PUFFY「アジアの純真」。この曲、好き。
 坂本冬美「夏をあきらめて」←あひるの2021年夏を端的に表すようなタイトル。歌声に大人の女の諦念のようなものがにじんで。ジャジーなしっとりアレンジでスタンダード・ナンバーの如き趣。
 長山洋子「じょんがら女節」。澤田勝秋と共に、津軽三味線の立ち弾き。「♪雪は下から 舞い上がり」という歌い出しの言葉をそのまま体現するような歌声。カーンと響いて気持ちいい。名トップ娘役のような男前のかっこよさ! と思いきや、目線も指差しもビシバシ決まって、男役トップスターも行けそうな。ラストもかっこよく決まった。本日、9月文楽公演第一部千穐楽の『寿式三番叟』を観劇、三味線の音色を聴いていてトランス状態に入りそうだったのですが、さまざまな三味線の魅力を体感できた一日。
 SHOW-YA「限界LOVERS」。姐さんたち、かっこいい! 円熟していて、それでいて尖っていて。5人がギンギンに歌と音とで火花を散らす様に魅了された。素敵な人生の先輩たちの姿に、元気百倍!
 PUFFY「エッサフォッサ」。演奏かっこいい。
 乃木坂46「君に叱られた」。歌詞が聴く者の心に素直に届いて、涙が出そうに。ダンス・パフォーマンス◎。
 長山洋子「下町銀座」。夕暮れ時、エプロンをして、カゴを片手に商店街に買い物に出かける、昭和の女の恋を連想。さきほどのかっこよさから一転、いじらしさ、かわいらしさを演じて。女としての芸の幅が広い。「ヴィーナス」時代も好きでした。
 花澤香菜「Moonlight Magic」。声もたたずまいも砂糖菓子のようにキュート! 懐かしい香りのする曲に胸キュン。振りを真似したくなる。
 DA PUMP「紡−TSUMUGI−」。ゆるやかに、雄大に。メンバー全員が共有する世界観が、確かなパフォーマンスのうちに体現されて、安心感が心地よい。透明感あるISSAの高音。
2021-09-21 23:59 この記事だけ表示
 「うたコン」観ます。
2021-09-21 17:11 この記事だけ表示
 氷川きよし×山崎育三郎で「夏の終りのハーモニー」。また何だか違う雰囲気の氷川きよしにドキドキ。
 石川さゆり「能登半島」。パーンと広がる旅景色。…訪ねた先で! 何が起きるのですか…! 晴れやかな笑顔で歌われる決意に、ドキッ。それにしてもあひるも旅に出たい。
 矢野顕子「音楽はおくりもの」。雰囲気があって素敵な演奏。
 松下洸平「つよがり」。もっと“つよがり”を感じたい。
 山崎育三郎「誰が為」。生の根源にせつなさを抱え持った人だな…と。
 氷川きよし「Happy!」。全身オペラピンク! 似合う! ラテンなリズムの陽の氷川きよし、いい! 画面の前で一緒に手を叩いていたら元気回復〜。
 石川さゆり「獨り酒」。お酒を呑みたい人は好きなだけ呑める、みんなが好きなことを好きなだけできる世界よ早く来たれ。
 緑黄色社会「LITMUS」。不思議に意味深な歌。
 s**t kingz「えがお! feat. PES」。さらに活かす道がある気がする!
2021-09-14 23:22 この記事だけ表示
 「うたコン」観ます。
2021-09-14 19:12 この記事だけ表示
 はじめに。今年の夏はそもそも外出を控えようと思っていましたが、あまりの感染者数の増加に、想像していた以上に多くの時間を自宅に引きこもって過ごすこととなり。毎日が人生のサバイバルなので何かを楽しむ気持ちにもなかなかなれず、夜毎、「NHKニュース7」のアナウンサーたちがニュースを伝える落ち着いた声に心癒されており。

 由紀さおり「手紙」。大きな愛の歌。アナロジーとしての“恋”の普遍性。人生の先輩の切なる思いを、大切に受け継いでいきたい。
 細川たかし「心のこり」。同時代に生きるとは、尊い生の時間を分かち合って生きること。その事実に対する理解は、何の職業に就いていても必要だと最近痛感するものなり。私自身は、鬱屈とした日々の果てに、ライヴ・パフォーマンスを観ることで得たものはさらに広い分野に活かしていけるということを知った夏でした。
 加藤登紀子「わが人生に悔いなし」。題名の言葉を、心からかみしめての歌唱だった。作詞家の紡ぎ出した言葉が、歌手という“濾過装置”を通して、歌声として滲み出してくる…。『ベルサイユのばら』のオスカルの如き女闘士が見えた。あきらめません。今を踏み越えて、闘います。
 横山剣「横須賀ストーリー」。演奏かっこいい!
柏木由紀「渚のバルコニー」。身体にくれぐれも気をつけて、アイドル道、頑張って!
