソンで、なんと世界記録を破ってしまう金栗四三(中村勘九郎)。ここから、世界へ――。「羽田」という土地の<地霊>(ゲニウス・ロキ)についてつい考えるあひるであった。<地霊>とは、建築史家鈴木博之の著書『東京の[地霊]』『日本の<地霊>』で知った概念なのだけれども、ある土地における歴史の堆積、その土地に結び付いた連想性や可能性、そこから引き出される霊感といったもの。日本人が初めてオリンピックへ、世界へと飛び立って行くきっかけとなった大会が開かれたその土地に、後に、文字通り世界へと飛び立って行く場所、羽田空港が建設されるという、羽田の<地霊>。
 ゴール後、幼い日よりの念願かなって、嘉納治五郎(役所広司)――実にうれしそうな表情が印象的――に抱きとめられる四三。――いいですよね、ハグ。あひるも年末、必死に書き切って、ちょっとボロボロになって一年を始めたわけですが、年始、とあるところで、ちょっとだけ人生の先輩(女性)にハグしてもらう機会があって。肝心なとき鈍くさいので、その瞬間はよくわかっていなかったのだけれども、「…あ、あれは、『年末よく頑張って書いたね!』のハグだったんだ…」と、後になって気づいて、うれしかった…。
 マラソン噺を語る古今亭志ん生(ビートたけし)がとてもよかった。わくわく、引き込まれた。その若き日の姿、美濃部孝蔵(森山未來)はといえば、遂に橘家圓喬(松尾スズキ)に弟子入り申し込み! あっちもこっちも、熱い青春。涙。
 最後に、一つ。
 …今後、こちらも努力します! けれども。くじ運の悪い女です。人気高倍率ともなれば、まず当たりません。なのですが。これまでの経験から言うと、心の中で「呼ぶ」も意外に効果があります。何らかの天の差配で、偶然スケジュールが変わって駆け付けてみたら、…ああ、「呼んで」いる人がいた…と、そう得心するときが何度かあり。
 ちなみに。来週末にかけては、フィギュアスケートの「四大陸選手権2019」が開催されますぞ〜。録画放送は2月8日、9日、10日。10日の日曜日は、NHKBSプレミアムで18時から『いだてん』を観て、19時からフジテレビで「四大陸選手権」男子フリーを観れば、スケジュール的にもバッチリ!
2019-02-03 23:24 この記事だけ表示