今夜も谷原章介&赤木野々花アナウンサーの司会コンビは絶好調!
 オープニングはさだまさしの「関白宣言」――率直に言います。少女のころからあの歌詞、苦手でした。大人になった今ならわかる。あのような言い方でしか愛情表現できない不器用な人もいるということが。そのあたり、私よりさらに下の世代にも説得力をもって伝える方法がきっとあると思う。
 大黒摩季の「ら・ら・ら」は、聴く者を優しく包み込むような歌。…私にも、“逢いたい”、けれども、“逢えない”人がたくさんいます。でも、近いうち逢える、そう信じているから!
 細川たかしが「2020 イヨマンテの夜」を絶唱――圧巻。耳に響くは太古のリズム。“熊祭り(イヨマンテ)”で出逢う、男と女。闇夜に炎がゆらめいて――情熱の夜。心の中にゆるぎないものがある。だから、歌いながら、観客のいないNHKホールを大きく見渡しても、まったく動じることはない。日本国民全員を相手に、45年歌ってきた者の凄み。伊藤久男が遠縁であると私に教えてくれた母も、今宵の歌声に涙したと、夜の散歩で語ってくれました。
 クミコ×井上芳雄で「小さな手」。――顔は笑って、心で泣いて、そんな歌に、泣いてしまった…。4月の『桜の園』、5月の『エリザベート』大阪公演と、井上芳雄の舞台を観損ねました。でも、歌詞の通り、「♪明日は今の積み重ね」――あひるも、生き物を観察することで観る力を鍛えたり、“観ない”ことを通じて“観る”ことを考えたり。次に劇場で逢える機会を心待ちにしています。谷原章介と井上芳雄のトークは前々からの期待通り、しびれるものあり。
 大黒摩季の新曲「OK」。パンチが効いた歌声の中に、包容力と、祈りと。頼れる姐御!
 ジャニーズWEST「証拠」。――7人それぞれのエネルギーは感じた。それをきちんと束ねて発信すると、さらにパワーアップするのでは?
 真田ナオキ「恵比寿」。線が細いルックスからは想像できないハスキーボイス。「♪惚れちまったの俺!」と勢いよく歌う、それはあくまで歌の主人公の内面の声であって、惚れちまった女(ひと)を前に実際にはナイーブにドギマギしているような、そんな心のドラマを感じさせて。
 さだまさし「柊の花」には、澤和樹がバイオリンで参加。さだの歌声に寄り添う旋律に聞き惚れる至福――以前、サントリーホールで聴いたチェリストのヨーヨー・マが、…君はそう思うんだね…と、共演者の心に寄り添い、“対話”しながら演奏していたことを思い出した ――そして、自分が、生の演奏に餓えていることに気づかされた。惜しむらくは、せっかくのそんなひとときを、歌い手自身が楽しめていなかったように見受けられることである。ENJOY!!!
2020-06-23 23:58 この記事だけ表示
 おかゆが自作曲「愛してよ」を披露。その歌声には、“流し(楽器をもって酒場等を回り、演奏・伴奏する者)”としての活動を通じて、現場でこつこつ積み重ねてきた経験ゆえの凄みと艶がある。デビューして今年で56年、この巣ごもり期間中に日本の歌謡曲を聴き直し、その魅力を考えてきたという大月みやこは、最新曲「氷雪の岬」で大いに魅了した。今は目の前にいない、失くした愛の相手に歌いかけられる歌はそのまま、今は目の前にいない聴衆へと歌いかけられて。「♪あなた 寒い 寒いの あなた」と歌われるとき、凍てつくような北の海の光景と心の情景とが重なる。けれども、「♪泣いて倒れて 降り積もる雪に 埋ずもれたいの 北岬」と、絶望を歌いながらも、その心には希望がある。それは、彼女が、愛を――歌を、そして、聴衆を信じているから。心の中に<聴く人>がいる人の歌は強いな…と、しみじみ思ったことだった。
 舞台を盛り上げようとタオルを一心に振り回す司会の谷原章介がキュートでした。彼と赤木野々花アナウンサー、司会の二人が客席に座って聴いているというのがいいな…と、先週から思って観ています。
2020-06-16 23:13 この記事だけ表示
 70日ぶりにNHKホールから生放送! 冒頭から、氷川きよしが「限界突破×サバイバー」でぶっ飛ばす。――妖艶。鳥肌ぞわぞわ、そして、幸福感に包まれて。まだ見ぬ世界を一緒に見たい! 続く西川貴教は「また逢う日まで」を。まろやかにワイルド。のっけから歌の火花! 氷川きよしの二曲目は古賀政男作曲の「丘をこえて」。澄み渡った青空の下に微笑みがあふれるような明るい青春の曲を、明るく晴れやかに笑顔で歌う、その歌声に、涙ぽろぽろ。――元気を出して、明日を向いて頑張ります! 歌の世界に寄り添い、融通無碍に七変化を見せる人である。番組ラストは、西川貴教がASCAとのユニットで「天秤-Libra-」を披露。歌のリードが巧い。ぎゅんと引き絞られた弓矢、その、鋼のような強さを彷彿とさせる歌声。充実の歌合戦!