 細川たかし「風雪よされ」。凄まじい雪と嵐と波しぶきに真っ向から立ち向かう人間の姿が見えた…。さまざまな場所でそんな闘いを繰り広げるすべての人たちへ、貴方たちがそこにいるから、私はここにいます。演奏にもしびれた!
 A.B.C-Z「夏と君のうた」。戸塚祥太の歌声に夏を感じて。それぞれが個性を発揮しつつ、最終的に“ザ・アイドル”というところにまとまるのが心地よい。
 EXIT「SUPER STAR」。曲が好き。
 Creepy Nuts「風来」。R-指定の日本語感覚を楽しむ。
2021-09-07 23:50 この記事だけ表示
 「うたコン」観ます。
2021-09-07 17:35 この記事だけ表示
 郷ひろみ「2億4千万の瞳−エキゾチック・ジャパン−」。エネルギッシュなパフォーマンス。郷ひろみは、永遠に郷ひろみだから! そして後輩思い。music concertoもノリノリの演奏。
 福田こうへい「東京五輪音頭」。途中で三波春夫の歌唱の映像も流れて。今聴くと、本当にいろいろなことを考えさせられる曲である。
 五木ひろし「夜空」。大きな意味での愛に満ちたラブ・ソング。想いはしかと受け止めた。私は、自分にできることをします。歌手・五木ひろしは歌っていって! 今宵の夜空には、雲に霞んだ月が浮かんで。
 純烈「NEW(入浴)YORK」。白川裕二郎とロック、合う。
 郷ひろみ「100GO!回の確信犯」。過去曲のサンプリングが楽しく。
 鈴木瑛美子「kIng」。力強さあり。
 五木ひろし「日本に生まれてよかった」。…私自身は、自分の心の中にある葛藤と素直に向き合った上で、しかと見届け、舞台評論家として、人間として、今後に活かしていく所存。人生の先輩、これからも共に闘ってください!
2021-07-20 23:49 この記事だけ表示
 「うたコン」観ます。
2021-07-20 18:44 この記事だけ表示
 深い孤独を知るが故の諦念。その諦念転じての愛。江戸幕府第十五代将軍徳川慶喜を演じた草g剛が堂々ねじ伏せた大政奉還表明シーン。
 先週放送の第二十二話に、1867年開催の第2回パリ万国博覧会が出てきましたが、思い出したことがあり、前に読んだ久島伸昭著『「万博」発明発見50の物語』で確認。「近代オリンピックでメダルの授与が始まったのは、このような万博の褒賞制度の影響からなのである。」との記述あり。近代オリンピックの創始者ピエール・ド・クーベルタン男爵は、渋沢栄一も訪れたこの第2回パリ万博の委員長を務めた社会学者フレデリック・ル・プレを「師」と仰いでいたそう。では、博覧会のメダル授与制度がいつから始まったかといえば、金メダル10個、銀メダル20個、銅メダル30個が授与された1801年の第2回フランス内国博覧会より。そして、この本によれば、そのときメダル授与を制度化したといわれているのが、先週放送分でお墓が出てきたかのナポレオン・ボナパルトなのでした。
2021-07-18 23:23 この記事だけ表示
 先週は非常に残念ながら生視聴できず。
 氷川きよし「無法松の一生〜度胸千両入り〜」。日本中で祭が中止になっているであろう今、聴く者を母のように大きな愛で包み込む氷川きよしの歌声に、涙。何を歌っても上手い! 袴姿が色っぽい。
 坂本冬美「あばれ太鼓〜無法一代入り〜」。きりっと凄み。カーンと響く声。テクニック。正統の魅力。
 望海風斗で「PIECE OF MY WISH」。ついこの間まで男役として歌っていた人とは思えない、美しい高音! 歌声と存在に透明感があり、しみじみ心に沁みる。――その温厚な人柄と確かな芸があれば、どこに行っても大丈夫! 望海風斗に出逢えて本当によかった。これからも末長くよろしくね!
 石川さゆり「天城越え」。今宵の「♪あなたを殺していいですか」は、つぶやくようにそっと歌ってひときわ凄みあり。その情念の炎の激しさに、そりゃあ山も燃えるというもの。さゆり先生、人生何を見てきたの〜? とドキドキ硬直しそうになる夜20時台。艶歌。天城どころか一線越え。「天城越え」好きの望海風斗も間近で聴いてたっぷり芸を吸ったことでしょう。
 氷川きよし×上田正樹「悲しい色やね」。持ち歌を育てていくことの素晴らしさ。こんなに哀しい歌だったんだ…と。途中から参加の氷川きよしは、このコーナーでは颯爽と一段とかっこよく。二人のハーモニーがとてもよく、泣いちゃうからやめて〜と…。上田作曲、氷川作詞の「Never give up」もいい曲。私自身、学生時代等、孤独を抱えて生きてきた人間なので、歌詞が胸に刺さり。堺敦生のピアノがいい。
 山内惠介「古傷」。つるつるさわやかにねっとりしていた。
2021-07-13 23:40 この記事だけ表示