 司会の谷原章介の話しぶりがいつにも増して優しかった。この不安な時期にあって、彼の穏やかな声、語り口は、癒しである。
2020-06-09 23:07 この記事だけ表示
 クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディー」を日本語で熱唱。オペラ、ロックと変化する難曲を自分のものとして歌いきった。圧巻。のっけから、…そういう解釈もあるのか…! と。4月末にNHK BSプレミアムの「The Covers」の作詞家・松本隆特集に出演して「さらばシベリア鉄道」を披露した際、松本にカバー曲を歌う極意をそれは真摯に尋ねる姿に、…この人は今後ますます素敵な歌手になっていくんだな…と感じ入ったことだった。そのときの予感が早速! &いつかミュージカルにも出て欲しい! 8〜9月の明治座「氷川きよし特別公演」にあひるは行く気満々です。
2020-06-05 23:04 この記事だけ表示
 山崎育三郎がリモート出演で「マイ・ウェイ」を絶唱――その心境でこれから歌われていくであろう曲の数々を、客席で聴ける日を心待ちにします。あひるも、さらにパワーアップして皆様とお逢いできるよう、職業人人生を振り返りながら絶賛過去清算中(←片づけの意)。ちなみに、彼がドラマ『エール』で演じている役柄のモデルである「イヨマンテの夜」の歌手・伊藤久男は、福島県会津出身のあひるの母方の祖父の遠い親戚なり。
 過去映像でFoorinの「パプリカ」が登場。Foorinは、観るたび、メインボーカルひゅうがくんのキレッキレのダンス、そのリズム感に目が釘付けに。ミュージカル界に欲しい人材。
2020-06-02 21:05 この記事だけ表示
 NHKBSプレミアムで23時50分から放送されますね。昨年この作品につき書いた文章はこちら。合わせてお楽しみいただければ。

http://daisy.stablo.jp/article/472864226.html
2020-05-02 20:33 この記事だけ表示
 今年の2月25日の放送分で流れた「また逢う日まで」がリクエストで登場。石丸幹二の歌声に、再度、涙。
 紅く、鋭く、夜空を切り取る、新月から五日目の月の妖しい美しさ。――と、思った刹那、厚い雲にかき消されるその姿。
 今日も桜――染井吉野――がまだ少しだけ咲いていました。
2020-04-28 23:59 この記事だけ表示
 東京スカパラダイスオーケストラの「スキャラバン」。ジャズの「キャラバン」のスカ・バージョン、春めいてうきうき楽しかった!
2020-04-03 21:51 この記事だけ表示
 東京事変。「能動的三分間」、「永遠の不在証明」、バンドの演奏が最高にかっこいい。――言葉としてではなく、音として聞くべき歌詞
2020-04-03 21:46 この記事だけ表示
 宮本浩次が松田聖子の「赤いスイートピー」をカバー――事前発表で全然想像がつかなくて、めちゃめちゃ楽しみにしていました。乙女心満開! ポエティック! 一面春色ピンクの世界。青春。――芸に貪欲な、ピュアな人。そして、これまでの人生で出逢ったことのない個性の持ち主。
2020-04-03 21:27 この記事だけ表示